カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2013年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(四十二)

素問・経脈別論篇第二十一①

篇名について

 篇名の「別」について二つの意味はあり、其の一は「区別、違い」(三陰と三陽の経脈は互いに区別がある)、其の二は「特殊」(本篇が経脈変化の診断についての論述は特殊である)です。『素問経注節解・巻二』に「既に陰陽・五臓に別論があり、本篇も別論で命名しているのは、本篇に載ってある内容は正経・正脈と違うからです。例えば喘と汗を発するにそれぞれの経がある;飲食は胃に入るが、五臓皆それに養われるなどなど。正があり奇もあり、これで経脈の理が備われる;経があり権もある、これで治療の法が完全になる。」

一般の常論と違って、本篇は経脈病変を中心として論述しているから、「経脈別論」に命名したのです。

 本篇の内容と学習の要点は次の通りです:
1、喘と汗を例にして、人の居住環境・動静・労逸・体質状況・情志変化など皆経脈気血に影響を与えることを論述した。五臓の生理機能及び相互関係を復習しながら、喘と汗の発生の病因と病理を理解しましょう。

2、飲食物の消化吸収及び精微の輸布と糟粕の排出過程(食物が体内での代謝過程)を説明した。特に肺気が飲食物生化過程中の作用を理解しましょう。

3、寸口脈を観察することが診断への意義を説明した。『五臓別論』などの篇節に合わせて、寸口脈だけ取ることが診断中の意義を理解しましょう。

4、三陰三陽経脈の脈象特徴及び経脈偏盛の脈象・病症・治療を説明した。


*先週、私が大好きな京都へ行ってきました、もみじは最高でした。写真を少し上げましょう。

f0138875_1175631.jpg
f0138875_117335.jpg
f0138875_11865.jpg



(李)
[PR]
by jbucm | 2013-11-28 11:09 | 中医学 | Comments(0)

「単味」良方の紹介 その8

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

11回目・糖尿病の続き

番薯葉(サツマイモの葉)
番薯葉50g、冬瓜100g 番薯葉・冬瓜は、細かく切って、適量の水を加え、柔らかくまで煮て食べる。毎日1剤。

荔枝核(れいしかく=ライチの種)
荔枝核、天花粉各等量(同量) 研末(粉状にする)して、毎回10gを白湯で服用する。1クールは20日間である。

向日葵
向日葵1個、大棗250g 上記2味を一緒に煎じて、向日葵は捨てて、大棗を食べ・スープを飲む。

柿葉
新鮮な柿葉を綺麗に洗い、千切りし、塩で浸けてから食べる。毎日5~6枚。

山薬(山芋・長芋)
①新鮮な山薬200g 綺麗に洗い、皮を剥く、蒸し。食事の前に食べる。毎日2回。この方は、補脾止瀉・補腎収攝があり、尿多・口渇・易飢餓に適宜する。
②山薬5~10g 煎じて食べる・飲む。
③新鮮な山薬120g、綺麗に洗い(皮も使う)、食べやすいサイズに切って、500cc水を加え、400ccまで煎じる。食べる・飲む。
④山薬40~60g(新鮮な山薬100~120g)、粳米100~150g 薬米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。毎日3回。
⑤新鮮な山薬60g(皮を剥く、おろし)・綺麗に洗い・米60g、酥油(バター)・白蜜(白い蜂蜜)各適量。米はお粥にする、山薬・酥油・白蜜はよくかきまぜてから、お粥に入れて、又よくかきまぜる。冷蔵庫に入れて冷やす。朝御飯として食べる。この方は、補益肺・脾・腎作用があり、腎精不足・脾失温煦による腰酸痛・遺精・帯下・食欲不振・便溏・小便不利、肺陰不足による労熱咳嗽に有効である。注意事項:熱証・時疫・湿熱下痢は禁忌である。
⑥新鮮な山薬200g、葛根150g。山薬は綺麗に洗い、皮を剥く、適当のサイズに切る。500cc水を加え、1時間文火で煮る。葛根を入れながらかき混ぜる、トロトロになるまで煮る。3回に分けて食べる。
⑦山薬15g、黄連6g 上記2味を一緒に煎じて服用する、毎日1剤。
⑧山薬・天花粉各30g ガーゼで包み、600cc水に15分位浸けてから、文火で300ccなるまで煎じる。お茶代わりに飲む。この方は、生津止渇・降血糖作用がある。
⑨山薬・天花粉各30g ガーゼで包み、300cc水に15分位浸けてから、文火で100ccなるまで煎じる。料理を作る際、その煎じ汁を入れる。
⑩山薬20g、天花粉各15g、粳米50g、蜂蜜1匙 山薬・天花粉・粳米1500~2000cc水を加え、武火で15~20分煎じてから、蜂蜜を入れながら混ぜる。朝晩1回食べる。1クールは2ヵ月である。口渇・口乾舌燥・小便頻数・苔黄・脈数に有効である。注意事項:過食しないこと。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2013-11-25 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(四十一)

