カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2015年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九十四)

素問・五蔵生成論篇第十①

篇名について

「生成」とは、生化と形成の意味である。本篇は「天は生を主り、地は成主り、五臓の色は体表での表し、天の気が主る;五臓の脈は体内で運行し、地の気が主る。色は気が与えたもので、脈は味が帰属するものである」という理論に基づき、生理、病理、診断などの方面から、五臓、五体、五味、五色、五脈の間に存在する相生相克の関係及び相互補完の関係を論述した。『素問呉注・巻二』は「五臓未病は相互補完の理由がある、五臓已病も相生相克の理由がある」という。故に篇名を「五蔵生成」にした。

なお、なぜ本篇の名前に「論」ではなく、「篇」となっているについて、新校正には、「此篇は直接五蔵生成のことを記載し、(黄帝と岐伯)の問答と議論などがないから、論を言わずに、篇という。以後も、「篇」となっているのは、これをまねしたのである」という。

本篇の主な内容:
1.五臓と五合の間の表裏相合及び相互間の生克制化。五臓の「所合」、「所栄」、「所主」の内在関連性及びこの関連性が『内経』理論体系における意義。
2.五味、五色、五脈と五臓の関係及び五色の診察要綱。
3.気・血・筋・脈・髄などの生理機能及び五臓脈の診法。血痺証の病因、病機と病証。
4.脈診・色診及び色脈合参が診断における運用。胃気が色、脈に対する重要性。

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-02-26 10:20 | 中医学 | Comments(0)

「単味」良方の紹介です。その16 

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。その16  

感冒

大根
①生大根を果物として食べる。
②大根を乱切し、煮て食べる(汁も飲む)。 
③大根を千切りし、煮てから黒砂糖を混ぜて、お湯を注いて食べる。
④大根250 千切りし、300cc水を加え200ccまで煮る。適量の砂糖を加え、温かいうちに100ccを飲む。30分位を経ってから残りの100ccを温めて飲む。
⑤大根はスライスし、飴糖は大匙2~3を加えて搔き混ぜる。一晩を置かせて水で溶かし、飲用する。
⑥大根1本 青橄欖6~8 上記ものを炖する。お茶代わりに飲む。この方は、口鼻乾燥・発熱流涕(鼻水)・咽痛口渇という感冒症状に適応する。

冬瓜子(冬瓜の種)
  冬瓜子100g 粳米適量 冬瓜子を砕いて水を加え20分位煮る。渣(冬瓜子)を捨て
粳米を入れて柔らかくなるまで煮る。氷砂糖で味を調える。この方は、清熱除煩・化痰止咳作用があり、発熱・痰が出る咳嗽・小便黄赤という感冒症状に適応する。

