カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2014年 05月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十五)

霊枢・営衛生会第十八④

【説明】本節(前々回と前回の分)は営衛の気は皆水穀精微により化生され、陰陽清濁の性質の区別と脈の内外で運行する区別があることを論述した。営気と衛気は子の刻に会合する。二者の運動は人体生命のリズムに密接な関係を持っています。

営気は純粋なものであり、陰に属し、気の推動に頼って、脈管の中で循環されます。肺は気を主り、故に、営気の運行は肺からスタートされます。昼夜に身体の中各二十五週回り、深夜子の刻に衛気と手太陰肺で会合する。その運行次序は十二經の次序に従っています。

衛気は慓悍なものであり、陽に属し、脈管の外側に沿って運行します。この陽気は陰精の養いに頼ります。故に、その運行は日中陽経を二十五週、夜陰経を二十五週回り、毎回必ず足少陰腎経で一度合流する、腎が蔵精で陰気の根本であるからです。深夜子の刻に営気と手太陰肺で会合する。その運行次序は次です:
 
f0138875_11415651.jpg

(日中は陽経を二十五週運行し、夕方に手陽明から陽蹻脈を経由し足少陰に入り、陰経を二十五週運行します。) 

営気と衛気は違う通路を走行するが、互いに関連が深いです。営衛は一陰一陽であり、脈管の内と外を走行するが、相互協調し、相互依存しています。衛気は経脈の外側を走行し、営気が外へ発散させないように守り続けています;営気は経脈の内側を走行し、衛気を供養し続けています。

なお、営衛二気が昼夜の変更と陰陽の昇降に従って、規律のある変化しています。これが人体生命のリズムの反映の一つになります。「平旦陽気生、日暮陽気衰」、昼夜の違う時間帯に人体の生理機能も盛衰の変化があります。これが現代でいう「生物時計」と一致しています。故に、違う時間帯に人体が針刺・薬物などに対する敏感度の違いがあり、治療効果も多少違います。

なお、近代の学者らが『内経』に生命のリズムに関する内容を整理し、報道しています。例えば、日の節律、月の節律、季の節律、半年の節律などがあります。皆さんはご興味がありましたら、是非調べてみて下さい。

(お詫び:本日、前回と前々回の内容を一部訂正致しました。)

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-05-29 11:00 | 中医学 | Comments(0)

定心丸の由来


こんにちは、周です。今回は定心丸の由来を紹介します。

中国語の「吃了定心丸」という言葉があり、「もう安心した」を意味します。「定心丸」は、考え方や人を安心させる言葉や措置・行動を喩えます。皆さんは、「定心丸」が薬の1種でもあると思ってないでしょう?

「定心丸」の由来を紹介します。
「定心丸」は、古代からあるもので、しかも明代の軍隊の必須薬品であります。古代戦争は、残酷なもので、負傷した兵士を心神安定(気持ちを落ち着かせる)させるのは、とっても重要です。そこで、安定心神作用がある「定心丸」を開発しました。創製者は、明代の軍事家・茅元儀であります。
茅元儀(1594~1640年)は字を止生と言い、石民を号しました、浙江帰安(現在湖州)の人であります。祖父・茅坤は著名な文学者で、文武双全(文武両道)です。茅元儀は幼少から秉承家学(祖父の意図・指示などを受けてそのとおりにする)、特に「談兵」(軍事)が嗜好し、抗清(清を抵抗して戦う)名将・孫憲宗に随い南北を転戦しました。彼が著した《武備志》は、中国古代優秀な軍事大著で、全240巻があり、その著作に「定心丸」が載せています。定心丸は木香、硼砂、甘草、沈香、雄黄、辰砂(硃砂)等から組成されます。
附:薬効の紹介です。
木香:解痙、抗菌
硼砂:解毒、防腐
甘草:鎮痛、解毒
沈香:治嘔吐呃逆、胸腹脹痛
雄黄:治破傷風、惊癎
辰砂:癲狂、驚悸、腫毒、瘡瘍

写真は雄黄です。
f0138875_17465344.png

[PR]
by jbucm | 2014-05-26 09:30 | 中医学 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十四)

霊枢・営衛生会第十八③

【原文】故曰:日中而陽隴爲重陽;夜半而陰隴爲重陰⑧。故太陰主内、太陽主外、各行二十五度、分爲昼夜⑨。夜半爲陰隴、夜半後而爲陰衰、平旦陰盡、而陽受気矣⑩。日中而陽隴、日西而陽衰、日入陽盡而陰受気矣⑪。夜半而大会、萬民皆臥、命曰合陰、平旦陰盡而陽受気⑫。如是無已、與天地同紀⑬。