素問・太陰陽明論篇第二十九④

【原文】帝曰:脾與胃以膜相連耳、而能爲之行其津液、何也?岐伯曰:足太陰者、三陰也①、其脉貫胃、属脾、絡嗌。故太陰爲之行気於三陰②;陽明者、表也、五藏六府之海也③、亦爲之行気於三陽④。藏府各因其経而受気於陽明、故爲胃行其津液⑤。四支不得稟水穀気、日以益衰、脈道不利、筋骨肌肉無気以生、故不用焉⑥。

【注釈】①足太陰者、三陰也:ここの「三陰」は陰の等級を指し、厥陰が一陰、少陰が二陰、太陰が三陰とされます。

②太陰爲之行気於三陰:「之」は胃を指し、ここの「三陰」は太陰・少陰・厥陰の総称です。足太陰脾経と足陽明胃経は互いに表裏関係を持ち、功能も互いに助け合っている。脾は胃中の水穀精気を三陰に、つまり陽明の気を諸陰経に届ける。

③五藏六府之海也:胃は水穀を受納し、臓腑を灌漑するから、故に「五藏六府之海」と称される。

④亦爲之行気於三陽:「之」は脾を指し、「三陽」は諸陽経の総称です。陽明の気が脾気に頼り、諸陽経に届ける。

⑤藏府各因其経而受気於陽明、故爲胃行其津液:五藏六府は脾経に経由して胃中の水穀精気を受ける、故に「脾が胃の津液を運行できる」と言う。

⑥四支不得稟水穀気、日以益衰、脈道不利、筋骨肌肉無気以生、故不用焉:もし、四肢が水穀精気の滋養を受けられなければ、日に日に衰弱し、脈道も不通になり、骨や筋肉の再生ができず、故に正常な功能が失ってしまう。脾胃は後天之本であり、気血営衛を化生し、それを五臓六腑に灌漑し、四肢を滋養する。故に四肢の運動は脾胃の気に頼る。これは所謂『陰陽応象大論』ある「清陽実四肢」の意味です。これも「脾病而四肢不用」の機理です。

【説明】本篇は、足の太陽脾経と足の陽明胃経が共同協調し互いに助け合い、水穀津液を陰陽の諸経へ輸布し、「後天之本」とう作用を発揮することを説明しました。

所謂「脾が胃気を三陰経に運行し、胃が脾気を三陽経に運行する」は、脾と胃の表裏関係、及び脾胃の共同協調することを強調しただけです。脾は運化を主り、つまり、胃の津液を運行する。陰陽諸経が受ける全ての水穀精気が脾経に頼っています。

「脾は独立した季節に属さず、四季の末に寄旺する」に関して討論した。脾は季節を主らない。脾胃は後天之本であり、「四時に四臓を養う」。本篇は脾胃が人体の生理病理にとても重要な役割を果たしていることを強調した。これは後世医学の発展にも大きな影響を与えた。例えば、金元時代四大医家の一の李東垣氏はこの理論を基礎にして、自分の臨床実践で得た経験を加え「補土派」を形成した。彼の学説は中国医学の中脾胃に関する理論を大いに豊富にした。

先月はなかなか勉強する時間がなかったですが、いまはやっと落ち着いてきました。一ヶ月以上過ぎでしまったが、これで『太陰陽明論』の勉強を終わりにします。病気を治療の際、脾胃を重視しましょう。


では、次回からは、『素問・経脈別論篇第二十一』を勉強します。
f0138875_15102543.jpg

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-11-20 10:00 | 中医学 | Comments(0)

中国最初の「煙草と疾病」についての記載

こんにちは、周です。今回は中国最初の「煙草と疾病」についての記載の話です。

煙草は、原産地はアメリカ州で、17世紀以来中国に入りました。入りルートは南と北・2つがあります。南ルートは、フィリピンから福建省・広東省に入り、北ルートは、日本から朝鮮を経て中国東北部に入ります。

