<   2014年 01月 ( 8 )   > この月の画像一覧

霊枢・大惑論第八十①

篇名について 

「惑」とは迷う意味で、「大」は「とても」の意味です。『大惑論』とは高い所まで登るときの惑う感覚の原理を探究するという意味です。本篇は、目の構造、目と五臓との関係などを重点にして説明した。また、より高い場所まで登ると、より惑わされることを示した。『霊枢注証発微・巻九』には、「最初の二節は大惑の意義を論じた、故に篇名にした」。

なお、本篇は、善忘(健忘)、善飢(飢える)だが食べたがらない、不得臥(不眠)、多臥などの病機及びその治療原則を説明した。

【原文】黄帝問於岐伯曰:余賞上於清冷之台①、中階而顧、匍匐而前、則惑②。余私異之、窃内怪之③、独瞑独視、安心定気、久而不解、独博独眩④、披髮長跪、俯而視之、後久之不已也⑤。卒然自上、何気使然⑥?

【注釈】①余賞上於清冷之台:私は、高い台へ登ったことがある。「清冷之台」について、二つの解釈があります。其の一は『霊枢集注・巻九』の説明は東苑という台名です。其の二は高台の意味です。『類経・疾病類・八十一』には、こう説明した「高い所、その気は寒で、故に清冷之台と言う」。

②中階而顧、匍匐而前、則惑:台の中央まで行ったら、いつも後ろに振り向き、はって歩くようにする。それでも気持ちが落ち着かない。

③余私異之、窃内怪之:目が朦朧し、とても驚いて不思議に思う。

④独瞑独視、安心定気、久而不解、独博独眩:そして、独自に目を閉じてからまた開く、長い時間をかけて、気持ちを落ち着け冷静にするが、それでも解除できない。逆に、遠く見るほど、眩暈が酷くなる。

⑤披髮長跪、俯而視之、後久之不已也:髪をおろし、台の上に跪いて下のほうを見下ろす。こうしても気持ちが治まらない。

⑥卒然自上、何気使然:その後突然自動的に治まる。これはなぜでしょうか?

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-01-30 10:55 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、周です。今回は「延年益寿」薬を紹介します。

補気類
1、人参 
味甘・微苦、性温。効能:大補元気・生津止渇。
2、黄芪 
味甘、性微温。効能:補気升陽・益衛固表・利水消腫。
3、茯苓 
味甘淡、性平。効能:健脾和胃・寧心安神・滲湿利水。
4、山薬 
味甘、性平。効能:健脾補肺・固腎益精。
5、薏苡仁
味甘淡、性涼。効能:健脾補肺・利水。
注:人参・黄芪は、単味でもよく使われます。人参・単味で煎じると、独参湯と称します。茯苓・山薬・薏苡仁は、薬粥に用いられることが多いです。

養血類
1、熟地黄
味甘、性微温。効能:補血滋陰。
2、何首烏
味苦甘渋、性温。効能:補益精血・摂精止遺・補益肝腎。
3、竜眼肉
味甘、性温。効能:補心脾・益気血。
清朝の養生家・曹庭棟が著した≪老老恒言≫に、竜眼肉粥があります:竜眼肉15g,、大棗10g、粳米60g、お粥にして、毎日朝晩お椀1~2杯を食べる。こう記しています:竜眼肉粥開胃悦脾、養心益智、通神明、安五臓、其効甚大、内有火者禁用。
4、阿膠
味甘、性平。効能:補血滋陰・止血安胎・利小便・潤大腸。
5、紫河車
味甘鹹、性微温。効能:養血・補気・益精。

補(滋)陰類
1、枸杞子
味甘、性平。効能:滋腎潤肺・平肝明目。
2、玉竹
味甘、性平。効能:養陰潤肺・除煩止渇。
3、黄精
味甘、性平。効能:益脾胃・潤心肺・塡精髓。
4、桑椹
味苦、性寒。効能:滋陰養血・補益肝腎。
5、女貞子
味甘微苦、性平。効能:滋補肝腎・強陰明目。

補陽類
1、菟絲子
味甘辛、性微温。効能:補肝腎・益精髓・強筋骨。
2、鹿茸
味甘鹹、性温。効能:補腎陽・益精血・強筋骨。
3、肉蓯蓉
味甘鹹、性温。効能:補腎助陽・潤腸通便。
4、杜仲
味甘、性温。効能:補肝腎・強筋骨・安胎。