【注釈】⑧日中而陽隴爲重陽;夜半而陰隴爲重陰:「日中」とは正午12時、「夜半」とは深夜零時を指す。「隴」は「隆」と通じる。正午陽気が最も盛んになるので、重陽と言う;深夜陰気が最も盛んになり、重陰と言う。

⑨故太陰主内、太陽主外、各行二十五度、分爲昼夜:ここの「太陰」は手太陰、「太陽」は足太陽を指します。『類経・経絡類・二十三』は次のように説明しています:「内」は営気、「外」は衛気を指す。営気は手太陰から始まり、また太陰に戻る、故に「太陰主内(営気)」と言う;衛気は足太陽から始まり、また太陽に戻る、故に「太陽主外(衛気)」と言う。それぞれ二十五週走り回り、一昼夜となる。

⑩夜半爲陰隴、夜半後而爲陰衰、平旦陰盡、而陽受気矣:「平旦」とは夜明けの時を指す。深夜は陰分の気が最も隆盛な時期、その後、陰分に走行する気が段々減り、夜明けに陰分の気がなくなり、陽分が気を受け始まる。

⑪日中而陽隴、日西而陽衰、日入陽盡而陰受気矣:「日西」とは西日で午後のことで、「日入」とは日暮れ(夕方)を指す。正午は陽分の気が最も隆盛な時期、その後、陽分に走行する気が段々減り、夕方に陽分の気がなくなり、陰分が気を受け始まる。

⑫夜半而大会、萬民皆臥、命曰合陰、平旦陰盡而陽受気:「合陰」とは、天の陰気と人の陰気と会合することですが、ここは、営気と衛気が陰分で会合することを指します。深夜は(陰陽の気が陰分に)集まり、人々皆就寝する、これを合陰と言う。平旦に陰分の(衛)気がなくなり、陽分がそれを受ける。

⑬如是無已、與天地同紀:「已」とは終わる。このように終わりがなく循環し、天地の変化規律と一致する。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-05-22 10:08 | 中医学 | Comments(0)

「単味」良方の紹介 その10

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。

頭痛
葱白
葱白・淡豆豉各10g 粳米50~100g まず粳米をお粥にして、葱白・淡豆豉を入れて再沸騰させる。生姜を加えてもよい。温かいうちに食べる。この方は、辛温解表・祛風散寒作用がある、風寒頭痛に用いられる。
附:風寒頭痛の症状―頭痛、その痛みは項背まで及ぶ、悪風(寒)、風に当たると酷くなる、咳嗽・クシャミを伴い、苔薄白。

沱茶
沱茶を適量で、沖服する。

蜂蜜
母鶏(雌鶏・めんどり)1羽 蜂蜜100~150g 母鶏の内臓を取り出して、蜂蜜を入れ、蒸して食べる。効果は天麻より有効するとされる。1~2羽を連続食べることを勧める。この方は、頭暈・頭痛・偏頭痛に有効。

桑椹
新鮮の桑椹1000g 糯米500g 桑椹を綺麗に洗い、ジューサーで汁を取る。(桑椹汁と糯米)ご飯を炊く、缸(容器の一種、底がせまく口が大きなもの)に移して冷ましてから、適量の酒曲(麹菌・こうじ菌)を入れ、蓋を閉め発酵させる。数日後に食べられる。食べる際は、温めて下さい。この方は、補肝腎・熄虚火作用がある、腎虚頭痛に最適する。
附:腎虚頭痛の症状―頭痛(空痛)、眩暈耳鳴、腰膝痠軟、舌紅少苔。

菊花
①菊花(粉状)10g 粳米50~100g まず粳米をお粥にして、菊花を入れて再沸騰させる。釣藤を加えてもよい(清熱平肝作用を増強する)。温かいうちに食べる。この方は、散風熱・清肝火作用がある、風熱肝陽頭痛に用いられる。
附:風熱肝陽頭痛の症状―頭痛眩暈、心煩易怒、睡眠不寧、面紅目赤、口苦舌紅、苔薄黄
②菊花9g 生石膏9g 川芎9g 上記生薬を粉末にして、毎回9gを緑茶で服用する。この方は、風熱頭痛に用いられる。
附:風熱頭痛の症状―頭痛眩暈、発熱或いは悪風、微汗、心煩、微渇、苔薄黄、舌尖(端)紅、脈浮数