最初に煙草の種子を中国に持って帰ったのは、福建水手(福建省出身の船員)でした。転入ルートについての最初記載は、明代末の明医である張介賓が書いた≪景岳全書≫巻48の中にあります:煙草自古未聞。近自我万暦時出於○(=門に虫、福建省)広之間。自后、呉・楚(江蘇省・浙江省)間地土皆種植之矣。また、煙草は害があることも論述します:煙、味辛、気温、性微熱、升陽也、焼煙吸之、大能酔人、用時唯吸一口或二口、多吸令人酔倒。これらの記載から見ると、古人は17世紀初に、煙草は身体に害があるとの認識がありました。

煙草の害については、皆ご存知だと思いますが、ここで清代医家・趙学敏(1719~1805年、浙江省杭州出身)が見た医案を紹介します。この症例は、喫煙による肺に害(慢性気管支炎を引き起こし)、禁煙後に治癒しました。趙学敏が著した≪本草綱目拾遺≫に、こう記載しています:友人張寿庄、己酉与予同館臨安、毎晨起、見咳吐濃痰遍地、年余迄未癒、以爲痰火老疾、非薬石所能療。一日不食煙、如是一月、晨亦不咳、終日亦無痰唾、精神碩健、且飲食倍増、啖飯如湯沃雪、食飽後少傾即易餓、予乃悟向之痰咳、悉煙之害也、耗肺損血、世多陰受其禍而不覚、因筆於此、以告知医者。
(訳:友人の張寿庄は、毎朝起きると、大量の痰を咯く、年余り続いている、痰火老疾という原因と思ったが、薬を飲んでも効かない。禁煙1ゕ月後で治った。煙草の害と悟った。煙の害は、耗肺損血である)

200年前も趙学敏が、医家と民衆に煙草の害の注意を喚起しました。喫煙は、「耗肺損血、世多陰受其禍而不覚」と指摘しました。この症例は、医学史上に価値ある資料であり、禁煙を提唱している今にも、一定の現実意義があるでしょう。
[PR]
by jbucm | 2013-11-18 09:30 | 中医学 | Comments(0)

国際試験結果のお知らせ


お待たせしておりますが、この度、中華中医薬学会より、今年10月に行われた「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」認定試験結果についての連絡がありました。今回受けられました71名(再試験者を含む)の方全員合格でした!大変嬉しく思います。皆さん、本当におめでとうございます!

なお、世界中医薬学会連合会国際試験センターより、今年10月13・14日に行われました「国際中医師能力認定試験」の結果についての連絡も来ています。

 今回、日本校36名(再試験者を含む)参加者(申込者38名のうち、2名の方が体調不良の原因で受けらませんでした)に、32名が合格されました(合格率は88.9%です)。

 下記は合格者の受験番号です。どうぞ、ご確認下さい。

     168001、168002、168003、168005、168006、
     168007、168009、168010、168012、168013

          168014、168015、168016、168017、168018

          168019、168021、168022、168023、168024

          168025、168026、168027、168028、
168029、
     168030、168031

     153001、153002、153006、153022、153029

  合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非来年度もう一度チャレンジして下さい。

  どちらも証書はまだ完成されてないようですが、年末まで届きますように、お祈り致しおります。学校に届きましたら、即ちご自宅へ郵送させて頂きます。

  これからも、皆様のご活躍を期待しております。

  (李)



[PR]
by jbucm | 2013-11-14 10:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

郭沫若と桑枝酒

こんにちは、周です。今回は郭沫若と桑枝酒を紹介します。

1959年、当時の中国社会科学院院長を務めた郭沫若(1892~1978年、中国の著名学者。詳しくはhttp://zhidao.baidu.com/question/38337458.html ご参照ください)は、右側肢体が麻痺・運動不利(半身不随)を感じ、日常的な生活に支障がありました。友人に中国中医研究院の特約研究員である、≪霊枢経白話解≫の著者である著名医家鄭卓人老先生を紹介されました。鄭卓人先生は、郭沫若の家に訪問診察に行きました。彼自分が収集した民間経験方―桑枝酒を、郭沫若に推薦しました。この方剤は、煎じる必要がありませんので、時間がなく・忙しい人に最適です。郭沫若は、処方された桑枝酒を、3ヵ月を服用し、右側肢体の運動不利を治しました。

桑枝酒の配伍・製法・服用方法を紹介します。
組成:炒桑枝100g、当帰・菊花・五加皮各60g、蒼朮・地龍・夜交藤各30g、川牛膝25g、絲瓜絡15g、木瓜12g、木通・炮附子各10g、黄酒5000g
製法:上記薬を瓶に密封する。10日間を経過してから、薬渣(滓)を取り出して、焙乾(焙って乾かす、炮製法の1種である)、研爲細末(粉々にすりつぶす)、その薬粉は、約0.3gを薬用カプセルに詰める。
服用方法:毎回3粒(個)、桑枝酒15~20ccで飲む、毎日3回。1クールは2ヵ月である。少し酔い程度でよいである。上半身麻痺・運動不利場合は、食事後に服用する。下半身麻痺・運動不利場合は、食事前に服用する。
[PR]
by jbucm | 2013-11-11 09:30 | 中医学 | Comments(0)

2013年度北京研修旅行の写真

先日北京中医薬大学の研修旅行のようすをお届けしましょう。

今年、24名の方々が参加し、中医病院や大学で本格的な体験をされて、充実な毎日を送ることが出来たことと思います。ご参加された皆様にいろいろご協力を頂きまして、心より感謝しております。なお、皆様に研修や観光の写真などをお寄せ頂きまして、有難うございました。

では、北京本校より10月24日卒業式の写真はまだ届いてないので、先に研修や旅行の写真をアップしましょう。

病院研修↓
f0138875_11342729.jpg

f0138875_11344865.jpg

f0138875_12135752.jpg


薬膳講義↓
f0138875_1136951.jpg
f0138875_1136248.jpg
f0138875_11363489.jpg

f0138875_11384815.jpg


薬草園と薬膳レストラン↓
f0138875_11395681.jpg

f0138875_1142638.jpg

f0138875_11403789.jpg
f0138875_1141750.jpg


観光↓
f0138875_11432621.jpg

f0138875_11455557.jpg

f0138875_11435687.jpg

f0138875_11464191.jpg


夕食タイム↓
f0138875_11445032.jpg

f0138875_1292195.jpg

f0138875_1145848.jpg


まだまだたくさんありますが、スペースの関係で今日はこれまでに致します。

(李)
[PR]
by jbucm | 2013-11-07 10:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

「単味」良方の紹介 その8


こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

10回目・糖尿病の続き

泥鰌
泥鰌100g、干し荷葉適量。泥鰌は日陰干し、頭・尾を切り捨て、炭で焼く。焼いた泥鰌と荷葉を別々に研末(粉状にする)して、同量(毎回6g)を白湯で服用する、毎日3回。


干し鮑20g、大根250g。煨湯―長時間とろ火にかけて作ったスープ(味は濃厚で滋養に富む)服用する、隔日1回。1クールは6~7回である。滋陰清熱・寛中止渇作用がある。

茶葉
新鮮な茶葉を冷水で洗って日陰干し(注:日光で干し・烤烘=あぶる・炒=炒るは不可)。日陰干し茶葉10gを、白湯500ccに5~6時間を浸ける。お茶代わりに飲む。最後は茶葉を食べる。
注意事項:服用した4~6時間を経過してから、お茶を再飲用すること。
服用した後、胃部不快感があったら、中止すること。
就寝前2~3時間お茶を飲まないこと。

苦丁茶
苦丁茶10g。先ず、苦丁茶を冷水で3時間浸けてから、お湯で泡服(お湯を注ぐ、10分後に飲む)する。毎日3回。1週間を継続する。

玉米須
①玉米須50g、猪(豚)背骨100g。適量の水を加え、文火で1時間煮る。お茶代わりに飲む。
②玉米須90g、天花粉30g、豚肉(赤身)100g。上記材料に適量の水を加え、文火で1時間煮る。肉を食べ、スープを飲む。
③玉米須100g(乾燥50g)、亀1匹、生姜・葱・黄酒・塩適量。亀を下処理する(亀を熱燙に浸けて、排尿させてから、再び沸騰している水に入れて、死なせる、頭・爪・内臓を捨てる)。玉米須は、ガーゼで包み、亀(甲も使う)と一緒に土鍋に入れて、生姜・葱・黄酒・塩・水適量を加え、武火で沸騰させてから、文火で炖する(薬膳料理の調理法の1つ)。この方は、養陰補血・降圧作用があり、糖尿病・口渇倦怠・高血圧・慢性腎炎に有効である。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2013-11-03 13:11 | 中国の薬膳 | Comments(0)