葱白
①葱白頭2~3個 葱白頭をすって塞鼻(鼻孔を塞ぐ)、両側鼻孔を交替する。毎日3~4回、毎回1時間。
②葱白数本 すりつぶして取った汁を鼻孔や咽喉部にたらす。毎日3~5回、毎回2~3滴。この方はインフルエンザの予防できる。
③葱白500g 淡豆豉125g 葱白は包丁の背で叩き、長さ3cm位に切る。水5000ccを加え沸騰させてから淡豆豉を入れ、再び10分間煮る。ガーゼで濾過し飲用する。毎日1回、1回100cc、連続3日。
④葱白5~6本 生姜10g 煎じて飲む。毎日2回。連続2~4日。黒砂糖あるいは陳酢を加えて煮る、寝る前温服すると、効果はもっとよい。
⑤葱白・生姜各25g 塩5g 一緒に糊状まですりつぶす、適量の酒をたして、よく搔き混ぜる。ガーゼで包み、胸・背中・手のひら・足の裏・肘や膕窩に当てる、30分位休憩する。この方は感冒発熱に有効する。
⑥葱白3本 大米100g 葱白は長さ3cm位に切る。大米は水を加えて半熟まで煮る。大米に葱白を入れお粥にする。砂糖か塩で味を調える。毎日1回、連続5回服用する。この方は、頭痛発熱・悪風寒・鼻塞(鼻詰まり)流涕・腹痛型感冒に有効する。症状が重い場合、淡豆豉20gを加える。
⑦葱白5本 生姜15g 糯米(粳米可)100g 葱白・生姜は一緒に糊状まですりつぶす。糯米はお粥にする。お粥に葱白・生姜を入れ煨熱し、温かいうちに食べる。毎日2回。この方は、疏風解表・散寒通陽作用があり、傷風感冒初期・悪寒・頭痛無汗、特に表虚感冒に有効する。
⑧葱白5本 生姜6g 淡豆豉20g 淡豆豉は20分位煮る。葱白・生姜は一緒に糊状まですりつぶす。葱白・生姜に淡豆豉の煎じ汁で沖泡する。5分間を経ってから飲用する。この方は、宣透解表作用があり、風寒感冒(発熱・頭痛・悪風寒・心煩)に適応する。
⑨葱白5本 玉子1個 氷砂糖20g 蝉衣15g 葱白・蝉衣は20分間煎じる。葱白・蝉衣の煎じ汁に玉子・氷砂糖を入れながら搔き混ぜる。1回飲用する。この方は、滋陰清熱袪風作用があり、陰虚感冒に有効する。
⑩葱白10本 淡豆豉15g 生姜10g 黒砂糖15g 粳米50g 先ず粳米淡・豆豉に500cc水を加え、半熟まで煮る。葱白・生姜は一緒に糊状まですりつぶす。上記ものを一緒にトロトロ状まで煮る。黒砂糖で味を調える。毎日朝晩1回ずつ服用する。服食後盖被取汗(服用した後布団を被って寝て汗をかかせる)。この方は、発汗解表逐邪作用があり、風寒感冒初期(頭痛・鼻塞・悪寒無汗・脈浮緩・舌淡・苔薄白)に適応する。
⑪葱白30g 淡豆豉15g 黄酒50cc 淡豆豉に100cc水を加え、文火で10分間煎じる。淡豆豉の煎じ汁に葱白を入れて5分間加熱する。火を止めて黄酒を最後に入れる。温かいうちに服用する。この方は、風寒感冒に適応する。

次回へ続く
[PR]
by jbucm | 2015-02-23 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

中国のお正月

f0138875_10582535.jpg


今日は、旧暦の1月1日です。中国のお正月です。この時期は、大勢の出稼ぎの人が故郷へ帰省し、家族団らんや親族訪問し、色んな伝統料理や伝統劇などを楽しんでいます。

さて、クイズです。中国の大晦日によく食べるものは日本にもとても人気があるもので、それはなにでしょう?お答えはのちほどに致しましょう。

大晦日の夜に、テレビ番組の中、一番視聴率が高いのは、日本のNHKの紅白歌合戦のような番組です。この番組は中国の中央テレビ局が開催される「春晩」と親しく呼ばれでいます、それは、「春節聯歓晩会(親睦パーティー)」の略称です。全国の有名な歌手や芸能人が集まり、夕方8時から、深夜1時ごろまで、5時間に渡って、大いに腕前を見せますが、毎年ほぼ同じような内容で、新奇のものがないため、次の日から、ネットで毒舌がをふるう人が多いです。民衆の好みがさまざまで、すべての人に満足してもらえないのは当然です。おそらく、視聴率が高いのは、他に見るものがあまりない、それと、後で毒舌のネタにするものを見つけるのも一つの楽しみではないかと思います。まあ、後で指摘されることを覚悟しながら一所懸命、この番組を企画してくれるスタッフ達や、芸を披露してくれる芸能人達に感謝したいです。

では、上のクイズの答えです:餃子でした。中国の大晦日の夜に餃子を食べる習慣は、餃子の形が昔のお金である馬蹄形の「元宝」に似ていることからきているようで、年越しの際、餃子を食べれば「発財」(財をなす)に通じるということです。新年の幸運を呼ぶということでしょう。

f0138875_1059218.jpg

f0138875_10594119.jpg

f0138875_1103033.jpg


最後に、中国の新年のご挨拶をさせて頂きます:新年快楽!恭喜発財!

