カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2014年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(五十二)

霊枢・大惑論第八十④

【原文】黄帝曰:余疑其然①。余毎之東苑、未曾不惑、去之則復、余唯独爲東苑労神乎?何其異也②?岐伯曰:不然也。心有所喜、神有所惡、卒然相惑、則精気乱、視誤故惑③、神移乃復④。是故間者爲迷、甚者爲惑⑤。

【注釈】①余疑其然:私はその(岐伯が言った)道理に疑いがある。

②余毎之東苑、未曾不惑、去之則復、余唯独爲東苑労神乎?何其異也:私は東苑に行く度に、眩惑が発生しない時はない、離れるとまだ正常に戻る。それは、私が東苑に行く時だけ疲れるの?なんでこんな特殊な現象が現れるの?

③心有所喜、神有所惡、卒然相惑、則精気乱、視誤故惑:ある場所に行ったとき、心が喜んでいても、神(生命の活動)は適応できないことがあるので、こんな突如の内外不調和で精と神が乱れ、視覚上の錯覚が発生し、眩惑を感じる。「心有所喜、神有所惡」について幾つの解釈があるが、『類経・疾病類・八十一』の注釈に従います。なお、「卒然相惑」は「卒然相感」の誤りです。

④神移乃復:一旦元気が回復できたら、正常に戻れる。

⑤間者爲迷、甚者爲惑:(これらの現象を)軽いものを「迷」、酷いものを「惑」と称する。「間」は軽い、浅いという意味です。『類経・疾病類・八十一』に「間は甚だしくないことである。それでも迷う、酷くなると、当然惑う。」との注釈がありました。

【説明】本節はさらに「惑う」が発生する機理を説明した。「迷・惑」は精神上の疲れによるものだけではなく、「心有所喜、神有所惡」の時にも発生する。「惑」が発生する根本的な原因は「神」が静まらせてないことです。そのため、養生にも病を治療にも先ず「神気」を重視するべきです。

『霊枢集注・巻九』には、「この章は九針の道を総括した。責めは得神である。精気神が存在すれば、天下に惑わない。故に黄帝がこの質問をして、岐伯に精気神を論じさせた。」と説明した。なお、『宝命全形論』には、「凡そ体を針刺する時、必ず先に其の神を治療……針刺治療の要点は、(病情)を診察し、神を存し、志を安定し、その変化に適応し、千変万化に万全な対応ができるのである。これを後世に伝え、最後まで消えうせない。修身養生にも、治国治民にも、全て精気神三者を調養するべきである」との記載がありました。

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-02-27 10:34 | 中医学 | Comments(0)

薬物(中薬)養生法 その4

こんにちは、周です。今回は「延年益寿」方剤を紹介します。

2、益腎方
①彭祖延年柏仁丸 出典≪千金翼方≫
組成:柏子仁 蛇床子 菟絲子 覆盆子 石斛 巴戟天 杜仲 天門冬 遠志 天雄 断続 桂心 菖蒲 沢潟 薯蕷(山薬) 人参 干地黄 山茱萸 五味子 鐘乳 肉蓯蓉 白蜜
効能:益腎塡精
主治:体虚、腎衰、記憶力減退

②烏麻散 出典≪千金翼方≫
組成:純黒烏麻
効能:補腎潤燥
≪千金翼方≫にこう記載しています:久服百病不生、常服延年不老、耐寒暑。
主治:老年腎虚津虧、肌膚乾燥、大便秘結

③琥珀散 出典≪千金要方≫
組成:琥珀 松子 柏子 荏子(白蘇子) 蕪菁子 胡麻子 車前子 蛇床子 菟絲子 枸杞子 菴闾子 麦冬 橘皮 松脂 牡蠣 肉蓯蓉 桂心 石葦 石斛 滑石 茯苓 川芎 人参 杜蘅(土細辛)断続 遠志 当帰 牛膝 牡丹 通草
効能:補腎益気養血
≪千金要方≫にこう記載しています:長服令人志性強、軽体、益気、消穀、能食、耐寒暑、百病除愈。
主治:老年五臓虚損