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2014-01-27 09:30 | 中医養生 | Comments(0)
素問・経脈別論篇第二十一⑦

【原文】帝曰:太陽藏何象?岐伯曰:象三陽而浮也①。帝曰:少陽藏何象?岐伯曰:象一陽也。一陽藏者、滑而不実也②。帝曰:陽明藏何象?岐伯曰:象大浮也③。太陰藏搏、言伏鼓也④。二陰搏至、腎沈不浮也⑤。

【注釈】①太陽藏何象?象三陽而浮也:太陽経はどんな脈象であるか?三陽の浮脈である。『類経・脈色類・十五』は次のように説明しています:「太陽の脈象を三陽というのは、太陽が体表に走行し、陽の極めであるから。故に脈が外に浮かぶ」。

②少陽藏何象?象一陽也。一陽藏者、滑而不実也:少陽経はどんな脈象であるか?一陽脈は、滑脈だが実脈にならない。『素問注証発微・巻四』の注釈は次のようです:「少陽は陽の裏、陰の表で、所謂半表半裏である。その臓は最初の陽だから、脈体は滑で不実である。一陽の初陽のようである」。

③陽明藏何象?象大浮也:陽明経はどんな脈象であるか?その脈象は大で浮脈である。『素問集注・巻四』の注釈は次のようです:「陽明は両陽の合わせ、陽気が合併するので、陽熱が盛んになる。故に大と浮の脈象になる。大浮という脈象は、二陽の気である」。

④太陰藏搏、言伏鼓也:太陰経の脈象は沈伏だが、はかる時に指が有力と感じられる。「伏鼓」とは、堅結沈伏で押す時に指を攻めるという有力な脈象を指す。

⑤二陰搏至、腎沈不浮也:少陰経の脈象は沈で浮脈にならない。『類経・脈色類・十五』と『素問注証発微・巻三』は次のように説明しています:「二陰とは少陰腎経である」、「二陰の脈搏は腎の脈だから沈脈となり、浮脈にならない。ここから観ると、厥陰の脈は二陰の脈よりさらに沈脈になる」と厥陰の脈の特徴まで(「厥陰は陰の裏」を根拠にして)推論された。

【説明】本節は三陰三陽の脈象を論述した。但し、一陰に関して論じてない。他のところにも欠けている部分があります。

なお、素問・経脈別論篇第二十一⑤⑥⑦は、六経独至の脈象と証治を論じたが、一見したら、足経しか論じてないと見える。これに対して、『素問直解・巻三』は「十二経脈は、合わせて手足の三陽三陰と成す」と解釈し、『素問集注・巻四』にも「手足の経気は貫通しているから、手経の病症も下兪穴で治療できる」という説明があった。

今回を持ちまして、『素問・経脈別論篇』を終わらせたいです。本篇の主な意義を次のように纏めましょう:

1、喘と汗を例にして、人の居住環境・動静・労逸・体質状況・情志変化などが皆臓腑経脈の気血に影響を与える。これらの変化によって生理と病理的反応がある。この論述は整体観と五臓弁証の理論基礎にもなります。

2、飲食物の消化吸収の過程に、「肺朝百脈、通調水道」の理論と実践的な意義がある。後世の「気行則水行」、「肺気を開き行水する」、「補気以行水」などの治療法則は皆本篇の理論が生理、治療への運用である。

3、三陰三陽経脈の脈象と主病は、医学理論に特殊な意義がある。


次回からは、『霊枢・大惑論第八十』を勉強したいです。

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-01-23 10:42 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、周です。今回は薬物(中薬)養生法を紹介します。

抗衰老という作用がある中薬は、「延年益寿」(寿命を延ばす、健康で、長生きできる)薬物と言います。薬物(中薬)養生法とは、これらの「延年益寿」薬を使い、衰老を遅らせ・健身強身(身体が健康になり、強くなり)の目的を達成させる方法であります。歴代医家は、「延年益寿」薬・方剤を発現・創り出し、豊富な経験を積み重ね、人類の健康長寿に貢献しました。

