カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2016年 01月 ( 6 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(二十)  

霊枢・百病始生第六十六④

【原文】是故虚邪之中人也、始於皮膚、皮膚緩則腠理開、開則邪從毛髮入、入則抵深、深則毛髮立、毛髮立則淅然、故皮膚痛①;留而不去、則伝舍於絡脈、在絡之時、痛於肌肉、其痛之時息、大経乃代②;留而不去、伝舍於経、在経之時、洒淅喜驚③;留而不去、伝舍於輸、在輸之時、六経不通四肢、則肢節痛、腰脊乃強④;留而不去、伝舍於伏衝之脈、在伏衝之時、體重身痛⑤;留而不去、伝舍於腸胃、在腸胃之時、賁響腹脹、多寒則腸鳴飧泄、食不化、多熱則溏出麋⑥;留而不去、伝舍於腸胃之外、募原之間、留著於脈、稽留而不去、息而成積⑦。或著孫脈、或著絡脈、或著経脈、或著輸脈、或著於伏衝之脈、或著於膂筋、或著於腸胃之募原、上連於緩筋、邪気淫泆、不可勝論⑧。

【注釈】①虚邪之中人也、始於皮膚、皮膚緩則腠理開、開則邪從毛髮入、入則抵深、深則毛髮立、毛髮立則淅然、故皮膚痛:虚邪賊風が人体に侵入する場合は、先ず皮膚を侵す、これは、皮膚が弛緩して腠理が開いているから、邪気が毛孔から深い所まで侵入してしまう。この時は毛髮が立ち、寒がって身体が震える、皮膚が痛む。

②留而不去、則伝舍於絡脈、在絡之時、痛於肌肉、其痛之時息、大経乃代:邪気が溜って除去されなければ、段々絡脈まで入り、この時は筋肉が痛む、もしこの痛みが止んだりすれば、邪気が経脈へ伝入する徴候である。

③留而不去、伝舍於経、在経之時、洒淅喜驚:邪気が(絡脈に)溜って除去されなければ、経脈に入り、この時は寒々として悪寒や、びくびくとする症状が出る。

④留而不去、伝舍於輸、在輸之時、六経不通四肢、則肢節痛、腰脊乃強:邪気が(経脈に)溜って除去されなければ、輸脈に入り、この時は、六経の気が邪気に阻まれ、四肢に到達できず、故に四肢関節が痛む、腰や背骨が凝る。「輸」について、『類経・疾病類・二』、『注証発微』では輸穴であると指摘し、『霊枢集注・巻八』では気血の輸送する経脈であると指摘しているが、皆明確ではない。楊上善氏では、輸脈であり、ここは足の太陽経を指すと認識し、「輸脈は足太陽脈で、五臓の府の輸を司る」と言っている。足太陽経は頭部から下り、脊を挟んで腰中に入る、六経の兪穴が皆太陽経にあるため、故に「六経不通四肢、則肢節痛、腰脊乃強」となる。

⑤留而不去、伝舍於伏衝之脈、在伏衝之時、體重身痛:邪気が(輸脈に)溜って除去されなければ、脊中の衝脈に入り、この時は身体が重たく痛むなどの症状が出る。「伏衝之脈」は衝脈の脊中の部分を指す、衝脈の他の部分より深い。

⑥留而不去、伝舍於腸胃、在腸胃之時、賁響腹脹、多寒則腸鳴飧(そん)泄、食不化、多熱則溏出麋:邪気が溜って除去されなければ、さらに腸胃に入って伏せる、この時は、腸鳴腹脹がする、寒邪が多い場合は、腸鳴し、不消化のものを瀉下すし、食べたものが消化しない、熱邪が多い場合は、瀉痢などが発生する。

⑦留而不去、伝舍於腸胃之外、募原之間、留著於脈、稽留而不去、息而成積:邪気が(腸胃に)溜って除去されなければ、腸胃の外にある膜原の間に入り、血脈に滞留し、除去できなければ、気血と相互凝結し、積となる。