桑葉
桑葉・荷葉各20g 苦丁茶10g 上記生薬は、お湯を注して砂糖を加えて、お茶代わり飲む。この方は、疏風清熱・清利頭目作用がある、風熱頭痛に用いられる。

夏枯草
夏枯草30g 梔子15g 上記生薬を煎じて2回を分けて飲む。この方は、肝火頭痛(症状:頭痛、目赤、口乾口苦、尿黄便秘、苔黄、脈弦数)に用いられる。

白朮
白朮・沢瀉各15g 上記生薬を煎じて2回を分けて飲む。この方は、痰濁頭痛(症状:頭痛、頭暈、胸脘脹悶、悪心嘔吐、苔白膩、脈弦滑)に用いられる。

川芎
川芎3g 茶葉3g 上記生薬は、お湯を注してお茶代わり飲む。10日間連続服用する。頑固な頭痛に有効する。

黄精
黄精30g 緑豆120g 適量の水を加え、緑豆が柔らかくまで煮て食べる。この方は、陰虚頭痛(症状:頭痛、頭暈耳鳴、腰膝酸軟、五心煩熱、遺精帯下、舌質紅、脈沈細無力)に用いられる。

白豆蔲
白豆蔲4.5g 羗活15g 蘇葉12g 生姜9g 上記生薬を煎じて2回を分けて温服する。この方は、風湿頭痛(症状:頭痛、頭重、肢体困重、胸悶脘脹、食少便溏、苔白厚、脈濡緩)に用いられる。
f0138875_152489.jpg


当帰
当帰18g 川芎9g 細辛3g 上記生薬を煎じて服用する。この方は、血虚頭痛(症状:頭痛、眩暈、面色こう白、舌質淡、脈細弱)に用いられる。

天麻
天麻18g 釣藤15g 白芍24g 上記生薬を煎じて服用する。この方は、肝陽頭痛(症状:頭痛頭脹、眩暈耳鳴、煩躁易怒、不眠、口乾面紅、苔薄黄、脈弦或いは細数)に用いられる。

黄芪
①黄芪30g 黒大豆100g 適量の水を加え、黒大豆が柔らかくまで煮て食べる。この方は、気血虧虚頭痛(症状:頭痛、頭暈、疲労すると加重する、面色無華、心悸怔忡、舌淡苔薄白)に用いられる。
②黄芪30g 升麻9g 上記生薬を煎じて2回を分けて服用する。この方は、気虚頭痛(症状:頭痛、疲労すると加重する、身倦乏力、食欲不振、気短、脈虚無力)に用いられる。
[PR]
by jbucm | 2014-05-19 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十三)

霊枢・営衛生会第十八②

【原文】黄帝問于岐伯曰:人焉受気?陰陽焉会?何気爲営?何気爲衛?営安從生?衛于焉会①?老壯不同気、陰陽異位、願聞其会②。岐伯答曰:人受気于穀、穀入于胃、以伝與肺、五藏六府、皆以受気、其清者爲営、濁者爲衛③。営在脈中、衛在脈外④。営周不休、五十而復大会、陰陽相貫、如環無端⑤。衛気行于陰二十五度、行于陽二十五度、分爲昼夜⑥。故気至陽而起、至陰而止⑦。

【注釈】①人焉受気?陰陽焉会?何気爲営?何気爲衛?営安從生?衛于焉会:人体の精気はどこがら受ける?陰陽の気はどのように会合する?どんな気は営、どんな気は衛であるか?営はどのように生成するか?衛気はどのように営気と会合するか?

②老壯不同気、陰陽異位、願聞其会:ここの「陰陽」は「営衛」のことです。営気は水穀の清気であり、脈中を走行するので、陰に属す;衛気は水穀の悍気であり、脈外を走行するので、陽に属す。老人と壮年の人は、気の盛衰が違い、営衛の気の循行する部位が異なる、その会合する情況を聞きたい。

③人受気于穀、穀入于胃、以伝與肺、五藏六府、皆以受気、其清者爲営、濁者爲衛:ここの「清濁」は状態ではなく、性質を言う。人体の精気は飲食物から受ける。飲食物が胃に入り消化され、脾がその精微の気を吸収し、肺に伝送する。故に五藏六府皆精微の気を受けられる。これらの精気の中、よく練れていて純粋な部分は「営」となり、慓悍な部分は「衛」となる。

④営在脈中、衛在脈外:営気は経脈の中を走行し、衛気は経脈の外側を走行する。

⑤営周不休、五十而復大会、陰陽相貫、如環無端:「大会」とは営気と衛気の会合を指す。「大会」とは営気と衛気の会合を指す。営気は休まず周身を回り、五十週回ったら(衛気と)会合する。営気が経由している陰と陽の経脈は互いに貫通し、輪のように端がない。

⑥衛気行于陰二十五度、行于陽二十五度、分爲昼夜:衛気は陰分に二十五週、陽分にも二十五週走り回る、これで昼夜を分ける。

⑦故気至陽而起、至陰而止:ここの「陽」と「陰」は陽経と陰経を指す。「起」は起きる、「止」は休むことです。故に気が陽分に入ると(人は)起きる、陰分に入ると(人は)休む。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-05-15 10:30 | 中医学 | Comments(0)