薬物(中薬)養生法机里(メカニズム)
1、固護「先天」「後天」
健康の条件は、先天(腎)禀賦強盛と後天(脾)営養充足であります。
2、着眼「補虚」「瀉実」
≪中蔵経≫に、こう記載してあります:其本実者、得宣通之性必延其寿。其本虚者、得補益之情必長其年。体質は、虚と実に分けられるので、「虚者補之、実者瀉之」の原則に従い、弁証論治して、機体(身体)の陰陽気血の偏差(偏盛・偏衰)を調整します。
3、意在燮(xie,4声)理(程よく治める)陰陽
中医学では、身体の陰陽気血のバランスを保つことは、長寿の必須条件だと認識されています。≪素問・生気通気論≫に、「陰平陽秘、精神乃治」と書かれています。清代の医家・徐霊胎は、「審其陰陽之偏勝、而損益使平」と言いました。つまり、薬物(中薬)養生のポイントは「損益使平」であり、具体的な表現は「燮理陰陽」であります。

薬物(中薬)養生法の応用原則
1、不盲目進補
補法を用いて調養するのは、体質が「虚」である者に適宜です。一般的には、老年人(年寄)或いは体弱多病者に用いられることが多いです。「虚」という焦点に中てなければなりません。清代の医家・程国彭は、こう指摘しています:補之爲儀、大矣哉!然有当補不補誤人者。有不当補而補誤人者。亦有当補而不分気血、不弁寒熱、不識開合、不知緩急、不分五臓、不明根本、不深求調摂之方以誤人者、是不可不講也。
訳:「補」のテクニックは、なかなか奥が深いである、「補」が必要とする者には、「補」しないと、人を害する。逆に「補」が必要としない者には「補」すると、これも人を害する。「補」する際には、気血・寒熱・開合・緩急・五臓・根本・調摂之方法をわからないと、人を害する。
2、補勿過偏
過度な「補」は、禁忌です。
3、弁証進補
弁証してから、「補」します。臓腑・気血・陰陽・寒熱・虚実などを弁証施補(治)しなければなりません。
4、盛者宜瀉
清代の医家・徐霊胎は、こう言いました:「能長年者、必有独盛之処、陽独盛者、当補其陰」。「而陽之太盛者、不独当補陰、并宜清火以補其陰」。「若偶有風・寒・痰・湿等、尤当急逐其邪」。瀉実法も、抗衰老の重要の原則です。
5、瀉不傷正
「正気」を損傷しないように、過度な「攻瀉」は、避けるべきです。
6、用薬緩図
衰老の過程は、複雑な・緩慢な過程であります、益寿延年をさせる方法も、即効性ではありません(即に効果が現れることではありませんので)、持続するのは重要です。

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2014-01-20 09:30 | 中医養生 | Comments(0)
素問・経脈別論篇第二十一⑥

(続き)
【原文】一陽独嘯、少陽厥也⑨、陽并於上、四脉争張⑩、気帰於腎、宜治其経絡、瀉陽補陰⑪。一陰至、厥陰之治也、真虚㾓心⑫、厥気留薄、発爲白汗⑬、調食和藥、治在下兪⑭。

【注釈】⑨一陽独嘯、少陽厥也:二陰経脈が偏盛は、少陰の厥気が上逆することです。『新校正』によると、ここの「一陽」は「二陰」(足少陰腎経)の誤り、「少陽」は「少陰」の誤りです。下文の「気帰於腎」に合わせれば、それに従うべきです。「嘯」とは耳鳴りを指します。

⑩陽并於上、四脉争張:陽気が合わせて上越し、心・肝・脾・肺の四臓がその影響を受け、四臓の脈が互いに相剋する。「陽并於上」の「陽」は「相火」のことを指します。「争張」とは互いに相剋することです。

⑪気帰於腎、宜治其経絡、瀉陽補陰:病気の根源が腎にある、故にその表裏の経絡を治療し、瀉陽補陰すべき。足太陽膀胱経の経穴(昆侖)・絡穴(飛揚)を瀉し、足少陰腎経の経穴(復溜)・絡穴(大鐘)を補する)。

⑫一陰至、厥陰之治也、真虚㾓心:一陰経脈の偏盛は、厥陰が主る病症で、真気虚弱、心中痠痛などの症状が現れる。「一陰」とは足厥陰肝経です。「真虚」とは真気虚弱、㾓(えん)心」とは心の痠痛です。『類経・脈色類・十五』にこう書かれてある:「肝邪独至、真気必虚、木火相干、故心爲㾓痛」。

