国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

<   2015年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

中薬及び剤型名称

こんにちは、周です。今回は中薬及び剤型名称の話です。

中薬は中国特産品だと思われていますが、外来(中国以外から来た)したものは少なくなりません。漢魏の時期に西域(現在の玉門関以西の新疆および中央アジア各地の総称)から入ってきたこれらの薬は、標記として「胡」を名前に付けます、例えば胡桃(クルミ)・胡廬巴・胡蘿ト(食用人参)。南北朝の時期以後、東南海路の開通によって海上から入ってきたものは、「海」家族を作りました、例えば海棠・海桐皮。以後の宋・元・明・清代、各期から入ってきた薬は、さらに多くなります、先に入ったものが「番」・「舶」、後に入ったものが「洋」を名付けます、例えば番瀉葉・舶乳香・洋姜・洋参(西洋人参)。

中薬を配伍や加工して丸、湯、散、膏、丹などの剤型あることを、皆さんはご存知と思いますが、これらの剤型についてはいまひとつ掘り下げてみると面白い話があります。
丸:発音は「緩慢」「緩」に似ている、呉の方言なら(「緩慢」「緩」)同じである。なので、丸は、薬効の到来が遅緩(遅い)が、体内に停留する時間は長く(薬効)持続する。
湯:発音は「滌蕩」の「蕩」に似ている。なので、湯は、薬効の到来が迅猛(迅速で猛烈である)である。
散:薬物を細粉にして混合したものである。散化(散らしてとける)を意味する。吸収は湯剤より遅く丸剤より速い。痼疾を治療する。
膏:薬物を煎じて濃縮した後、特殊な補助材料を入れて(基質などを変えて)常温で半流動体をしめす「膏」にしたものである。外用と内服がある。内服膏は膏滋とも称し、補益剤などに適する。養生や慢性病の治療に用いられる。
丹:鉱物質の材料に昇華・化合・分解・混合などの加工精煉を行い、抽出した化合物である。但し、現在「丹」と称する多くの方剤があるが、散剤・丸剤に与えられた習慣名称であることが多く、元来の丹剤とは異なる。
[PR]
by jbucm | 2015-11-30 09:30 | 中医学 | Comments(0)

 大変お待たせ致しておりますが、本日、中国中医薬研究促進会より、今年10月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験の合格証書が届きましたので、早速、簡易書留で皆さんへ郵送いたしました。

 2~3日中にお手元に届くと思いますので、ご確認下さい。どうぞ、宜しくお願い致します。


 日本校 事務局
 
[PR]
by jbucm | 2015-11-26 11:37 | Comments(0)

王燾

こんにちは、周です。今回は医家・王燾の紹介です。
f0138875_12161175.jpg


王燾(670~755年)は、眉目(今の陝西省岐山県)人で、唐代の著名な医家です。王燾の祖父は唐朝の宰相を務めた人物で、彼自身も官職に就いたことがあります。

王燾は幼い頃から病気がちで、そのため医術を好んで学習するようになります。唐の官立図書館である・弘文館に20年余り奉職して、広く歴代医学の蔵書から学ぶ機会を得られました。彼は、医籍を精読し、諸々の医家の医方を厳密に探索し、逐条的に分別しつつ、それらの抜粋を残しました。さらにそれを取捨・選択して、最終的に採り上げた医方には、出処を明確にして、書名・巻数を注記しました。

その後、官位を低くされて房陵(今の湖北省房県)に移ってからも、王燾は医学文献を整理する仕事を止めることはありませんでした。彼は手元に保存していた多くの経験方(経験によって有効であることを認められた処方)により多くの患者を治癒しました。この経験が王燾をして歴代名医の理論と臨床経験を編纂する決意をさせ、752年(唐の天宝11年)に遂に名著《外台秘要》が完成しました。
[PR]
by jbucm | 2015-11-23 09:30 | 中医学 | Comments(0)
霊枢・五変第四十六⑤

【原文】黄帝曰、人之善病寒熱者、何以候之?少兪答曰:小骨弱肉者、善病寒熱⑩。黄帝曰:何以候骨之小大、肉之堅脆、色之不一也?少兪答曰:顴骨者、骨之本也。顴大則骨大、顴小則骨小⑪。皮膚薄而其肉無*(月へんに囷)、其臂懦懦然、其地色殆然、不與其天同色、汚然獨異⑫、此其候也。然後臂薄者、其髓不滿、故善病寒熱也⑬。

