国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

<   2015年 05月 ( 7 )   > この月の画像一覧

素問・生気通天論篇第三③

【原文】陽気者、若天与日、失其所、則折寿而不彰①。故天運当以日光明、是故陽因而上、衛外者也②。因於寒、欲如運枢、起居如驚、神気乃浮③。因於暑、汗、煩則喘喝、靜則多言、体若燔炭、汗出而散④。因於湿、首如裹、湿熱不攘、大筋緛短、小筋弛長、緛短爲拘、弛長爲痿⑤。因於気、爲腫⑥。四維相代、陽気乃竭⑦。

【注釈】①陽気者、若天与日、失其所、則折寿而不彰:身体の陽気は天空にあるお日様のように、大変重要である。もし陽気の運行が失常になると、その重要な作用が発揮できなくなり、人の寿命が減少か夭折する、生命の機能が弱くなる。

②故天運当以日光明、是故陽因而上、衛外者也:天体の正常運行は、太陽の光があまねく照りわたることである。故に人体の陽気も上且つ外にあり、身体を保護し、外邪の侵入を防御ものである。

③因於寒、欲如運枢、起居如驚、神気乃浮:寒邪によるものは、陽気が束縛され、扉の回転軸が固定されたようにうまく回転できなくなる。もし生活リズムが急速になり、陽気を擾動したら、神気(臓腑の陽気)が外へ浮越し易い。『新校正』にとると、「欲如運枢」は「定如連枢」の誤りである。

④因於暑、汗、煩則喘喝、靜則多言、体若燔炭、汗出而散:暑邪によるものは、汗が多く煩燥し、ヒューヒューして喘ぐ、安静のときも言語が多い。身体に炭を焼いたような高熱があれば、発汗することで熱を散る。「靜則多言」について、『類経・疾病類・五』では「邪熱は傷陰して、精神が乱れるから、故に秩序のない話をよくする」と説明している。『素問釈義』では誤りと疑っている。

⑤因於湿、首如裹、湿熱不攘、大筋緛(ぜん)短、小筋弛長、緛短爲拘、弛長爲痿:湿邪によるものは、頭部が布に巻かれたように重い、湿と熱が重なり除去できなかったら、諸筋が損傷され、短縮或は弛緩になる。短縮されたものは痙攣となり、弛緩となったものは痿弱となる。「大筋緛短、小筋弛長」について、『素問経注節解・巻一』では、「大筋が緛短、小筋が弛長」ということではなく、大筋も小筋も緛短になったり、弛長になったりして、正常な伸縮機能が失うことであると説明している。

⑥因於気、爲腫:風邪によるものは、浮腫を招く。『素問直解・巻一』では、「風」のことであると説明している。『陰陽応象大論』にも「陽の気は天地の疾風で命名する」。

⑦四維相代、陽気乃竭:以上四種(四時)の邪気が互いに絡み合い絶えなく身体の周囲に存在し、交代して人体に侵入すると、陽気を耗竭させる。

【説明】本節は生理と病理二つの方面から、陽気が身体への重要性を説明した。陽気は身体にとって「若天与日」という存在であり、「陽気失常、衛外不固」だと、邪気が侵入し易くなり病気になると強調している。

「是故陽因而上、衛外者也、因於寒、欲如運枢、起居如驚、神気乃浮。因於暑、汗、煩則喘喝、靜則多言、体若燔炭、汗出而散。」の順序について、歴代の注釈は一致してない。『素問呉注』の注釈は比較的に合理であるので、それに従って次にように調整してみた:「是故陽因而上、衛外者也、欲如運枢、起居如驚、神気乃浮。因於寒、体若燔炭、汗出而散。因於暑、汗、煩則喘喝、靜則多言。」

こうすれば、その訳は「陽気は衛外、天の運転のように止まることがない。生活リズムが急速になり、陽気を擾動したら、神気が外へ浮越し易い。傷寒されると、身体に炭を焼いたような高熱がでる、発汗することで熱を散る。傷暑されると、汗が多く煩燥し、ヒューヒューして喘ぐ、安静のときも言語が多い。」これで、前後の連関性がよく、陽気の衛外機能が失常によって寒・暑・湿・風四種の邪気を感受した病証についての論述も臨床と一致となっている。


(李)
[PR]
by jbucm | 2015-05-28 10:02 | 中医学 | Comments(0)

費伯雄

こんにちは、周です。今回は医家・費伯雄の紹介です。

費伯雄(1800~1879年)は、字を晋郷と言い、江蘇省武進孟河鎮の人で、医家・費氏六代目の子孫にあたり、孟河費氏の中国医学思想を代表する人物であります。
費伯雄は幼い頃から学問を習い、詩文・琴・囲碁をよくしました。長ずるにおよんでは、医学の研鑽に励んで一家をなし、道光年間に、2度宮廷に応召され、皇太后の肺癰・道光皇帝の失音症を治癒しました。咸豊(1851~1861年)・同治(1862~1874年)年間には、江南一帯に彼の医名大振(有名となる)、遠方からの患者も大勢居ました。当時の孟河鎮は、医薬業が繁栄した小鎮(小さな町・地域)となっていました。

費伯雄は数十年の行医(医を就く)経験しました。臨床上「常病多くして奇病すくなし」と認識し、弁証・用薬上も「奇を呈して異を立てる」ことを潔しとせず、「醇正和緩」(純正で穏やか)であるべきことを説きました。このため、彼の処方の多くは穏やかで、実効を重視したものであり、「神奇を宿して平淡」と称賛されました。

残念ですが、彼が著した《医醇》書稿(計24巻)などは、咸豊年間にある戦火で燃やされました。太平天国戦乱の時期に、同治2年頃(1863年)《医醇謄義》(4巻)を完成させ、その中で難病を詳細に論じていて、特に虚労病の治療に優れ、近代における虚労病に対する名医とされています。その後、《医方論》(4巻)(1865年)を著しました。

彼の卓見は、中医学を発展させるには「執簡馭繁」(簡単なことは実行し、難しいことは巧く制御する)を守るべきであります。《清史稿》に、こう評価しています:「清末江南諸医、以伯雄最著」。その子孫(費繩甫・費賛臣)は、家学(父祖の医業)を継承して、名医の誉れ高かった人たちです。
[PR]
by jbucm | 2015-05-25 09:36 | 中医学 | Comments(0)
素問・生気通天論篇第三②

【原文】黄帝曰:夫自古通天者、生之本、本於陰陽①。天地之間、六合之内、其気九州、九竅、五藏、十二節、皆通乎天気②。其生五、其気三、数犯此者、則邪気傷人、此寿命之本也③。蒼天之気、清淨則志意治、順之則陽気固、雖有賊邪、弗能害也、此因時之序④。故聖人伝精神、服天気而通神明⑤。失之則内閉九竅、外壅肌肉、衞気散解、此謂自傷、気之削也⑥。

【注釈】①夫自古通天者、生之本、本於陰陽:古くから、天の気に通じることを生命の根本とされるが、この根本とは天の陰陽にほかならない。

②天地之間、六合之内、其気九州、九竅、五藏、十二節、皆通乎天気:天と地の間、六合以内、大きく言うと九州であり、小さく言えば人体の九竅、五臓や、十二節など、皆天の気と通じる。「六合」とは東西南北四方に上下を加え、即ち「天地之間」の意味である。「九州」とは広い大地を意味する。「十二節」とは四肢にある十二個の大関節を指す。

③其生五、其気三、数犯此者、則邪気傷人、此寿命之本也:天気(自然界)は五行を化生して、(陰陽の)気は(盛衰消長状況によって各)三つに分けられる(所謂三陰と三陽)。陰陽五行の規律を常に違反する者には、邪気が(その機体)を傷害する。(この規律に適応することは)寿命の根本である。

④蒼天之気、清淨則志意治、順之則陽気固、雖有賊邪、弗能害也、此因時之序:蒼天の気は清淨であれば、人の精神も平和である。天気の変化へ順応すれば、陽気が堅固になり、賊風邪気があっても、身体に危害を加えることがない、これは時序陰陽変化を順応する結果である。「清淨」とは天気が平穏であり、「志意治」とは精神が爽快であることを指す。「賊邪(ぞくじゃ)」とは、邪気のことである。

⑤故聖人伝精神、服天気而通神明:故に聖人は一意専心天気に順応して、陰陽変化の道理を精通する。「伝精神」とは精神力を集中すること。「服」とは順応である。「神明」とは陰陽の変化の意味である。「伝精神、服天気而通神明」は、「法於陰陽」、「和於陰陽、調於四時」などと同じ意味で、精神を専念し自然に順応して、人と自然の陰陽変化の協調性を保つことを強調している。これは「賊邪」を拒む法則であり、本篇の「生気通天」を説明する重要な意義所在である。

⑥失之則内閉九竅、外壅肌肉、衞気散解、此謂自傷、気之削也:(天気変化を適応する原則を)違反すると、内側では九竅が不通となり、外側では肌肉が壅塞され、衞気が渙散(かんさん)して固まらなくなる。これは自然変化に適応しないことであり、自傷と謂う、これで陽気がだんだん弱まる。

【説明】本段は主に人と自然との密接な関係を説明し、天気に順応して、神明を精通する重要性を強調している。これは、養生や病気の予防などだけではなく、病気の診断や治療にも意義がある。例えば、日月の動き、気候の寒熱、時令の移り変わりなどによって経穴や方薬などを選ぶことができる。なお、疾病の診察にも参考になる。『素問・四気調神大論』、『脈要精微論』、『疏五過論』などの篇節を参考して下さい。

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-05-21 10:00 | 中医学 | Comments(0)

藕節治痢

こんにちは、周です。今回は藕節治痢(藕節で下痢を治す)の話です。

藕節は、スイレン科Nymphaeceaeのハス Nelunbo nucifera.の根茎(藕)の節部です。秋冬に藕(蓮根)を収穫する際、節部を切り取って、キレイに洗って干したものであります。性味は甘・渋・平で、肝・肺・胃経に帰経します。収斂止血化瘀作用があり、収斂止血兼化瘀に働き、止血して留瘀の弊害がありません。各種の出血証(吐血・咯血・尿血・便血・崩漏下血)に用いられます。生藕節は止血化瘀に、藕節炭(炒炭)は収渋止血に働きます。

f0138875_15243883.jpg


民間では、廉価で・しかも入手し易い藕節を利用する経験方が数多くあります。例えば、藕節6~7個を杵で突き砕く、適量の黒砂糖を加え煎じて服用します、この方は止血効果があります。藕節と緑茶ブレントして、血液の浄化・消化の促進に効果があります。

≪本草綱目≫に、こう記載してあります:能止咳血、唾血、血淋、溺血、下血、血痢、血崩。

藕節治痢の故事を紹介します。
南宋隆興元年に、高宗趙構が引退し、孝宗は皇位を継承しました。孝宗皇帝は生活奢侈で、山珍海味(山の幸・海の幸)を食べ尽くして飽きましたので、今度は湖蟹を食べたいです。暫くして、毎日西湖の蟹を食べ続けて、痢疾を患い(1日数回瀉下する)ました。御医(皇帝の専属医者)に「冷痢」と診断されて各種の薬を投与されましたが、効果はありませんでした。朝廷と父親の高宗は不安となり、高宗は「冷痢」を治療する特効薬を探すため、微服私訪(普段の格好で民間を訪問する)しました。
ある日、高宗が薬市場に行きました。その市場に沢山の藕節を売っていて、皆が藕節を購入する光景を見て、高宗は薬師(薬剤師、中医師)に、「藕節を買って何に使う?」と聞きました。薬師は、「今痢疾は流行していて、藕節は痢疾を治療する良薬ですよ」と答えました。その答えを聴いた高宗は、薬師を皇居に居る孝宗に案内し、孝宗を診察してもらいました。薬師は、孝宗を診察した後、こう言いました:「陛下過食湖蟹、傷及脾陽、故成冷痢。正可用藕節治之」(陛下は湖蟹を過食して、脾陽を損傷され、冷痢となった。藕節を使い冷痢が治せる)。すると、孝宗は薬師に言われた通りにして(藕節を金杵で突き砕く、熱酒で調服する)、下利が治りました。
[PR]
by jbucm | 2015-05-18 09:30 | 中医学 | Comments(0)
素問・生気通天論篇第三①

篇名について

「生気」についての注釈は、幾つがある。『素問経注節解・巻一』では、「生気とは、生き生きとした気力で、陽気である」と解説している。『素問直解・巻一』では、「生陽の気、そのもとは陰精であり、互いに資生と滋養し、陰陽の気となる。これら皆生気と為す」。故に、生気は生命の気であり、陰陽の気を指す。本篇の最初にも「生之本、本於陰陽」と指摘しているから、『素問直解』の注釈がより適切である。しかし、本篇は陽気が生命へ(生理、病理を含む)の重要性を長く論述しているから、故に、「生気」を狭義的に陽気と釈義しても宜しい。

「通」とは相応、貫通の意味である。「天」とは自然界を指す。

本篇は主に、人体の陰陽が自然界の陰陽と一つ一つ密切な関係を持ち、相互貫通している道理とその意義を討論している。故に『生気通天論』と名づけている。『素問直解・巻一』では、「生気通天とは、人体陰陽五行の気が次から次へと生じてやまなく、上に天と通じる」と説明している。

本篇の主な内容:

1.「天人相応」の観点により、「賊風邪気」が人体を損傷するときの病変を詳しく討論する。

2.天の太陽を人の陽気を喩え、陽気が人体の生理機能への重要性を説明する。なお、陽気失常の病理変化及びその機理を例に挙げる。

3.陰精と陽気との相互関係を強調し、陰陽の協調が人体健康への重要性を説明する。陰陽失調なら、病気になる。

4.「四時之気、更傷五臓」、「陰之五宮、傷在五味」の病理規律を論述する。

本篇を勉強する目的:

1.陽気が人体の生理、病理への重要作用及び臨床意義を把握する。

2.陰精と陽気との相互関係を把握し、「陰平陽秘、精神乃治;陰陽離決、精気乃絶」の道理を理解する。

3.風、寒、暑、湿など外感邪気及び飲食五味不適当での致病特徴及びその機理を把握する。

4.「煎厥」、「薄厥」の病因病機と臨床症状を把握する。

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-05-14 10:15 | 中医学 | Comments(0)

親賢臣、遠小人

こんにちは、周です。今回は「親賢臣、遠小人」(賢臣に親しみ、小人を遠ざける)を紹介します。

出典は『蜀書・諸葛亮伝』です。
賢臣は賢明・実直な家臣、小人とは大人の反対語ではなく器量の小さい人・悪党を言います。諸葛孔明が蜀の後主(二代皇帝)・劉禅(阿斗、劉備の子)に対して出師表(諌言)の中にあるフレーズであります。
孔明は、前漢王朝が興隆した理由として、初期の皇帝が「親賢臣、遠小人」を徹底したことと、後漢王朝が滅亡した理由として、桓帝や霊帝が「遠賢臣、親小人」(小人に親しみ、賢臣を遠ざける)をあげ、劉禅に自戒を促したのであります。孔明はさらに賢臣として暗に名をあげたのは、侍中の郭攸之・尚書の陳震・長史の張裔・参軍の蒋琬らといった者たちでありました(侍中・尚書・長史・参軍は官職名である)。
但し、「忠言逆耳」(忠言耳に逆らう)という諺がありますが、暗愚な劉禅は孔明の奏請に沿って蒋琬を大将軍に任命して、国政の全権を他人に委ねたものの、自身が国政に関与しなくなりました。その後、賢臣たちが相次いで亡くなり、劉禅は酒色(酒と女)に溺れ、孔明の諌言を無視し、宦官の黄皓を近づけて蜀の滅亡を速めてしまいました。

出師表にこう記載しています:
親賢臣、遠小人、此先漢所以興隆也。遠賢臣、親小人、此後漢所以傾頽也。後諸葛亮逝。後主以亮之遺命任用蒋琬爲大将軍、総理国事。後蒋琬歿。後主遂寵信宦官黄皓、沈溺於酒色、黄皓得以干預朝政、操弄権柄。司馬昭起兵伐之、終滅蜀国。
[PR]
by jbucm | 2015-05-11 09:30 | 中国語 | Comments(0)
素問・五蔵生成論篇第十⑧

【説明】本段(前々回と前回の分)は疾病の診治に「欲知其始、先建其母」について討論した。一般的に、これらの病証の機理を探求するには、経脈の循行部位及び所属の臓腑から考えるべきである。例えば、頭痛など巓頂部位の疾患を例として、邪実が上にあるものは、その病変が足太陽膀胱経にあると考える。これは、足太陽経が全身の表を主り、その循行方向が頭項から下へと言う特徴があるからである、治療は宣邪解表が宜しい。また、下部の虚証に属するのもある、例えば腎経虚寒で、陽気が上に達せず頭痛を引き起こした証には、補腎法での治療が宜しい。なので、病が存在する経と臓を確定し、虚と実を弁別したうえで有効な治療を行うべきである。

なお、五脈の診法及び色脈合参について詳しく説明し、脈診も色診も胃気の存在が大事だと提起している。色診に胃気が存在する表現は、どんな色でもやや黄色みを帯びること;脈診に胃気が存在する表現は、どんな脈でも和緩の脈象を兼有することである。これは望診と切診の原則であり、重要な臨床意義がある。

本段経文に、脱字がある。例えば、「頭痛巓疾、徇蒙招尤、腹滿瞋脹」のところに、上下虚実、厥冒があるが、「咳嗽上気、心煩頭痛」のところはない。また、「甚則入腎」と「甚則入肝」だけ記載してある。

 本篇の纏め:①五臓と五体、五華の関係、五味が五臓に入るなどの理論は、『内経』の理論体系の中に五臓の機能活動系統に重要な部分であり、臨床で病理の分析、及び疾病の診断への理論根拠である。

②五色生死の原則について、2つポイントがある。其の一は、五色(常色)に潤って含みがあることで、五臓の気が衰えてないのである;其の二は黄色みを帯びることで、胃気が存在しているシンボルである。

③「此四支八谿之朝夕」という説により、「諸脈者皆属於目、諸髓者皆属於脳、諸筋者皆属於節、諸血者皆属於心、諸気者皆属於肺」という理論を提起し、この理論も「臓象学説」の重要な理論である。

④五脈診法及び色脈合参については、「欲知其始、先建其母」という診断と治療の観点を提唱している。

では、本日をもって「臓象学説」の勉強は一段落にします。次は、「病因病機学説」を勉強しましょう。

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-05-07 10:00 | 中医学 | Comments(0)