⑧或著孫脈、或著絡脈、或著経脈、或著輸脈、或著於伏衝之脈、或著於膂筋、或著於腸胃之募原、上連於緩筋、邪気淫泆、不可勝論:纏めると、邪気が人体へ侵入した後、孫脈、絡脈、経脈、輸脈、伏衝の脈、筋肉、腸胃の募原、緩筋などに溜まったりする。邪気が浸淫氾濫し、言い尽くせない。「緩筋」は足陽明経の筋のことである。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-01-28 10:54 | 中医学 | Comments(0)

(中国語)文字ゲーム

こんにちは、周です。今回は中国語の話です。

中国古人が(中国語)文字ゲームを遊ぶのは一流であります。幾つかを紹介します。

只可看、不能読(目で読むと文章が理解できるが、文字を看ない・発声だけ聴くと意味が分からない)。以下の文章の漢字は全てjiを発音します、文字を看ないと意味がわかりません。
季姫寂、集鶏、鶏即棘鶏。棘鶏饑嘰、季姫及箕稷済鶏。鶏既済、躋姫笈、季姫忌、急咭鶏、鶏急、継圾几、季姫急、即籍箕撃鶏、箕疾撃几伎、伎即斎、鶏嘰集几基、季姫急扱屐撃鶏、鶏既殛、季姫激、即記《季姫撃鶏記》。
現代文に訳します。
季姫という人は寂しいから、荊棘林に居る野鶏を集めて飼うことになりました。腹空いている野鶏がちつちつと鳴いています、季姫が竹箕の中に置いてある小米を餌としてやります。満腹した野鶏は季姫の書籍の上に跳び上って止ります、季姫は本が汚されるのが嫌いので、急いで鶏を追い払います。びっくりさせられた鶏は今度、机に跳んで行きます、季姫はもっとイライラして、竹箕を武器として鶏を攻撃(投げる)します。投げる竹箕の速度が速い、机に置いてある陶伎俑(陶器の人形)を直撃して、(陶伎俑)床に落下して粉々となりました。その時の野鶏らは、机の下に群れてちつちつと鳴いています、野鶏らに怒らせた季姫は自分が履いている木履を脱いで鶏を叩き殺しました。養鶏の経歴を思い出したら(感情が)高ぶって、《季姫撃鶏記》を書きました。

数字詩
呉承恩の「一輪明月満乾坤」
十里長亭無客走、九重天上現星辰。
八河船只皆収港、七千州県尽関門。
六宮五府回官宰、四海三江罷釣綸。
両座楼頭鐘鼓响、一輪明月満乾坤。
卓文君の「怨郎詩」
一別之后、二地相思。
雖説三四月、誰又知五六年。
七弦琴無心弾、八行書無可傳。
九連還従中折断、十里長亭望眼欲穿。
百思想、千系念、万般無奈把郎怨。
万語千言道不完、百無聊頼十凴欄。
重九登高看孤雁、八月仲秋月圓人不圓。
七月半、秉燭焼香問蒼天、六月伏天従揺扇我心寒。
五月石榴似水、偏遇陣陣冷雨澆花端。
四月枇杷未黄、我欲対鏡心意乱。
忽匆匆、三月桃花随水転、漂零零、二月風筝線児断。
噫、郎呀郎、巴不得下一世、你爲女我来做男。

前から読んでも・後ろから読んでも詩になる。
正読詩(前から読みの詩)
悠々緑水傍林偎、日落観山四望回。
幽林古寺孤明月、冷井寒泉碧映台。
鴎飛満浦漁舟泛、鶴伴閒亭仙客来。
游径踏花煙上走、渓流遠棹一篷開。
倒読詩(後ろから読みの詩)
開篷一棹遠流渓、走上煙花踏径游。
来客仙亭閒伴鶴、泛舟漁浦満飛鴎。
台映碧泉寒井冷、月明孤寺古林幽。
回望四山観落日、偎林傍水緑悠々。
[PR]
by jbucm | 2016-01-25 09:30 | 中国語 | Comments(0)

中医名言―「虚邪賊風、避之有時」

こんにちは、周です。今回は中医名言―「虚邪賊風、避之有時」を紹介します。

出典:《素問・上古天真論》
虚邪賊風とは、異常な気候変化や人体に有害する外来(外)からの致病因子を指します。避之有時は、直ちにその「虚邪賊風」を避ければ、発病しません。
「虚邪賊風、避之有時」は、致病因子が発病する重要な条件の一つだと認識し(病因病機)、養生すれば・致病因子を避ければ、疾病が予防できると主張します。
[PR]
by jbucm | 2016-01-18 09:30 | 中医学 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(十九)

霊枢・百病始生第六十六③

【原文】黄帝曰:余固不能數、故問先師、願卒聞其道①。岐伯曰:風雨寒熱、不得虚、邪不能獨傷人。卒然逢疾風暴雨而不病者、蓋無虚、故邪不能獨傷人②。此必因虚邪之風、與其身形、両虚相得、乃客其形。両実相逢、衆人肉堅③。其中於虚邪也、因於天時、與其身形、参以虚実、大病乃成④。気有定舍、因処爲名、上下中外、分爲三員⑤。

【注釈】①余固不能數、故問先師、願卒聞其道:複雑多端な病変を全部解明できないから、先生に聞きたい、その道理を全て教えて欲しい。

②風雨寒熱、不得虚、邪不能獨傷人。卒然逢疾風暴雨而不病者、蓋無虚、故邪不能獨傷人:正常の場合、風雨寒熱は致病の邪気ではない、人体を損傷することがなく、病気にならない。突然疾風暴雨に遭遇しても病気にならないのは、その人の身体が頑丈で正気が虚弱してないため、邪気も人体を損傷することができない。

③此必因虚邪之風、與其身形、両虚相得、乃客其形。両実相逢、衆人肉堅:疾病の発生は、必ず身体が虚弱している上に賊風邪気を受け、両虚が相合するから疾病が発生する。もし身体が頑丈で四時の気候も正常であれば、みんなの肌肉が堅実であり発病しない。「両虚」とは、全て致病する異常な気候を虚邪に称し、また正気(気血、津液、精気)の虚弱と正気の不和を含んで、正虚と言う。「両実」とは、人の実気(生気が充実)と天の実風(正常な気候)のことである。

④其中於虚邪也、因於天時、與其身形、参以虚実、大病乃成:故に凡そ疾病発生の決定的な要因は、四時の気候が正常であるかどうか、及び身体が丈夫であるかどうかである。正虚邪実であれば、疾病が発生する。

⑤気有定舍、因処爲名、上下中外、分爲三員:邪気はそれぞれ持つ性質によって人体の一定的な部位から侵入する。侵入の部位によって命名される。概ね、縦では上、中、下の三部で、横では表、裏と半表半裏の三部に分けられる。

【説明】本節は、「卒然逢疾風暴雨」後、疾病が発生すると発生しないことを対照しながら、「両虚相得」は外感発病の機理であることを説明した。人体の正気の強弱は発病するかどうかの決め手であり、正気が発病に主導的な作用を発揮していることを強調した。『素問遺篇・刺法論』に「正気内存、邪不可干」、『素問・評熱病論』に「邪之所凑、其気必虚」と言っている。『内経』の発病観では、一般的に、正気の盛衰は発病の根拠で、致病の素因(外感六淫、七情の失常、飲食の不節制、勞倦過度など)は発病の条件である。これは疾病の治療と予防に指導的な意義がある。

「気有定舍、因処爲名」の論述は、『内経』に病証を命名する根拠の一つである。例えば、『素問・熱論』に「邪客於表」の場合は太陽病、陽明病、少陽病を、「邪入於裏」の場合は太陰病、少陰病、厥陰病を命名している。これは、邪気が定舍している経脈によって命名したのである。

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-01-14 10:45 | 中医学 | Comments(0)

詩経

こんにちは、周です。今回は「詩経」の話です。

「詩経」は孔子が編集したと伝えられる中国最古の詩歌集であります。この詩歌集は、最初は単に「詩」「詩三百」と称されていましたが、のちになって儒家経典に一つに揚げたところから、「詩経」と呼ばれるようになりました。同書は風(国風、民謡、恋歌など)・雅(雅楽、大雅と小雅に分かれる)・頌(祭祀に用いる神楽歌の歌詞、周頌と魯頌と商頌に分かれる)の三部分に分かれ、風の数量は最多(160篇)であります、収録された詩歌は全部で305篇にも及んでいます、古人は整数をとって「詩三百」と呼びます。「詩経」の中には、古代(周代)歴史の研究に欠かせない貴重な内容を数多く含まれ、世界文化史上にも計り知れない価値が有しています。「詩経」は包羅万象(内容が充実しておりあらゆるものを網羅している)の百科全書でもあり、今日に至るまで変わることがなく高い評価を受けています。

「詩経」には、多くの植物・動物の性状・産地・採集方法・食用季節などが収録・記載されています。これらの植物・動物のうち、百種以上は後世の本草学(薬用植物学)に転載され、薬用と認められています。例えば芣苡(車前子―オオバコ)、葛(葛根―クズの根)、薇(白薇―フナバラソウ)、芩(黄芩―コガネバナ)、勺薬(芍薬)、棗(ナツメ)。
また、古代の疾病に関する病名や証候も記事もあります。例えば痡(疲れて歩行不能)、瘨(癲狂―精神病)、噎(むせぶ)、曚(視力がよくない、はっきり見えない)、瞽(目が見えない人、盲人)。
衛生保健・環境衛生・害虫駆除に関しても記載があります。例えば髪曲局(固く束ねた婦人の髪型)、薄言帰淋(帰宅して髪を洗う)、洒掃(水を撒いて箒で掃く)、洒掃庭内(庭内に洒掃)、穹窒熏鼠(部屋を片付けて煙で燻して鼠を駆除する)。
このように、「詩経」は医薬著作ではないものの、医薬・保健・衛生に関する記述が少なくありません。

名前は「詩経」由来の一人・2015年のノーベル医学生理学賞屠呦呦(トゥ・ヨウヨウ)を紹介します。
屠呦呦の父親が生まれた我が子の泣き声を聞き、「呦呦鹿鳴、食野之蒿」(ユーユーと鹿は鳴く、野の蒿を食べる)を詠唱して呦呦と名付けました。屠氏の名前は、2000年以上前の中国古典・詩経と繋がっています。詩の続き「我有嘉賓、徳音孔昭」は、予め屠呦呦がノーベル受賞することを示します。偶然かもしれませんが、なんとも興味深いとこではないでしょう。
[PR]
by jbucm | 2016-01-11 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

謹賀新年

明けましておめでとうございます!

皆様が今年も健康であり、楽しい一年になりますようお祈りいたします。そして、仕事が順調でありますように願っております。


当校の特徴の一つは、北京本校から直接派遣された長年の臨床経験を持つ教授が講義をしておりますので、教科書では得られない臨床の知識も多く得る事が出来ます。なお、本格的な医学気功や中医薬膳も大変人気を集めております。もちろん、中国の伝統医学を学ぶだけではなく、中国の歴史や文化を学ぶ事もできます。

 中医学にご興味がある方は、是非、日本校で北京本校の本科生と同じく、伝統的な中医学の基礎から、色んな病気の予防や治療する臨床学科まで、本格的、系統的な中医学の授業を受けてみて下さい。なお、来る2月6日(土)の午後2時より、今年春期生の募集説明会を開催致しますので、是非ご参加下さい。 

それでは、本年も宜しくお願い申し上げます。

(日本校職員一同)
[PR]
by jbucm | 2016-01-06 11:55 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)