④胡桃丸 出典≪御薬院方≫
組成:胡桃仁 破胡紙 杜仲 萆解
効能:補腎気、壮筋骨
主治:老年腎気虚衰、腰膝痠軟無力

⑤補天大造丸 出典≪体仁匯編≫
組成:側柏葉 熟地黄 地黄 牛膝 杜仲 天冬 麦冬 陳皮 乾姜 白朮 五味子 黄柏 当帰身 小茴香 枸杞子 紫河車
加減方:骨蒸の場合は、地骨皮・知母・牡丹皮を加える。
    血虚の場合は、当帰を加え、地黄は倍にする。
    気虚の場合は、人参・炙黄芪を加える。
    腎虚の場合は、覆盆子・炒小茴香・巴戟天・茱萸を加える。
    腰足疼痛の場合は、蒼朮・萆解・鎖陽酒・続断を加える。
    婦人の場合は、黄柏を減らす(取り除く)、川芎・香附・黄芩を加える。
効能:大補腎元
≪古今図書集成医部全録≫にこう記載しています:此方専滋養元気、延年益寿。……若虚労之人、房室過度、五心煩熱、服之神効。
主治:老人腎陰腎陽虚、腰膝痠軟無力、口渇心煩

⑥何首烏丸 出典≪太平聖恵方≫
組成:何首烏 熟地黄 地骨皮 牛膝 桂心 菟絲子 肉蓯蓉 製附子 桑椹 柏子仁 薯蕷(山薬) 鹿茸 芸苔子(油菜子)五味子 白蜜
効能:滋補肝腎
≪太平聖恵方≫にこう記載しています:補益下元、黒鬢髮、駐顔容。
主治:老人腎陰腎陽虚、腰膝痠軟無力、心煩不眠

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2014-02-24 09:30 | 中医養生 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(五十一) 

霊枢・大惑論第八十③

【原文】目者五藏六府之精也、営衛魂魄之所常営也、神気之所生也⑬。故神労則魂魄散、志意乱⑭。是故瞳子黒眼法於陰、白眼赤脈法於陽也、故陰陽合伝、而精明也⑮。目者、心使也。心者、神之舍也⑯。故神精乱而不転、卒然見非常処、精神魂魄、散不相得、故曰惑也⑰。

【注釈】⑬目者五藏六府之精也、営衛魂魄之所常営也、神気之所生也:目は五臓六腑の精気が注ぐ場所であり、営・衛・魂・魄も常に運行する場所です。故に、目は神気(生命活動と正気)の反映するところです。

⑭故神労則魂魄散、志意乱:故に精神的な疲労があると、魂魄が散乱し、意志が失常になります。

⑮是故瞳子黒眼法於陰、白眼赤脈法於陽也、故陰陽合伝、而精明也:瞳孔と黒目(肝腎の精気が注ぐ処)は陰に属し、白眼と脈管(心肺の精気が注ぐ処)は陽に属す、陰陽の精が結合し、目が見えるようになる。「合伝」とは「抎」と通じ、結合の意味で、「精明」とは正常な視覚を指します。

⑯目者、心使也。心者、神之舍也:目の視覚は心の指図であり、心は神の居所である。「目は五臓六腑の精気が注ぐ場所」と言われるが、「心は臓腑の大主である」とも言う、故に心神の変化は目に反映する。また、目が見た物も心に反映します。『類経・疾病類・八十一』に、「精神は心に統合するが、外では目にある、故に目は心の使であると言う」と説明した。

⑰故神精乱而不転、卒然見非常処、精神魂魄、散不相得、故曰惑也:神が乱れると精気が平常通りで目に注ぐことができず、突然平常でないものを見え、さらに精神魂魄が散乱し不安になる、故に惑(眩暈)が発生する。「転」について、「伝」、「抎」の誤字だという説もあるが、「回転」の意味と解釈するのも合理です。