⑬厥気留薄、発爲白汗:厥気(逆気、邪気)が経脈に停留し、正気(真気)と戦い、自汗を発する。「白」は「魄」と通じ、「魄汗」とは「自汗」です。裏に邪実がある為、表が相対的虚弱し自汗する。

⑭調食和藥、治在下兪:飲食の調養と薬物の治療に合わせて、針刺治療では厥陰肝経の下兪穴(太衝穴)を選び、その邪を瀉する。『素問集注・巻四』の注釈は「真虚㾓心の病は内にある。経気厥逆の病は外にある。内にある病を薬食で治療し、外にある病を針砭で治療する」。なお、『素問呉注・巻七』に「調食和藥」について次にように説明しています:「調食者、不得有余、不得不足、以調爲節也。和藥者、不得過涼、不得過熱、以和爲説也」。

【説明】本節は、三陰と三陽脈が独盛の病機、主証及び治療方法を論述した。なお、諸経独至の針刺療法に関する論述には、ほとんど補と瀉があるが、「一陰至」と「少陽独至」の場合に補瀉を言ってない。これについて『類経・脈色類・十五』は次のように解釈しています:「諸経に皆補瀉を言うが、少陽、一陰に言わないものである。理由は、もともと少陽は三陽の承り、一陰は三陰の承り、それぞれ貫通しているので、総括してその虚実補瀉も同じで、省略したのである。」

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-01-16 10:05 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

12回目・糖尿病の続き

桑椹
新鮮な桑椹500g、ジューサーで汁を取って、毎日2回、10ml飲む。
この方は、補腎益肝・生津止渇作用があり、腎陰虧損型の糖尿病に適宜する。

黒胡麻
黒胡麻100g、小麦粉50g 適量の水を加え、お粥にする。食事する時、適量を食べる。

芦根
芦根50g、白茅根50g、天花粉30g 上記の薬味を煎じて、お茶代わりに飲む。

芡実
芡実200g、老鴨1羽、大蒜・生姜・塩・料理酒・味の素適量 老鴨の内臓を取り出して、綺麗に洗い、芡実を老鴨の腹腔に入れる。老鴨を土鍋に入れ、適量の水を加え、武火で沸騰させた後、大蒜・生姜・料理酒を入れ、文火で2時間位炖する。塩・味の素で味を調える。肉を食べ・スープを飲む。
この方は、滋陰養胃・健脾利水・固腎摂精作用があり、腎胃虚型の糖尿病・脾虚水腫・腎虚遺精に適宜する。

鶏内金
鶏内金15g ほうれん草の根120g 上記ものに適量の水を加え、文火で煎じて服用する、毎日3回。

以下の食物・中薬は糖尿病に有効です。食べ方・作り方は省略します。
地骨皮、天花粉、桑白皮、五味子、黄連、山茱萸、菟絲子、金櫻子、蒼朮、生地黄、天門冬、杜仲、葛根、五加皮、知母、石膏、枸杞子、黄芪、冬虫夏草、沙参、紅参、人参
[PR]
by jbucm | 2014-01-13 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
素問・経脈別論篇第二十一⑤

【原文】太陽藏独至、厥喘虚気逆①、是陰不足陽有余也、表裏当倶瀉、取之下兪②。陽明藏独至、是陽気重并也、当瀉陽補陰、取之下兪③。少陽藏独至、是厥気也、蹺前卒大、取之下兪④。少陽独至者、一陽之過也⑤。太陰藏搏者、用心省真⑥、五脉気少、胃気不平、三陰也⑦、宜治其下兪、補陽瀉陰⑧。

【注釈】①太陽藏独至、厥喘虚気逆:足の太陽膀胱経の経気が旺盛の場合、喘促し、虚気が上逆する。本節の「藏」は臓腑が所属する経脈を指す。従って、「太陽藏」は足の太陽膀胱経のことです。「独至」とは一経の気だけ旺盛であることで、「厥」とは上逆の意味です。

②是陰不足陽有余也、表裏当倶瀉、取之下兪:(前文の続き)これは、足の少陰腎経の経気が不足し、足の太陽膀胱経の経気が余ることだが、表裏両方を瀉するべき、それぞれの下兪穴(膀胱経の束骨穴と腎経の太谿穴)を選ぶ(『類経・脈色類・十五』の注釈、以下同)。この場合の「陰不足」は、陽邪が陰経に侵入したため、その陽邪を瀉するべきのです。