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-02-19 10:30 | 中国の話 | Comments(0)

孔明揮涙斬馬謖

こんにちは、周です。今回は故事「戮謖以謝衆」(泣いて馬謖を斬る)「孔明揮涙斬馬謖」(涙を揮いて馬謖を斬る)を紹介します。

『三国志』に関わる故事、名言の中でも最も有名なものの一つです。信頼している部下を、規律の厳正を守るために私情を排して処分することを意味します。

出典は『蜀書・諸葛亮伝』です。
建興六年(二二八年)、国力を蓄えた蜀は、諸葛亮(孔明)の進言で北伐の軍を起こしました。総指揮は諸葛亮自身であり、出兵して祁山に向かいました。蜀にとってはこの重要な戦いであり、軍事的な要地・街亭の前線指揮官を命じられたのが、若き将軍・馬謖(一九〇~二二八)でありました。『三国志』には馬姓の武将が多数登場しますが、馬謖は襄陽郡宜城県の名門・馬一族の出身で、劉備の重臣である・名前は馬良という兄が居ます。弟の馬謖は才気すぐれ、兵術を得意としていたが、やや弁舌のみに頼りと、劉備は彼の欠点を熟知していたようで、諸葛亮に後事(決して馬謖を重用するな)を託しました。

しかし、諸葛亮は、彼を自分の後継者として信頼していました。劉備の死後、しばしば出兵して魏と戦ったが、馬謖は彼の参謀に抜擢されていました。建興六年、孔明は出兵して祁山に向かって魏を討ちました。歴戦の将、魏延や呉壱らが従軍しました。人々は、彼らのだれかを先鋒としたらよかろうと論じたが、孔明は人々の考え方と相違して馬謖に命じて大軍を率いて先鋒とし、魏将張郃と街亭で戦わせました。ところが馬謖は諸葛亮の主旨を反して布陣したため張郃に破られて、部下の兵卒は四散しました。諸葛亮は前進基地を失い、蜀の漢中へ退却しました。馬謖は牢に入れられ死にました(馬謖は諸葛亮に処刑された、との説がありました)。孔明は彼のために涙を流しました。・・・・・・謖は三十九歳でした。

『三国志』に、こう記しています:
建興六年、亮出軍向祁山。時有宿将魏延呉壱等、論者皆言以為宜令為先鋒。而亮違衆抜謖、統大衆在与魏将張郃戦於街亮、為郃所破。士卒離散。亮進無所拠退軍還漢中。謖下獄物故。亮為之流涕。・・・・・・謖年三十九。
[PR]
by jbucm | 2015-02-16 09:30 | 中国語 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九十三) 

【説明】前回(2月5日)に注釈した内容は主に二つある。その一は、臓腑の血気精神の機能特徴を論述した。五藏に貯蔵される血気精神は、正常な生理機能を維持するに仕える物質で、経脈(行血気而営陰陽)、営気(濡筋骨、利関節)、衛気(温分肉、充皮膚、肥腠理、司開闔)、志意(御精神收魂魄、適寒温和喜怒者)が含まれる。その二は、経脈、気血、志意、寒温が「和暢」であることが健康無病の前提であることを説明した。

「和」とは、正常、調和の意味であり、これは『内経』の中にある重要な観点の一つである。例えば、「陰陽の調和」、「気血の調和」、「五臓の調和」、「情志の調和」、「人と外在環境の調和」等がある。故に「此人之常平也(これは人体正常な生理状態である)」と言う。張仲景氏は『内経』のこの学術観点を受け継いで、『金匱要略』にこう指摘した:「五臓の元真が通暢すれば、即ち人が安らかである」。後世の医家たちはさらに気血陰陽が「和を得ると正になり、和を失うと邪になる」という観点を提唱した。病証を認識するや、病機を分析するのに重要な指導的意義がある。これを前提にして、いかなる疾病を治療する根本目的は、人体内部及び人と外在環境の調和を促進することであると言える。

本篇は経脈、営気、衛気、志意が人体生理及び病理における重要な作用を論述した。これらの内容は『決気』篇に論述した六気と同じく「臓象」の一部である。経脈、気血、精神、臓腑は皆人体生命の物質基礎であり、これらが「和暢」するこそ、人体は健康に保つことができる。この観点は養生と疾病の予防や、臨床で疾病に対する認識と治療などに重要な指導的意義がある。

なお、臓腑の蔵瀉機能(五藏は精神血気魂魄を貯蔵し、六府は水穀を伝化し津液を転送する)に関する論点は、『内経』に何度も強調している学術観点である。『五蔵別論』などの篇に合わせて勉強するべきである。

『本蔵』に、五蔵の「小大高下脆堅、端正偏傾」及び六府の「小大長短厚薄、結直緩急」などについての内容は省略する。では、次回からは『素問・五蔵生成論篇第十』を勉強しましょう。


(李)
[PR]
by jbucm | 2015-02-12 10:42 | 中医学 | Comments(0)

平成27年4月生募集説明会

2月7日(土)午後2時より、国立北京中医薬大学日本校、平成27年4月生募集説明会を予定通り開催致しました。寒い中でご来校を頂き、有難うございました。

植松 捷之理事長より、開会のご挨拶と日本校の運営体制などを紹介致しました。
f0138875_13144466.jpg

高 鶴亭学長が急用のため、来られなくなりました。その代わりに、教務担当の李 宏が高学長からの募集説明会に関する挨拶文・北京中医薬大学北京本校を紹介しました。                                                                                       
その後、北京中医薬大学本校から派遣されている韓教授からは御挨拶を頂きました。
f0138875_13153185.jpg

最後に、教務担当の李 宏が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等について説明しました。
f0138875_13161654.jpg


説明会をご参加できなかった方は、ご都合のよい時学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問、または資料請求の場合は、こちらにE-メールinfo@jbucm.com、又は、 電話: 03-3818-8531 FAX: 03-3818-8532にご連絡下さい。
[PR]
by jbucm | 2015-02-09 09:10 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 蔵象学説(九十二) 

霊枢・本蔵第四十七②

【原文】黄帝問于岐伯曰:人之血気精神者、所以奉生而周于性命者也①。経脈者、所以行血気而営陰陽、濡筋骨、利関節者也②。衛気者、所以温分肉、充皮膚、肥腠理、司開闔(関合)者也③。志意者、所以御精神、收魂魄、適寒温、和喜怒者也④。是故血和、則経脈流行、営覆陰陽、筋骨勁強、関節清利矣⑤。衛気和、則分肉解利、皮膚調柔、腠理緻密矣⑥。志意和、則精神専直、魂魄不散、悔怒不起、五藏不受邪矣⑦。寒温和、則六府化穀、風痺不作、経脈通利、肢節(体)得安矣⑧。此人之常平也。五藏者、所以藏精神血気魂魄者也。六府者、所以化水穀而行津液者也⑨。此人之所以具受于天也、無愚智賢不肖、無以相倚也⑩。

【注釈】①人之血気精神者、所以奉生而周于性命者也:人の血気精神は、正常な生理機能を維持するに仕える物質である。

②経脈者、所以行血気而営陰陽、濡筋骨、利関節者也:経脈は、血気運行の通路で、(経脈の中を運行される営気は)陰陽を養い、筋骨を濡潤し、関節を滑利するものである。「営陰陽」とは、営養物質を運び全身の陰陽を滋養する意味である。

③衛気者、所以温分肉、充皮膚、肥腠理、司開闔(関合)者也:衛気は、肌肉を温煦し、皮膚に営養を与え、腠理を滋潤し、毛穴の開闔を主導するものである。

④志意者、所以御精神、收魂魄、適寒温、和喜怒者也:志意は、精神を制御し、魂魄を収め、寒温の変化に適応し、喜怒の情緒を調節するものである。「志意」とは、内外環境に適応する精神・意識活動を制御・活応する働きである。

⑤是故血和、則経脈流行、営覆陰陽、筋骨勁強、関節清利矣:血脈が通暢であれば、気血も順調に周身を流れ、機体を営養し、それで筋骨は強く関節は滑利である。

⑥衛気和、則分肉解利、皮膚調柔、腠理緻密矣:衛気の機能が正常であれば、肌肉が滑潤で皮膚が柔軟し、腠理も緻密である。


⑦志意和、則精神専直、魂魄不散、悔怒不起、五藏不受邪矣:志意が専念であれば、精神が集中でき、思惟が敏捷し、魂魄が安定するから、悔みや怒りなどの情緒変化が起こらない、そして五藏が邪気の侵入に遭遇しない。

