国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

<   2015年 08月 ( 5 )   > この月の画像一覧

夏季講習会(その4)

こんにちは、先週土日(8月29日・30日)夏季講習会(その4)を行われました。今回は韓先生からの「婦人科疾病の中医治療における補益剤の応用」でした。
f0138875_1425131.jpg

講座は中国歴代中医婦人科の専門家が婦人病(月経病、帯下病、妊娠産後病など)治療に補益薬を応用した臨床経験及び現代研究成果を紹介しました。韓先生は現代医学(西洋医学)と中医学理論を結合し、中医学の角度から、分かり易く解説を頂きました。
ここで、補気薬の代表薬―人参を抜粋して紹介します。

人参
効能:固脱止血、補脾益腎
応用:
①血崩証 単味(独參湯)或いは他の薬を配合して(参附湯、生脈散)使う。
②月経病 脾腎気虚によるもの。
脾気虚の場合、白朮・黄耆・白芍・当帰・熟地黄を配合する。
腎気虚の場合、熟地黄・山薬・山茱萸・杜仲・枸杞を配合する。
③帯下病 白朮・山薬を配合する。
④妊娠病 脾気虚による胎動不安の場合、続断・黄耆・白朮を配合する。
腎気虚或いは腎陽虚よる胎動不安の場合、菟絲子・続断・阿膠を配合する。
気血両虚による胎滑の場合、黄耆・白朮・続断を配合する。
腎虚による習慣性流産の場合、続断・菟絲子・杜仲を配合する。
腎気虚或いは気血両虚による胎萎不長(胎児が発育不良である)の場合、当帰・熟地黄を配合する。
妊娠嘔吐(つわり)の場合、乾姜を配合(1対1の比例で、粉末にして米湯で送服する)する。
胎位不正(例:逆子)の場合、黄耆・枳殻・当帰を配合する。
⑤産後気血虚証 
産後血暈の場合、紫蘇を配合する。
産後諸虚発熱自汗の場合、当帰を配合する。
⑥婦人雑病 腎気虚或いは腎陽虚よる摂精成妊が不能(懐妊できない)の場合、熟地黄・鹿角霜・菟絲子を配合する。
用法用量:補脾益腎5~10g、固脱止血15~30g (日本人は減量して3~5g、9~20g)
現代研究:人参は性腺ホルモン様の作用や下垂体のFSH・LH(卵胞刺激ホルモン・黄体刺激ホルモン)の分泌を促進することができる。

4回にわたって今年の夏期講習会の紹介させて頂きました。ご覧になっていただき、ありがとうございました。来年のご参加を、お待ちしております。
[PR]
by jbucm | 2015-08-31 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

夏季講習会(その3)

こんにちは、先週土日(8月22日・23日)夏季講習会(その3)を行われました。内容は解剖学(担当:李 紅岩先生)です。

以下の内容を講義しました。
一、解剖学の概論
二、解剖学の用語
三、組織と細胞
四、動脉・静脈の分布
五、骨格系
六、関節と靱帯
七、筋系
八、神経系
f0138875_11541099.jpg

[PR]
by jbucm | 2015-08-24 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

木瓜

こんにちは、周です。今回は生薬―木瓜の話です。

木瓜は、バラ科Rosaceaeのボケ Chaenomeles lagenaria Koidz カリンC.sinensis Koehnno
成熟果実であります。中国の安徽、浙江、湖北、四川に分布します。中国の安徽宣城産の木瓜(宣木瓜)が良質とされています。性味は酸・温で、肝・脾経に帰経します。舒筋活絡・化湿和胃作用があります。風湿痺痛、筋脈痙攣、脚気による下腿浮腫、霍乱転筋(霍乱の吐瀉に伴う筋肉痙攣)に用いられます。消食にも働きますので、消化不良証にも有効します。

≪本草綱目≫に、こう記載してあります:木瓜所主霍乱吐利(吐瀉ともいう、嘔吐と下痢)転筋、脚気、皆脾胃病、非肝病也。肝虽主筋、而転筋則由湿熱、寒湿之邪襲傷脾胃所致、故転筋必起於足腓、腓及宗筋(人体部位名、陰器)皆属陽明。