黄帝曰:何以候人之善病痹者?少兪答曰:粗理而肉不堅者、善病痹⑭。黄帝曰:痹之高下有處乎?少兪答曰:欲知其高下者、各視其部⑮。

黄帝曰:人之善病腸中積聚者、何以候之?少兪答曰:皮膚薄而不澤、肉不堅而淖澤。如此、則腸胃惡、惡則邪気留止、積聚乃傷⑯。脾胃之間、寒温不次、邪気稍至、稸積留止、大聚乃起⑰。

【注釈】⑩小骨弱肉者、善病寒熱:骨格が細く小さい、肌肉が弱い人は、寒熱病に患いやすい。

⑪顴骨者、骨之本也。顴大則骨大、顴小則骨小:顴骨は骨格の標識である。顴骨が大きければ、周身の骨も大きい、顴骨が小さければ、周身の骨も小さい。

⑫皮膚薄而其肉無*(月へんに囷)、其臂懦懦然、其地色殆然、不與其天同色、汚然獨異:皮膚が薄くて、筋肉の隆起もない、腕に力がない、あごがさえない色であり額の色と一致しなく、独異な汚れでいる色に見える。*(月へんに囷)は、筋肉の隆起の表現である。「懦懦然」とは、弱く無力の様子である。

⑬然後臂薄者、其髓不滿、故善病寒熱也:同時に、腕の肌肉が薄いものは、その骨髄も充満でない、故に寒熱病に患いやすい。

⑭粗理而肉不堅者、善病痹:腠理が粗く、肌肉が堅くないものは、痹病に患いやすい。

⑮痹之高下有處乎?欲知其高下者、各視其部:痹病の上下部位は一定するか?痹病発病の上下部位を知るには、先に各部位の虚弱情況を知ることである。痹病には、皮痹、肌痹、筋痹、骨痹、脈痹、腸痹、胞痹及び五臓痹などがあり、故に発生の部位に上下、左右、深さなどの違いがある。

⑯皮膚薄而不澤、肉不堅而淖澤。如此、則腸胃惡、惡則邪気留止、積聚乃傷:皮膚は薄くつやがない、肌肉が堅くなく潤滑でないもの。これで、その胃腸の機能が悪いことが分かる。故に邪気が停留しやすく、積聚になり、脾胃の機能を損傷する。「淖澤(どうたく)」は湿潤の意味である。

⑰脾胃之間、寒温不次、邪気稍至、稸積留止、大聚乃起: 脾胃の間に寒温の不調があると、ちょっとした邪気が侵入しても蓄積停留するから、段々積聚病になる。「稸」は「蓄」と同じである。

【説明】本段(前回と今回の分)は、病変と体質に関する論述である。風厥、消癉、寒熱、痹、積聚という五種の病変の病機について分析し、体質の異なることで発病が違うという道理を説明している。

『内経』では、疾病の発生及び変化の過程にある個人差を重視している。下記の2ヶ所を注意しなければならない。

①病変の所在は、往々にして機体の弱いところである。例えば、皮肉筋骨が弱い場合は痹病、風厥、寒熱に罹りやすい;五臓六腑が弱い場合は消癉、積聚に罹りやすい。

②体質によって感受しやすい邪気が異なり、多発の病気も異なる。例えば、「肉不堅、腠理疏則善病風」、「五藏皆柔弱者、善病消癉」、「小骨弱肉者、善病寒熱」、「粗理而肉不堅者、善病痹」、「皮膚薄而不澤、肉不堅而淖澤…(腸中)積聚乃傷」。これらの論述は中医の発病学において全面的に認識するのに指導的な意義がある。


(李)
[PR]
by jbucm | 2015-11-19 10:30 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、周です。今回は中医名言―「三折肱知爲良医」を紹介します。

出典:春秋・左丘明《左伝・定出十三年》引斉国大夫(大夫=官名)高疆語
肱とは、上臂の肱骨を指します。三折肱は、何回か肱骨を骨折します。「三折肱知爲良」とは、閲歴が多くて臨床経験豊富な医家が、良医であることを比喩します。