⑧寒温和、則六府化穀、風痺不作、経脈通利、肢節(体)得安矣:寒熱が調和であれば、六府が水穀を運化でき、風病や痺病などが発生しないから、経脈が通利で、肢体関節が円滑に動ける。

⑨五藏者、所以藏精神血気魂魄者也。六府者、所以化水穀而行津液者也:五藏は、精神血気魂魄を貯蔵するものである。六府は、水穀を伝化し津液を転送する者である。

⑩此人之所以具受于天也、無愚智賢不肖、無以相倚也:これらの機能は、先天に授け与えられものであり、人の愚・智・賢・徳などに関係ない。「無以相倚」とは、偏らないことである。

(次回へ続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-02-05 10:22 | 中医学 | Comments(0)

「単味」良方の紹介です。その15 


こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。その15 

自汗盗汗

酸棗仁
酸棗仁・人参・茯苓 各同量 粉末に研磨する。就寝前に5gを米湯(米汁)で調服する。

五倍子
①五倍子・糯米各適量 五倍子を粉末に研磨する。糯米は糊状の粥にする。五倍子と糯米をよく混ぜる。適量を取って臍部に置き、ガーゼを被ってテープで固定する。2~3日の間隔で取り換える。
②五倍子を粉末に研磨する。就寝前に3~9gを水か自分の唾液で溶かして糊状になるまで掻き混ぜる。臍部に置き、ガーゼを被ってテープで固定する。毎晩1回、翌朝取って捨てる。
③五倍子5:辰砂1 粉末に研磨する。水で溶かして糊状になるまで掻き混ぜる。臍部に置き、ガーゼを被ってテープで固定する。毎晩1回、翌朝取って捨てる。

五味子
五味子5g 紫蘇梗6g 人参6g 砂糖10g 五味子・紫蘇梗・人参の煎じ汁に砂糖を加える。お茶代わりに飲む。この方は益気陰、固表斂汗作用があり、気陰両虚に有効する。

芡実
芡実30~50g 粳米50g 先ず芡実を柔らかくまで煮て泥状に潰す。粳米と一緒にお粥にする。2回に分けて食べる。食べるとき、砂糖は少々加えてもよい。この方は補虚止汗作用があり、気虚不固に有効する。

百合
百合20g 大米50g お粥にする。

蒼朮
蒼朮6g 滑石12g 薏苡仁20g 竹葉9g 竹葉 ・蒼朮・ 滑石をガーゼで包み、大米・薏苡仁と一緒に鍋に入れ、お粥にする。出来上がるとガーゼを取り出して捨てる。この方は邪熱鬱蒸に有効する。

桂枝
桂枝6g 芍薬9g 甘草6g 大棗4個 生姜6g 大米50g 桂枝・芍薬・甘草をガーゼで包み、大棗・生姜・大米と一緒に鍋に入れ、お粥にする。この方は営衛不和に有効する。

党参
党参10g 黄芪12g 白朮10g 防風6g 煎じて飲む。毎日2回服用する。

黄芪
①黄芪20g 大米50g 先ず黄芪を煎じて(20分位)渣を取り出して捨てる。黄芪汁に大米を加え、お粥にする。この方は固表止汗作用があり、気虚不固に有効する。 
②黄芪10g 大棗6個 糯米100g 先ず黄芪を煎じて(20分位)渣を取り出して捨てる。黄芪汁に大棗・糯米を加え、お粥にする。砂糖は少々加え食べる。
③黄芪30g 大棗20個 黒豆60g 煎じて飲む。毎日1剤、2回に分けて飲む。
④黄芪10g 黒豆50g 羊の胃袋1つ 適量の水を加え柔らかくまで煮る。
⑤黄芪15g 山薬15g 白蜜30g 甘草6g 茅根15g 先ず黄芪・茅根を煎じて渣を取り出して捨てる、山薬・甘草を粉末に研末する。黄芪・茅根の煎じ汁に山薬・甘草の粉末を入れ、膏状(濃い粘稠状)まで煮詰める。この方は滋陰益気・止汗作用があり、気陰両虚に有効する。

以下の食物・中薬は自汗盗汗に有効です。食べ方・作り方は省略します。
沙参、山茱萸、何首烏、当帰、太子参、人参、冬虫夏草
[PR]
by jbucm | 2015-02-02 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)