【説明】本節(大惑論第八十①~③)の内容は、目の構造及び、臓腑との関連性を説明した。なお、邪気を感受し脳に入り「脳転」が発生すると「視岐」や「惑」が発生するメカニズムも説明した。

本節の中、目の視覚が臓腑の精気に頼ることを明確に指摘した。しかし、黒目が肝の所主で肝が蔵血し目を濡養するのに大いに役立っている。これについて、『内経』の中に肝臓の作用を強調するのは数ヶ所あります。例えば『素問・五臓生成論』に「肝が血を受けるから(目が)見える」、『霊枢・脈度』に「肝気は目に通じ、肝気が調和であれば、目が五色を弁別できる」などが書かれてあります。

なお、『素問・五臓生成論』、『素問・骨空論』、『霊枢・脈度』などの篇に、目と正経や奇経は密接な生理関係を持っていることが記載しています。故に、臨床では目の望診に通じて臓腑の虚実や邪正の盛衰などを判断するのに重要な意義があります。目の望診に関する記載も数ヶ所あります。後世の『銀海精微』に「五輪」の説の元は本節からです。

また、本節にありました「入於脳則脳転、脳転則引目系急、目系急則目眩以転矣」などは、外邪の侵入によるもので、治療の際は祛邪を先にするべきです(例えば、寒邪侵入による頭痛や眩暈に川芎茶調散を、風熱頭痛などには桑菊飲を使う)。『海論』にありました「髄海不足による脳転」と違い、後者は虚証の眩暈を指し、治療は補肝腎塡精髄を考えます。


(李)
[PR]
by jbucm | 2014-02-20 10:20 | 中医学 | Comments(0)

薬物(中薬)養生法 その4

こんにちは、周です。今回は「延年益寿」方剤を紹介します。

1、健脾益気方
①人参固本丸  出典≪養生必用方≫
組成:人参 天門冬 麦門冬 生地黄 熟地黄 白蜜
効能:益気養陰
主治:気陰両虚、気短乏力、口渇心煩、頭昏腰痠

②大茯苓丸 出典≪聖済総録≫
組成:白茯苓 茯神 大棗 肉桂 人参 白朮 細辛 遠志 石菖蒲 乾姜 甘草 白蜜
効能:補中益気、健脾散寒
 ≪聖済総録≫にこう記載しています:服之去万病、令人長生不老。
主治:五臓積聚気逆、心腹切痛、結気腹脹、吐逆食不下、姜湯下(姜湯で服用する)。羸痩(痩せこける)、飲食無味、酒下(酒で服用する)。

③神仙餌茯苓延年不老方 出典≪普済方≫
組成:白茯苓 白菊花 松脂
効能:健脾利湿、清熱明目
≪普済方≫にこう記載しています:服此薬百日顔色異、肌膚光沢、延年不老。
主治:脾虚便溏、頭昏眼花

④仙朮湯 出典≪和剤局方≫
組成:蒼朮 棗肉(大棗) 杏仁 乾姜 甘草 白塩
効能:温中健脾
≪和剤局方≫にこう記載しています:常服延年、明目。駐顔、軽身不老。
主治:脾胃虚寒、痰湿内停

⑤資生丸 出典≪蘭台軌範≫
組成:人参 于朮 茯苓 山薬 蓮子肉 陳皮 麦芽 神曲 薏苡仁 白扁豆 山楂 砂仁 芡実 桔梗 甘草 藿香 白豆蔲 川黄連 白蜜
効能:健脾益胃。固腸止瀉。
主治:老年性脾虚嘔吐、脾胃不調、大便溏泄、納食不振

⑥八珍糕 出典≪外科正宗≫
組成:茯苓 蓮子 芡実 扁豆 薏苡仁 蓮藕粉(蓮根粉) 党参 白朮 白砂糖
効能:健脾養胃、益気和中
主治:年老体衰、臓腑虚損、脾胃虚弱、食少腹脹、面黄飢痩、腹痛便溏