③陽明藏独至、是陽気重并也、当瀉陽補陰、取之下兪:足の陽明胃経の経気が旺盛の場合、陽明経に陽邪を感受する(『素問釈義』)ので、瀉陽補陰の治療法をするべき、それぞれの下兪穴を選ぶ(胃経の陥谷穴を瀉し、脾経の太白穴を補する)。「陽気重并」に対する解釈は『素問釈義』の注釈に従いました。他に二つの注釈がありますが、ここでは省略します。

④少陽藏独至、是厥気也、蹺前卒大、取之下兪:足の少陽胆経の経気が旺盛の場合は、厥気が上逆する。故に蹺(踝)の前(胆経が通過するところ)が卒大(突然大きく腫れる)。治療は胆経の下兪穴(臨泣穴)を選び、それを瀉する。

⑤少陽独至者、一陽之過也:少陽経脈が偏盛は、少陽の経気が余るということです。

⑥太陰藏搏者、用心省真:太陰経脈の搏動が有力の場合は、真藏脉であるかどうかを細心に観察するべき。「搏」は強い搏動を指す。「省」は観察する。王氷氏の注釈は次のようです:「もし、太陰の脈が伏鼔(搏と同じ意味)を見たら、細心に弁別して、真藏脉であれば、治療する必要がない」。なお、下文の「治其下兪」と合わせれば、ここの「太陰」は足の太陰だと考えます。

⑦五脉気少、胃気不平、三陰也:五臓の脈の経気が皆少なく、胃気も不平和であれば、足の太陰脾経の経気が余ると考える。「気少」とは、脈が無力のことを指す。なお、ここの「三陰」は足太陰脾経を指す。

⑧宜治其下兪、補陽瀉陰:その下兪穴を治療すべき、補陽瀉陰する(胃経の陥谷穴を補し、脾経の太白穴を瀉する)。

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2014-01-09 10:39 | 中医学 | Comments(0)

中国最初の古酒

こんにちは、周です。今回は中国最初の古酒を紹介します。

龍山文化(中国新石器時代晩期文化の一つである)を考古発掘した際、紀元前2800~2300年前に酒を醸造した時に使用された専門用具が見つかりました。また、1950年代に、鄭州二里岡や河北藁城県台西村に商代(殷朝)の酒を醸造した遺跡を発見されました。1987年12月に、河南東南部・羅山蟒張郷天湖に商代の墓で、中国現存最初の古酒を発見されました、その古酒は青銅に入れられ、密閉良好な状態でした。古酒を検査した結果、3000年間の化学反応を経ても、有効成分を検出されました。

酒の最初の記載は、≪素問・湯液醪醴論≫にあります、黄帝と岐伯が酒を製造する問題を討論した内容です:「作湯液醪醴者、以爲僃耳……邪気時至、服之万全」。次は、≪戦国策・魏策≫に、禹の娘が狄に酒を作るように命令(指示)した内容です:「昔者儀令狄作酒、進之於禹」。また、「杜康造酒」という説もありました。甲骨文と金鼎文にも殷王朝の王室用の酒祭祖についての記載があります。商王武丁が大臣との会話で、「若作酒醴、尓惟曲蘖」(曲蘖=こうじ菌)という内容がありました。これらの記載から見ますと、3200年前から中国人が曲蘖を発明し、しかも曲蘖を利用して酒造りの技に熟練していたことを証明されました。中国は、世界で最初制曲醸酒(曲蘖を利用して酒造り)の国であります。≪周礼≫によりますと、中国の周代から酒官(酒を管理する・制作する職)-「酒正」がありました。また、酒と医学が関わりの記載もあります:酒で「浴尸」(酒で死体を消毒・防腐する)、≪漢書≫に、「酒爲百薬之長」と記してあります。

中国は、世界で最初薬酒を発明した国でもあります。歴代の医家は、薬酒を用いて疾病を治療した例が多くあります。最初に文献に記載してあるのは、西漢の名医・淳于意の病案です(25例中に、2例を取り上げて内科病・婦人科病を治療した)。
淳于意については、2012年4月16日ログ記事をご参照ください。


                                  
[PR]
by jbucm | 2014-01-06 12:46 | 中医学 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm