カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2015年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(十)

素問・生気通天論篇第三⑩

【説明】本段は、五臓が関連する整体観念を反映し、これに通じて、陰の「本」及び陰の「所傷」について詳しく解明している。なお、飲食五味の偏りが身体を損傷することを指摘し、養生の指導や病機の分析、及び臨床治療などに一定的な意義がある。

 飲食五味は人体に「養」と「傷」という二重の作用がある。飲食五味から化生した精微が五臓を滋養するので、「五臓精気の源」である。一方、五味の摂取が偏ることによって「太過」が発生し五臓を損傷し、五臓間の平衡と協調関係が破壊され、病変となる。『素問・至真要大論』に、「五味が胃に入り、それぞれ好きな場所に行く。故に、酸は先に肝に入る、苦は先に心に入る、甘は先に脾に入る、辛は先に肺に入る、咸は先に腎に入る。(各臓の)気を補益する、これは正常である。しかし、気を増加し過ぎると、病気を引き起こす原因となる」と指摘した。これは、「水は舟の運行通路であるが、舟を浸かるものでもある」と同じ道理である。

飲食五味は人体の生命活動を維持する物質的基礎である。飲食五味が調和であれば、五臓の精気は充満し全身を養うことができ、臓腑の陰陽も協調できる。それで正常に発育し、骨格が丈夫、筋脉が柔和、気血が流暢、腠理が緻密であり、健康な身体となる。しかし、飲食五味が失調な状態、つまり五味が偏りになれば、五臓に害が発生する。故に、「謹和五味」は養生の重要な法則の一つである。

飲食五味の偏り(太過)で臓腑を損傷する規律について、一般的では先ず本臓を損傷する。例えば、酸味を過食する場合は、先に肝を損傷する。その後、本臓の機能が失調でそれと相乗や相克など関連している臓に及んで多種の病変が発生する。

上文にある「大飲」、「膏梁之変」と『素問・上古天真論』にある「飲食有節」などの内容に合わせると、飲食の調節には、食材の質、量、種類や食事を摂る時間など多方面が含まれていることが分かる。

なお、この「五味入五臓」という理論は陰陽学説によるものである。実際は、五味がそれぞれ単一の臓に入るだけではなく、その臓と特殊な親和力があることを説明しているだけである。故に「先に○臓に入る」といっている。『素問・五蔵生成論』にも本篇と違う角度から視る(本臓が克される臓を病変させる)関連記載があり、合わせて勉強すると良い。飲食五味による損傷は複雑で、なお体質など多方面の素因にも影響を受けるため、臨床では、実際に現れた症状で具体的な分析するべきである。また、このように原文を理解して欲しい。

では、今回を持って本篇の勉強を終わりにします。8月は夏期講習の内容を連載したいので、9月からまた、続けて病因病機学説に関する『霊枢・五変』を勉強したと思います。

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-07-30 10:22 | 中医学 | Comments(0)

平成27年10月生募集説明会

7月25日(土)午後2時より、国立北京中医薬大学日本校、平成27年10月生募集説明会を予定通り開催致しました。お暑いとご多忙中、全国から大勢の方々がお集まり頂き、有難うございました。

植松 捷之理事長より、開会のご挨拶と日本校の運営体制などを紹介致しました。
f0138875_13452292.jpg


高 鶴亭学長が北京にいるため、今回の説明会に参加できませんでした。教務担当の李 宏は高学長が送られてきた挨拶文及び北京中医薬大学北京本校の現状を紹介しました。
f0138875_1346514.jpg


その後、北京中医薬大学本校から派遣されている韓教授から御挨拶を頂きました。
f0138875_132743.jpg


当校の卒業生(薬膳専科・気功専科・中医中薬専攻科を卒業し、現在気功科研究科に在籍、薬膳専科講師、北京中医会副会長)・鳳 寛子先生「中医学を学ぶ心得」などの話をして下さいました。
f0138875_1349390.jpg


最後は、教務担当の李 宏が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等について説明しました。

説明会をご参加できなかった方は、ご都合のよい時学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問、または資料請求の場合は、こちらにE-メールinfo@jbucm.com、又は、 電話: 03-3818-8531 FAX: 03-3818-8532にご連絡下さい。
[PR]
by jbucm | 2015-07-27 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(九) 

素問・生気通天論篇第三⑨

【原文】陰之所生、本在五味;陰之五宮、傷在五味①。是故味過於酸、肝気以津、脾気乃絶②。味過於咸、大骨気労、短肌、心気抑③。味過於甘、心気喘滿、色黒、腎気不衡④。味過於苦、脾気不濡、胃気乃厚⑤。味過於辛、筋脈沮弛、精神乃央⑥。是故、謹和五味、骨正筋柔、気血以流、腠理以密、如是則骨気以精⑦、謹道如法、長有天命⑧。

【注釈】①陰之所生、本在五味;陰之五宮、傷在五味:陰精の源は飲食五味である;貯蔵陰精の五臓は、五味(の不適切な摂取)による損傷がある。「五宮」とは、五臓のことである。

②味過於酸、肝気以津、脾気乃絶:酸味を摂取し過ぎると、肝気が溢れて亢盛する、脾気衰弱を引き起こす。『素問釈義』では「肝の性質は昇散であり、酸味が肝経に入り、収斂を主る、肝気が収斂し過ぎると鬱になる、脾土を相乗する」と言っている。

③味過於咸、大骨気労、短肌、心気抑:咸味を摂取し過ぎると、骨格を損傷し、筋肉が短縮して、心気が抑制される。『素問集注・巻一』では「咸味を過食すると傷腎し、水邪盛で侮土し、故に筋肉が短縮する。水気凌心だから心気が抑鬱となる」と言っている。

④味過於甘、心気喘滿、色黒、腎気不衡:苦味(『太素・巻三・調陰陽』によると、「甘」は「苦」である)を摂取し過ぎると、心気が満悶して動悸が発生する;顔色が黒くなり、腎気のバランスが崩れる。心火不足なので腎水が相乗する、故に腎気が消耗し過ぎでバランスが崩れる。

⑤味過於苦、脾気不濡、胃気乃厚:甘味(『太素・巻三・調陰陽』によると、「苦」は「甘」である)を摂取し過ぎると、脾気が濡潤し過ぎで湿盛となり、(『太素・巻三・調陰陽』によると、「不」は誤字である)、胃気壅滞になる。

⑥味過於辛、筋脈沮弛、精神乃央:辛味を摂取し過ぎると、筋脉が緩くなり、精神も傷つけられる。辛味は肺経に入るから、辛味と過食すると肺気乗肝して、肝が主る筋脉が緩くなる。「央」とは尽きる、終わるという意味である。辛は散気するので精神も傷つけられる。

⑦謹和五味、骨正筋柔、気血以流、腠理以密、如是則骨気以精:慎重に五味を調和すれば、骨格が丈夫になり筋脉が柔和になる、気血が通暢し腠理が緻密となる。こうすると、骨格や気血などが健康である。「骨気」とは上文にある骨・筋・気・血・腠理の総称である。

⑧謹道如法、長有天命:故に、養生の「道(どう)」を重視しかつ正確な方法で養生すれば、生命力が長期間保たれ、天命まで生きられる。ここの「道」と「法」とは、「謹和五味」など養生の法則を指す。「天命」とは自然の寿命である。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-07-23 10:31 | 中医学 | Comments(0)

「単味」良方の紹介です。その17 


こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。その17 

咳嗽

羅漢果
羅漢果2個 砕いて煎じる、就寝前に服用する。この方は化痰止咳、潤腸通便作用がある。

白果(銀杏)仁
白果仁20g 粳米200g 砂糖20g 先ず白果殻を割って中身を取り出し、熱い梘水(かんすい、中華そば・ちまきを作る時に発酵材として天然ソーダの水)で白果仁の薄皮を剥く。水で洗った後、粳米と一緒にお粥にして、砂糖を加え少々加熱したら出来上がる。この方は止咳平喘、固腎補肺作用がある。
注意事項:小毒があるので、小児(肝臓の解毒機能が未発達のため)には特に要注意である。食べ過ぎないようにする。

款冬花
款冬花10g 熱湯で沖泡する。お茶代わりに飲む、5日を継続して服用する。この方は慢性咳嗽、胸脘悶、食欲不振に有効する。

百合
百合50g 薏苡仁50g 桔餅(甘橘類の加工品、図を参照下さい)50g 糯米100g 砂糖適量 薬米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。砂糖で味を調える。この方は日久(長期間)咳喘、肺炎の後期、百日咳、肺結核に有効する。

川貝母
①川貝母3~6g 梨1個 梨を横半分で切って、芯を取り除く。川貝母を梨の孔(芯をとった後に空いてるところ)に入れ、梨の半分を戻して、竹串で固定する。炖盅に入れ炖する。毎日1回服用する。氷砂糖を加えても良い。この方は秋の燥邪を感受した傷津、咳嗽少痰、咽乾疼痛、咯きにくい粘りある痰などに有効する。
②川貝母10g 浙貝母8g 梨2個 梨は皮を剥き、芯を切り取って捨て、乱切りにする。上記ものを炖盅に入れ、40分位炖する。

甘草
甘草・蜂蜜・酢各適量 上記ものを煎じて服用する。毎日3回服用する。

熟附子
熟附子10g 乾姜5g 葱白2本 大米100g 黒砂糖少々 先ず熟附子・乾姜は1時間位煎じ、渣を捨てる。その煎汁に大米と水を加え、3分粥(薄く炊ける)にする。葱白・黒砂糖を入れ、3分間後に火を消す。1日中2~3回に分けて服用する。

以下の食物・中薬は咳嗽に有効です。食べ方・作り方は省略します。
青黛、靈芝、胎盤、西洋人参、威霊仙、胡麻、サトウキビ、白茅根、杭菊、胖大海、天冬、黄精、玉竹、大根、クラゲ、クロクワイ、沙参、西瓜、荷葉、枇杷葉、木瓜、茶葉、杏仁、細辛、山薬、石葦、月季花
[PR]
by jbucm | 2015-07-20 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(八)

素問・生気通天論篇第三⑧

【説明】本節は人体陰陽の弁証関係を論述し、飲食など生活の不摂生による陰陽の偏盛と偏衰の病機病証を挙げ、陰陽協調の重要性、及び陽気が主導的であることを強調している。

陰精と陽気は相互依存、互いに用いる。原文は「蔵精」と「衛外」という言葉で人体陰陽の主な機能を概括し、「起亟」と「爲固」という言葉で陰陽の互用関係を説明している。これは『陰陽応象大論』にある「陰在内、陽之守也;陽在外、陰之使也」と同じ意味である。なお、「孤陽不生、独陰不長」もこれと同じ意味である。

古代の医家は、陰と陽の運動変化及び相互関係は人体の健康や生理病理などに大きい影響を与えていると認識している。なお、陽気の主導的作用も強調している。例えば、陰陽の性質では静穏がよろしきで、躁動が忌み嫌う(例えば本篇の「陽気者、精則養神、柔則養筋」、「陽気者、煩労則張、精絶」、「陽気者、大怒則形気絶」など)。なお、陰陽両者の調和であることを強調している(例えば「陰平陽秘、精神乃治;陰陽離決、精気乃絶」など)。ある意味では、臓腑、経絡の失調、六気の異常、邪正虚実などの病機も皆陰陽の失調に属すると言える。

「四時の気、更傷五臓」に関して、『内経』の中では数回論述している。本篇の他に、『素問・陰陽応象大論』に「冬傷于寒、春必温病;春傷于風、夏生飧泄;夏傷于暑、秋生痎瘧;秋傷于湿、冬生咳嗽;これは四時の順序である」があり、『霊枢・論疾診尺』にも同じような記載がある。これらは、季節の邪気を感受したら、必ずしも其の時に本臓を損傷して発病とは限らなく、邪気が体内に停留し、後になってから他臓を損傷して発病することを説明している。なお、一定な規律があることも説明している。

つまり、日常生活を規律正しくする、飲食と労作を摂生することは、臓腑の養いと陰陽の調節、疾病の予防のとても重要な意義がある。

(李)
[PR]
by jbucm | 2015-07-16 10:21 | 中医学 | Comments(0)

王冰


こんにちは、周です。今回は医家・王冰の紹介です。

王冰は、号を啓玄子(啓元子)と言い、生没年・本籍とも不詳ですが、唐代の景云元年(710年)から貞元20年(805年)年間にかけた人と推定されています。唐代の宝応中(762~763年)に太僕令(官名、牧畜を管理する)に在職したことから、後世は王冰を王太僕と称しています。

王冰が中医学に大きな貢献したのは、《黄帝内経素問》を補注したことであります。彼が整理・注釈した《素問》は、その後の千年余りに広く流伝し、中医学を学習や研究する重要な根拠となっています。王冰は若くして養生に関心を寄せ、中医学を学びました、特に《黄帝内経》に研鑽と探究しました。天宝9年(750年)から宝応元年(762年)、十二年間をかけて《素問》24巻、合計81篇を完成させました。同書の運気七篇(「天元紀大論」、「五運行大論」、「六微皆大論」、「気交変大論」、「五常政大論」、「六元正紀大論」、「至真要大論」)が注釈を補塡されました。それは後世の運気学説の本(元)となっています。また、辨証論治に関する理論についての見解もあります。例えば元陽之虚を治療するには、「益火之源、以消陰翳」。真陰之竭を治療するには、「壮水之主、以制陽光」を提唱しました。これは臨床治則の名言になっています。

王冰の運気学説に対する研究や著述は多く、《玄珠》(宋代に逸失)、《玄珠密語》10巻、《昭明隠旨》3巻、《天元玉冊》30巻、《元和紀用経》1巻などがあります。ただ、これらの書物が王冰の名を仮託して後人(別人)が著わしたものとされています。
[PR]
by jbucm | 2015-07-13 09:30 | 中医学 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(七)

素問・生気通天論篇第三⑦

【原文】岐伯曰:陰者、藏精而起亟也;陽者、衛外而爲固也①。陰不勝其陽、則脈流薄疾、并乃狂;陽不勝其陰、則五藏気爭、九竅不通②。是以聖人陳陰陽、筋脈和同、骨髓堅固、気血皆從③。如是則内外調和、邪不能害、耳目聰明、気立如故④。

風客淫気、精乃亡、邪傷肝也⑤。因而飽食、筋脈横解、腸澼爲痔。因而大飮、則気逆。因而強力、腎気乃傷、高骨乃壞⑥。凡陰陽之要、陽密乃固⑦。兩者不和、若春無秋、若冬無夏。因而和之、是謂聖度⑧。故陽強不能密、陰気乃絶⑨、陰平陽秘、精神乃治;陰陽離決、精気乃絶⑩。

因於露風、乃生寒熱⑪。是以春傷於風、邪気留連、乃爲洞泄⑫。夏傷於暑、秋爲痎瘧⑬。秋傷於湿、上逆而咳、發爲痿厥⑭。冬傷於寒、春必温病⑮。四時之気、更傷五藏⑯。

【注釈】①陰者、藏精而起亟也;陽者、衛外而爲固也:陰は、体内に精気を蔵し、陽気を支えるものであり;陽は、体外で身体を保護し、体表を丈夫にさせる者である。陰精と陽気は互いに助け合うことを説明している。

②陰不勝其陽、則脈流薄疾、并乃狂;陽不勝其陰、則五藏気爭、九竅不通:陰が陽に勝たないと、陽気亢進になり、血脈の流れが速くなり、狂病に併発する;陽が陰に勝たないと、陰気が亢進になり、五臓の気が不調和になったり、九竅が不通になってしまう。「并」とは併発である。亢進した陽気がさらに熱邪にあうと、狂病が発生する。「五藏気爭」とは、五臓の気機が不調和という意味である。

③是以聖人陳陰陽、筋脈和同、骨髓堅固、気血皆從:故に、聖人は陰陽を協調させ、どちらにも偏らずで、身体の筋脈が調和、骨髓が堅固、気血が順調にさせる。「陳陰陽」とは陰陽を調和させることを謂う。

④如是則内外調和、邪不能害、耳目聰明、気立如故:こうすると、身体の内外が調和し、邪気が侵入できず、耳目が聰明し、精気も正常に運行できる。「気立如故」について解釈が幾つあるが、王氷氏は「気」を「真気」、「立」を「独立」と解釈している。なお、「立」を「行」であるという解釈もあり、故に「気立如故」は精気が正常に運行することである。

⑤風客淫気、精乃亡、邪傷肝也:風邪が人体に侵入すると、淫乱の気となる。内臓に侵入すると陰精も日を追って耗竭する、これは、邪気が肝を損傷したのである。

⑥因而飽食、筋脈横解、腸澼(へき)爲痔。因而大飮、則気逆。因而強力、腎気乃傷、高骨乃壞:もし飲食を取り過ぎると、気機の昇降を妨げ、筋脈が緩くなったり、腸澼や痔疾などの病証が発生する。もし飲酒し過ぎると、気機上逆を引き起こす。もし体力を使い過ぎると、腎気が損傷され、腰部の脊骨も損傷される。

⑦凡陰陽之要、陽密乃固:陰陽の大事なのは、陽気の緻密である。陽気が緻密であれば、陰気が体内で固守できる。「陽密乃固」は、陰陽の関係に陽気が重要な作用を強調している。

⑧兩者不和、若春無秋、若冬無夏。因而和之、是謂聖度:陰陽二者が調和できなければ、一年の中春があって秋がない、冬があって夏がないのようになる。陰陽が協調し合うことは、正常な生理状態に保つ最も高い基準である。「聖度」とは、聖人が陰陽を調養する法度である。

⑨故陽強不能密、陰気乃絶: 陽気が亢盛して固密できなければ、陰気が耗竭される。「陽強」は陽亢を指す。

⑩陰平陽秘、精神乃治;陰陽離決、精気乃絶:陰気が平和、陽気が固密してあれば、人の精神が正常状態に保たれる;陰陽が分離していれば、人の精気もそれに従って耗竭される。

⑪因於露風、乃生寒熱:風寒などの邪気を感受すると、寒熱が発生する。「露」は「ぶつかる、接触する」の意味で、「風」は広く六淫邪気を指す。

⑫是以春傷於風、邪気留連、乃爲洞泄:春の風邪による損傷は、邪気が体内に停留して、急な泄瀉が発生することがある。「洞泄」は泄瀉である。

⑬夏傷於暑、秋爲痎瘧(かいぎゃく):夏の暑邪による損傷は、秋に瘧疾が発生することがある。

⑭秋傷於湿、上逆而咳、發爲痿厥:秋の湿邪による損傷は、邪気が上逆して咳嗽する、さらに痿厥病が発生することがある。「痿厥」は痿証である。

⑮冬傷於寒、春必温病:冬の寒邪による損傷は、翌年の春になると温病が発生することがある。

⑯四時之気、更傷五藏:四時の邪気が交替で人体の五臓を損傷することがある。

(続く)
[PR]
by jbucm | 2015-07-09 10:55 | 中医学 | Comments(0)

乱世姦雄

こんにちは、周です。今回は「子治世之能臣、乱世之姦雄」(あなたは治世の能臣、乱世の姦雄)を紹介します。

『魏志・武帝紀』にあり、曹操に対しての文人・許劭の言葉であります。子とはあなた、能臣とは才能ある臣、姦雄とは悪知恵に長けた英雄を指します。許劭は曹操を「乱世姦雄」と評した第一人であります。

許劭(生没年不詳)は字を子将といい、東漢末年の文人で、汝南郡平与(今の河南)の人で、人物評を得意としました。《辞海》に彼に対しての評価は「有名於世、喜評論人物」であります。史書には「少峻好名、好人倫」と称賛します。その人柄は人々に敬愛されていました。

当時の汝南郡の文人は、毎月の月初め(月旦)に行う人物評の会は有名でありました。のちに、人物評のことを「月旦」というのは、許劭が月初めに開いた人物評の会にちなみます。許劭が率いた「月旦」人物評は公正性・正確性を有するので、官府(政府機関)も人物評を見て官職を与えます(適才適用)。諸国の領主は許劭の好評を博した人物を争うようになっていました。「月旦」が有名なのを聞いた青年の曹操も許劭のところへ行き、自分の人物評を乞いました。しかし、許劭は口を開こうとしません。許劭は曹操の顔を一目見て「この男は、ただの人物ではない」と思いました。
曹操の再三問いと威嚇に、許劭はようやく重い口を開き、「子治世之能臣、乱世之姦雄」(君は平和な時なら才能ある官吏で、乱世には姦雄になるでしょう)と評しました。「乱世の姦雄」と評された曹操が大笑いながらその場を去りました。

曹操が「乱世の姦雄」をどう理解したのは、後世は知りません。
[PR]
by jbucm | 2015-07-06 09:30 | 中国語 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(六)

素問・生気通天論篇第三⑥

【説明】本節は前文に続いて陽気の生理機能や、陽気失常による病変、及び陽気を養う方法などを論述し、後世への臨床での病因弁証や治療、養生などに理論的な基礎を築いた。

「陽気者、精則養神、柔則養筋」は陽気が身体における温養機能を明かしている。人体の全ての生命活動は陽気による温養と保護が欠かせない。

「風者、百病之始」という観点は風邪が六淫の始め、他の外邪はよく風邪に伴って人体へ侵入し、各種の病証を引き起こすということを説明している。なお、陽気の清静(精神の安定と適切な労逸)を保つことは外邪の侵入を防ぐ法則である。

本節は、昼夜に陽気の消長規律を説明している。「平旦人気生、日中而陽気隆、日西而陽気已虚」は人体生命活動のリズムの一つであり、人が自然界の陰陽変化に相応的反映である。このリズムに従うことは、養生、疾病の予防、針灸及び薬での治療などに重要な意義がある。この部分は『素問・四気調神大論』、『金匱真言論』、『陰陽応象大論』、『診要経終論』など篇に合わせて研究すると、人体の気血運行が年、季、月、日の節律との臨床意義について、より全面的に理解できる。

最後は、陽気病変の予後及び陽熱実証の治療原則を指摘している。陽気が「衛外不固」なら、六淫が侵入し易い。早めに治療しない、或は不適当な治療をすると、邪気が身体に留め内伝したり、或は多種の病証に変わったりして予後は良くない。実証の病変は「陽畜積病死」の可能性があり、故に「隔者当写、不亟正治、粗乃敗之」と論述している。これらは、陽熱実証への認識と治療に啓発となっている。


(李)
[PR]
by jbucm | 2015-07-02 10:08 | 中医学 | Comments(0)