麻酔薬を作った第一人 ・華佗

こんにちは、周です。今回は麻酔薬を作った第一人を紹介します。

「関云長刮骨療傷」の故事を皆さんがご存知と思います。三国時代の関羽は、右腕が毒入りの矢に射られ、神医・華佗(後漢末;109?-207?)の「刮骨療毒」手術を受けながら、談笑風生(話が笑いを交えながらますます興に乗るさま)の様子に周りの兵士達が敬服しました。

伝えによると、華佗は手術する前に、痛みを和らげる為に関羽の傷口にある麻薬を撒きました。神医・華佗は、「世界上製造麻酔薬第一人」と讃えられています。

麻沸散(華佗が作った麻酔薬)を発明した際のエビソートを紹介します。
大昔、外科手術施行する時、患者の手足を紐で縛って、棒で敲き・放血などの方法で昏厥させてから手術を施します。華佗は患者の苦痛を減軽するように、あらゆる方法で止痛薬を探していました。ある日、華佗は生薬を取りに山に行き、負傷した樵夫(木こり)に出会いました。樵夫は大丈夫だと言いながら、ある植物の葉(のちに麻沸散の主要成分)を摘んで揉みつぶして、傷口に置き、しばらく経ちますと、痛くないと言いました。その後、華佗は、あの植物の名が曼陀羅(マンダラ)と称されることを知りました。
f0138875_1236291.jpg


現代、マンダラの花・葉・実は皆麻酔止痛作用があることを知り、その中で花の部分は尤も効果が良いとされています、「洋金花」とも呼ばれます。その他、止咳・平喘・鎮痙作用もあるとわかりました。劇毒(種3粒で中毒とされる)ですので、慎重に使うべきです。
[PR]
by jbucm | 2014-05-12 09:29 | 中医学 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十二) 

霊枢・営衛生会第十八①

篇名について

「営衛」とは営気と衛気を指します。「生会」とは生成と会合を指します。

本篇は営気と衛気の生成及び運行を論述しながら営気と衛気の生理作用を闡明した。『霊枢集注・巻二』は次のように説明しています:本篇の内容は営気と衛気が人体の中での生成、運行及び会合の規律に関するものなので、「営衛生会」を篇名にした。

本篇の主な内容:
1、営気と衛気は皆水穀により化生され、異名同源である。
2、営気と衛気の運行規律及び会合。
3、老年と少年の生理特徴を例にして、営衛の気と睡眠との関係を説明。
4、営気と衛気と血・汗との関係を説明。
5、三焦の区分と機能及び営衛気血の生成、輸布、転化などとの関係を説明。

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-05-08 09:36 | 中医学 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(六十一) 

霊枢・決気第三十⑤

【原文】黄帝曰:六気者、貴賎何如①?岐伯曰:六気者、各有部主也、其貴賎善惡、可爲常主②、然五穀与胃爲大海也③。

【注釈】①六気者、貴賎何如:これらの六気は人体の中で主要なものと副次なものの区別があるか?

②六気者、各有部主也、其貴賎善惡、可爲常主:六気は人体の中にそれぞれの分布部位がある、なおそれぞれの臓器が主宰している(『類経・臓象類・二十五』の注釈:「部主」とは各部位の所主である。例えば、腎主精、肺主気、脾主津液、肝主血、心主脈である)。六気が人体の中で主要と副次の区別とは、それぞれが発揮している機能で分けるべきです。「貴賎善惡」は主要と副次の意味です。

③然五穀与胃爲大海也:上文の続きで、(六気がそれぞれの機能によって主要と副次的なものに分けられるが、六気の源はみんな脾胃の機能と飲食物からの持続的供給に頼っている)、故に、概括にして、五穀と胃は六気の根本であることを強調した。

【説明】本節は六気の「貴賎善惡」の区別とそれぞれの所主する部位を説明した同時に、六気の根本は五穀と胃であることを強調した。これで、本篇の最初にあった「一気が分けると六になり、合わせると一になる」という論述と呼応しています。なお、これで胃と水穀精微が生命活動の中での重要性を強調していることも分かります。

本篇を纏めると、気血津液精脈という六気の概念及びそれぞれの機能を明確にした。なお、六気と五臓、六腑、奇恒之腑と共に「蔵象」の重要な組成部分となります。これは、中医学が人体の生理、病理に関する重要な内容です。

なお、六気の病理に関する論述は、臨床の弁証に重要な指導的意義があります。

また、「六気同源」の観点は、整体観の学術思想を際立たせ、臨床多方面の治療にも視野を広く開けました。


では、『霊枢・決気』の勉強はこれで終わりにしまして、次回からは『霊枢・営衛生会』を勉強しましょう。

(李)
[PR]
by jbucm | 2014-05-01 10:32 | 中医学 | Comments(0)