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2014-02-17 09:30 | 中医養生 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(五十)

霊枢・大惑論第八十②

【原文】岐伯對曰:五藏六府之精気、皆上注於目而爲之精⑦。精之窠爲眼、骨之精爲瞳子、筋之精爲黒眼、血之精爲絡、其窠気之精爲白眼、肌肉之精爲約束⑧、裹擷筋骨血気之精而与脈并爲系、上属於脳、後出於項中⑨。故邪中於項、因逢其身之虚、其入深、則隨眼系以入於脳⑩、入於脳則脳転、脳転則引目系急、目系急則目眩以転矣⑪。邪其精、其精所中不相比也、則精散、精散則視岐、視岐見兩物⑫。

【注釈】⑦五藏六府之精気、皆上注於目而爲之精:五藏六府の精気が上に輸送され目に集まり、視覚の機能を果せる。ここの「精」について、二つの解説があり、その一は『霊枢注証発微・巻九』には、「精」同「睛」(目)だと説明している。『類経・疾病類・八十一』に、「精」は精気・精明のことだと説明した。どちらも通用できます。

⑧精之窠爲眼、骨之精爲瞳子、筋之精爲黒眼、血之精爲絡、其窠気之精爲白眼、肌肉之精爲約束:これらの精気が集合する所を目で、その中骨(腎)の精気は瞳孔へ、筋(肝)の精気は黒目へ、血(心)の精気は(目中の)脈絡へ、気(肺)の精気は白目へ、筋肉(脾)の精気は眼の筋肉へ行き届く。「窠」は「巣」の意味です。なお、『甲乙経・巻十二・第四』によると、「其窠気之精爲白眼」の「其窠」は誤字であり、削除しても良いです。

⑨裹擷筋骨血気之精而与脈并爲系、上属於脳、後出於項中:筋・骨・血・気等が含まれた精気が目の脈絡と併せ「目系」になり、上行して脳に属し、更に後ろに行くと項に入る。

⑩故邪中於項、因逢其身之虚、其入深、則隨眼系以入於脳:邪気が項に入ったとき、もしその身体が虚弱していれば、邪気が深くまで入り、目系に従い脳まで入ってしまう。

⑪入於脳則脳転、脳転則引目系急、目系急則目眩以転矣:(邪気が)脳に入ると脳が回転する、脳が回転すれば目系が緊張しるから、眩暈が発生し、目が回る。

⑫邪其精、其精所中不相比也、則精散、精散則視岐、視岐見兩物:(これらの現象は)邪気が内臓の精気を障害し、必要な精気がよく輸送されず、(もともと)目にある精気が消耗され、「視岐」が発生する。「邪其精」について、『太素・巻二十七・七邪』に「邪気が精に的中」と説明しています。「不相比」とは、調和がとれてないことを指します。なお、所謂「視岐」とは、一つの物を二つに見えるということです。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-02-13 10:30 | 中医学 | Comments(0)

平成26年4月生募集説明会

2月8日(土)午後2時より、国立北京中医薬大学日本校、平成26年4月生募集説明会を予定通り開催致しました。大雪の中でご来校を頂き、有難うございました。当日悪天候の影響で、来られなかった方が大勢いらっしゃいますので、今週15日(土)の同じ時間帯に、もう一度開催致します。是非ご参加ください。

植松 捷之理事長より、開会のご挨拶と日本校の運営体制などを紹介致しました。
f0138875_1702010.jpg

高 鶴亭学長が北京に戻られたため、代わりに教務担当の李 宏が高学長のご挨拶、及び北京中医薬大学北京本校を紹介しました。                           
f0138875_1744731.jpg