宣木瓜は古くから花木を観賞用で、果実は薬用として使われています。南宋の詩人・楊万曾は、宣木瓜を詠む詩を残りました:
天下宣城花木瓜
日華沾露綉成花
f0138875_11563721.jpg


木瓜の由来を紹介します。
ある人は脚気による下腿浮腫のため走行不能となっています。舟に乗り、故郷を帰ります、浮腫している脚を舟に置かれている布囊(布制の袋)の上に置きます、下船する際、浮腫している脚が楽になりました。布囊に何か詰めているかを舟夫(船頭)に確認しますと、「宣木瓜也」(宣木瓜だよ)と答えられました。
その後、布囊に宣木瓜を詰めて脚に当てて、脚を治癒しました。

附:宣木瓜と番木瓜
番木瓜は果物・パパイヤのことです、消食健胃化積作用があります。広州の四大名果(ライチ、バナナ、パパイヤ、パイナップル)の一つであります、万寿果とも言い、原産はメキシコで、17世紀から中国へ入り、広東省の各地に栽培されていますが、広州市のほうが最も集中しています。
[PR]
by jbucm | 2015-08-17 09:30 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、先週の土日(8月8日・9日)夏季講習会(その2)を行われました、今回はその内容を紹介します。

「夏・長夏の薬膳料理・薬膳に使える中薬」のテーマに沿って、中医食養学会の鳳寛子先生・村岡奈弥先生、田中康子先生の丁寧にご指導して下さいました。

午前(10~12時)は鳳寛子先生より、「夏・長夏の薬膳」を講義して頂きました。
f0138875_1346553.jpg


午後は、よく雑誌やテレビ番組で目にかかります、村岡奈弥先生が、夏・梅雨の薬膳料理方法を解説しながら、演じて下さいました。今回のメニューは、①緑豆カレー②苦瓜とセロリのサラダ③ラッシー でした。
f0138875_13473835.jpg

f0138875_13482180.jpg


最後に、田中康子先生からの「夏の薬茶」-緑茶・緑豆茶・荷葉茶・南蛮茶(トウモロコシのヒゲ茶)・冬瓜皮茶・祛暑茶・五味子茶の作り方や効用の講義を聞きながら、苦丁茶を試飲しました。

少し疲れたかな~と思いますが、5時間で、豊富な内容で、しかも普段の講義で、できない内容でした。帰りの時、皆さんが連日の暑さは、何処かに飛んで行った顔でした。

いつもご協力下さいました、日本中医食養学会の先生方やスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。本当に有難うございました。


北京中医薬大学日本校お盆休みは下記通りです。

 8月10日(月)〜8月16日(日)は連休とさせていただきます。

 8月17日(月)からは、通常通りの業務を始めさせて頂きます。ブログも8月17日(月)から再開いたします。

 いつも北京中医薬大学日本校のブログ記事を読んで頂き、ありがとうございます。

 皆様、楽しい連休でありますように。
[PR]
by jbucm | 2015-08-10 07:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

夏季講習会(その1)

こんにちは、先週の土日(8月1日・2日)夏季講習会(その1)を行われました、今回はその内容を紹介します。

テーマ:標本理論及び臨床応用
担当:金先生

主要な内容は以下4つです。
一、標本の概念
二、標本の治療理論
三、臨床応用
四、まとめ

「標本」は中国古代哲学であり、古く《黄帝内経》から、「標本」の概念を中医学に取り入れて多くの中医学問題を説明しています。その中に治療に関する記述しています:「陰陽者、天地之道也。……治病必求於本」(致病する根本的なものは陰陽失調である、治病する際、本を求める)。標本は常に「一対」で存在し・変化しています、標がなければ本もありません。また、認識の角度によって標本の意味も違ってきます。臨床上で常用される標本関係は先後(発病した順次、先発と後発)関係、正邪関係、臓腑関係、表裏関係があり、その正邪関係が最も常用されます。老中医の15病案を取り上げて講義しました。5病案(先後標本関係)、4病案(正邪関係)、3病案(臓腑関係)、3病案(表裏関係)を用いて、それぞれ臨床応用を説明しました。
f0138875_15151956.jpg

[PR]
by jbucm | 2015-08-03 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)