「三折肱」は「九折臂」と同じ意味です。《楚辞・九章・惜誦》に「九折臂而成医兮、吾至今而知信然」と記載してあります。

「三折肱知爲良医」は現代文に訳しますー中医学は実践性を非常に強く要する学問であります、治病するには、必ず実践(臨床応用)しなければなりません、臨床経験の積み重ねをしないと、良医(腕が良い医者)になれません。
[PR]
by jbucm | 2015-11-16 09:30 | 中医学 | Comments(0)

  この度、世界中医薬学会連合会国際試験センターより、今年10月11・12日に行われました「国際中医師能力認定試験」の結果についての連絡が来ました。

 今回、日本校の26名(再試験者を含む)参加者の中に、17名が合格されました(合格率は65.4%です)。

 下記は合格者の受験番号です。どうぞ、ご確認下さい。

191002、191003、191004、191006、191007、191008、191009、191010、191012、191013、191015、191018、191020、191021、191023、180020、180021  

  合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非来年度にもう一度チャレンジして下さい。

  合格証書及び成績表はまだ完成されてないようですが、学校に届きましたら、即ち皆様のお手元へお届け致します。

  これからも、皆様のご活躍を期待しております。

  (日本校 事務局)
[PR]
by jbucm | 2015-11-09 11:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

この度、中国中医薬研究促進会より今年10月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験の結果についての連絡がありましたので、下記にご報告致します。

今回、「国際中医薬膳師」試験に、103名申込み者の中、102名(再試験者を含む)の方が参加者され、98名が合格されました(合格率は95.1%)。「国際薬膳調理師」試験に14名の方が参加者され、全員が合格されました(合格率は100%)。

下記は試験に未参加者及び不合格の方の受験番号です。合格された方の受験番号は掲載しておりません。どうぞ、ご確認下さい。

CARCM-J15-023、CARCM-J15-025、CARCM-J15-048、CARCM-J15-053、CARCM-J15-081

合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非もう一度チャレンジして下さい(合格された科目の成績は二年以内有効です)。

 合格証書及び成績表はまだ届いてませんので、届きましたら、即ち皆様のお手元へお届け致します。

(日本校 事務局)
[PR]
by jbucm | 2015-11-07 17:04 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
11月3日の文化の日に、同窓会である北京中医会の方々が、当校にて初めての文化祭を行いました。多くの方がご来場頂き、楽しく参加されました。その様子を届けましょう。
f0138875_1223077.jpg

f0138875_1252685.jpg

全館を利用して、中医中薬・気功・薬膳・特別講座の各コーナーを設けました。

2階教室、中医中薬
f0138875_1245182.jpg

3階教室、推拿と気功
f0138875_1227558.jpg

4階教室、薬膳
f0138875_1262496.jpg


別館、特別講座
小金井先生が、「中医学という知」の紡ぎ方を講演しました。
f0138875_1272845.jpg

梁先生が、「薬膳で免疫力を高める」というテーマを講演しました。
f0138875_128848.jpg


調理室、薬膳
f0138875_1283744.jpg

f0138875_1285924.jpg


今回の文化祭を通じ、中医学の魅力を皆様に伝え頂ければ幸いと思います。

北京中医会の皆様、企画から実行まで本当にお疲れ様でした!大盛況な文化祭ができて、おめでとうございます。そして、本当にありがとうございました。

また、ご協力を下さった中医食養学会及び関係者の方々に感謝の意を表したいです。皆様は大変お疲れ様でした。本当にありがとうございました。

(日本校 教務担当 李・周)
[PR]
by jbucm | 2015-11-05 09:30 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)
こんにちは、周です。今回は中医名言―「医不三世、不服其薬」を紹介します。

出典:礼記・典礼
「医不三世、不服其薬」は2つ解釈があります。
一つ目は、三代を相承していない医者が処方した薬を服用しないことです。
二つ目は、三世とは《黄帝針灸》《神農本草》《素女脈訣》という三つの医書を指します、この三つの医書熟読しない医者が処方した薬を服用しないことです。2番目のほうが相応しいとされています。

《黄帝針灸》《神農本草》《素女脈訣》は、中国最古の基礎医学・薬学・診断学を代表的な著作であります。「医不三世、不服其薬」は、高名の医者が医学理論・薬学・診断方法を精通しなければならないと意味します。
注:《素女脈訣》は既に散逸し、内容を確認することができない。
[PR]
by jbucm | 2015-11-02 09:30 | 中医学 | Comments(0)