その後、北京中医薬大学本校の韓教授から御挨拶を頂きました。
f0138875_1753356.jpg

なお、卒業生の大田 ゆう子様(8年間を通学し、薬膳専科・中医薬膳研究科・中医中薬専攻科を卒業し・現在医学気功整体専科に在籍)が「中医学を学ぶ心得」などの話をして下さいました。
f0138875_1762495.jpg

最後に、教務担当の李 宏が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等について説明しました。
f0138875_177611.jpg

説明会をご参加できなかった方は、ご都合のよい時学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問、または資料請求の場合は、こちらにE-メールinfo@jbucm.com、又は、 電話: 03-3818-8531 FAX: 03-3818-8532にご連絡下さい。
[PR]
by jbucm | 2014-02-10 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

大根と牛スジ肉スープ

こんにちは、周です。今回は大根と牛スジ肉スープを紹介します。
f0138875_1331374.jpg


材料:牛スジ肉500g、大根1/2本、生姜30g、大棗10個、葱1本、八角1個、塩適量
作り方:
1、牛スジ肉は、よく洗い、湯通してから食べやすいサイズに切る
2、大根は、皮のままで綺麗に洗う、大き目に切る。葱は、2cm位の長さに切る。生姜は、スライスにする。
3、牛スジ肉を土鍋に入れ、1000cc水を加え、武火で沸騰させ、30分煮る。
4、大棗・大根・葱・八角を③に入れ、文火で2時間炖する。
5、塩で味を調える。
[PR]
by jbucm | 2014-02-06 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

薬物(中薬)養生法 その3

こんにちは、周です。今回は「延年益寿」の組方(方剤配伍)原則を紹介します。

「延年益寿」方剤は、老年人が脾・腎虚という特徴から組み合わせすることが多く、補脾腎作用がある方剤が主としています。薬性「寒・熱・温・涼」と方剤組成「君・臣・佐・使」を考慮し、以下4つ原則があります。

1、動静結合
補益薬(=静)は、殆ど「壅滞凝重、守而不走」という性質を持ちます。行気活血薬(=動)を配伍することによって、気血を運行して、補益薬を機体(身体)に布散させます。例:四君子湯(人参・朮・茯苓・大棗甘草・乾生姜)の茯苓。四物湯(当帰・川芎・芍薬・地黄)の川芎。帰脾湯(黄耆・人参・朮・茯苓・酸棗仁・竜眼肉・当帰・遠志・大棗・乾生姜・甘草・木香)の木香。

2、補瀉結合
「補瀉」を用いて、身体の陰陽気血バランスを保たせ、「陰平陽秘」を維持します。例:六味地黄丸(乾地黄・山茱萸・山薬・沢瀉・茯苓・牡丹皮・煉蜜)の三補―乾地黄・山茱萸・山薬、三瀉―沢瀉・茯苓・牡丹皮。

3、寒熱適中
明の医家・万全が書いた≪養生四要≫に、こう指摘しています:凡養生却邪之剤、必熱無偏熱、寒無偏寒。温無聚温、温多成熱。寒無聚涼、涼多成寒。陰則奇之、陽則偶之、得其中和、此制方之大皆也。これは、方剤を組み立てる際の注意事項を書いてあります。「過偏」を防ぐ為に、「寒・熱」薬を配伍します。例:明の医家・韓懋の交泰丸(黄連・肉桂)は、代表的な方剤であります。
訳:「過偏」を避けるべき。寒薬を使い過ぎると、陽を損傷する。熱薬を使い過ぎると、陰を損傷する。寒(涼)薬が多すぎると、寒になる。温(熱)薬が多すぎると、熱になる。

4、相輔相成
「延年益寿」方剤は、補益を重点的にして、瀉を配合します。つまり、方剤に「有補有瀉・有升有降・有塞有通・有開有闔・有寒有熱」(開・闔・補・瀉を合用する)があり、「陰平陽秘」の状態を維持することができます。

(次回へ続く)
[PR]
by jbucm | 2014-02-03 09:30 | 中医養生 | Comments(0)