カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2016年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(二十八)  

霊枢・賊風第五十八④

【原文】黄帝曰:今夫子之所言者、皆病人之所自知也。其毋所遇邪気、又毋怵惕之所志、卒然而病者、其故何也?唯有因鬼神之事①?岐伯曰:此亦有故邪留而未発、因而志有所悪、及有所慕、血気内乱、両気相搏②、其所從來者微、視之不見、聽而不聞、故似鬼神③。黄帝曰:其祝而已者、其故何也?岐伯曰:先巫者、因知百病之勝、先知其病之所從生者。可祝而已也④。

【注釈】①今夫子之所言者、皆病人之所自知也。其毋(む)所遇邪気、又毋怵惕(じゅつてき)之所志、卒然而病者、其故何也?唯有因鬼神之事乎:先生が言っているのは皆病人が知ることができるものである。外来邪気の侵入もなければ、驚くや恐怖など情志による刺激もなく、突然発病する人もいる、それは何故?ただ鬼神によるものなのか?

②此亦有故邪留而未発、因而志有所悪、及有所慕、血気内乱、両気相搏:これも故邪が体内に停留し発病しなかったものである。情志の変化によって悪化、或は慕情を抱いているが遂げない、体内の気血が逆乱を引き起こし、体内に潜伏してある故邪と結び合い、病変が起こる。

『霊枢注証発微・巻七』の注釈:「両気相搏」の「両気」とは、体内に稽留し発病してない故邪と情志波動による血気逆乱のことである。

③其所從來者微、視之不見、聽而不聞、故似鬼神:これらの内在変化はとても微細で察知しにくく、見ることも聞くこともできないから、鬼神によるものに似ている。

④其祝而已者、其故何也?先巫者、因知百病之勝、先知其病之所從生者。可祝而已也:鬼神によるものでなければ、なぜ「祝由」の方法で治療できるの?古代の巫術者は、病気の治療方法と、その病気が発生した原因が事前に知っているから、「祝由」の方法でその病気を治せる。

「百病之勝」とは、主に各種疾病の治療方法を指す。

「祝由」について、呉鞠通が曰く:「祝由」二字は『素問』に出たものである。「祝」は告げる、「由」は病気の由来である。「巫家」を「祝由科」とし、十三科の一つとなる。『内経』では、「巫」が医科でないと否認しているが、われは凡そ内傷病を治療する際、必ず患者に病気の由来を先に詳しく告げる、患者がそれを知ることで病気の再発することが防げる……現代では、「祝由」の方法は主に精神情志による疾病の治療に用いられる。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-05-30 10:25 | 中医学 | Comments(0)

羅漢果

こんにちは、周です。今回は生薬―羅漢果の話です。

羅漢果は、ウリ科の多年草つる性植物で中国の特定地域のみ栽培されています(のちに説明します)。生の羅漢果を日本で目にすることはできませんが、店頭で目にするのは全て乾燥羅漢果で茶褐色をした直径5㎝前後のボール状のものです。仮苦瓜とも呼ばれます。性味は甘涼で、肺・脾経に帰経します。清肺利咽・潤腸通便作用があります。百日咳・痰火咳嗽・咽喉腫痛・血燥胃熱・大便乾結不通に用いられます。
f0138875_1525331.jpg

f0138875_152526100.jpg


現代栄養学では、羅漢果には砂糖の300倍の甘みをもち、甘味の成分はテンペングルコシド配糖体というものであることを証明しました。このテンペングルコシド配糖体は水溶性の食物繊維で体内では吸収されにくいためカロリーはゼロで、しかも満腹感が得られます。血糖値も上がらないので、糖尿病患者の理想食品とされています。羅漢果はカリウムやりん、カルシウム、鉄分等のミネラルが豊富です。最も注目すべき点は、強い抗酸化作用です。この抗酸化作用とは体内の活性酸素を除去する働きのことで、体内で過剰になった活性酸素を除去し病気を防いでくれます(活性酸素が過剰になると老化促進、癌、高脂血症、動脈硬化、心疾患、アレルギー、喘息、炎症、パーキンソン病、膠原病、認知症等の原因とされています)。

羅漢果の由来を紹介します。
大昔、ある瑤族の樵夫(木こり人)の母親は咳喘(病)を患い、治療されても効果がありません。親孝行の樵夫は母親の病状を心配していました。ある日、彼は仕事のため入山しました、木を切る際、腕が蜂に刺されて・赤く腫れて来て痛くなりました。その時、丁度傍に青藤(青いつる、のちに羅漢果と呼ばれるもの)に実っている果実をとって味見し(その果実は香がよく、甘くて美味しかった)、噛んで刺し傷につけました。暫くすると、腕の赤腫は緩和できました。下山する時、母親に食べてもらうので、その果実を持ち帰りました。そうすると、その果実を食べた母親の咳喘は良くなりました。ある郎中(中医師)は、この事を聞いた後、その果実を研究・実践して消炎止痛・清熱解毒・止咳利咽作用があることを発見しました。郎中の名前は「羅漢」と言いますので、その果実を「羅漢果」と呼ばれるようになりました。

附:
羅漢果は中国南方の広西壮族自治区・桂林周辺でしか育ちません。つまり、羅漢果の生育環境条件としては降雨量が多く、日照時間が短く、昼夜の温度差が大きく、水はけの良い土地という要素を全て満たした土地が必要です。これらの要素を全て満たしている唯一の土地が桂林周辺の土地です。しかも桂林一帯は太古の時代に海が隆起してできた土地のため海水のミネラル成分を多く含み、これが羅漢果の薬効を高めている原因の一つでもあります。
[PR]
by jbucm | 2016-05-23 09:30 | 中医学 | Comments(0)

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(二十七) 

霊枢・賊風第五十八③

【説明】(3月24日の分)本段は、故邪が体内に稽留すると新邪を感受し発病し易いという発病学観点を提出し、正気不足が発病の根本であることを強調している。

原文では、体内に存在し発病してない邪気を「故邪」称している。こう言う「故邪」が体内稽留して一時的に発病しない、その主な原因は身体に正気がまだ充分である。しかし、時間が経つと正気が段々損傷され、他の邪気を感受し易くなる。だから、突然過度な喜怒、不適切な飲食を摂る、突然の気温変化などがあったら、新邪を感受して、病気を誘発してしまう。これらの論述は、臨床で問診の際、病歴を詳しく聞くことの重要性を示した。多方面から発病の原因とその内在関連性を探り出し、明確に弁証することで、正確な治療ができるわけである。

なお、本段は寒痺の原因(宿邪の湿気、瘀血と新邪の風寒)と病機(血気凝結、経絡閉阻)を説明している。これらの内容に関しては、『金匱要略・血痺虚労』にも詳しく論述している。


(李)
[PR]
by jbucm | 2016-05-16 10:10 | 中医学 | Comments(0)

中医名言―「不治已病治未病、不治已乱治未乱」

こんにちは、周です。今回は中医名言―「不治已病治未病、不治已乱治未乱」を紹介します。

出典:《素問・四気調神大論》
医者は(治病する際)病気になってから治療ではなく、発症する前の段階で予防しなければなりません。これは治国と同じ道理でありますー動乱の防止が大切です。動乱を平定するという策は下策であります。

これは中国の最初の予防医学思想で、2000年前の中医学は「防重於治」(治療より予防のほうが重要である)の重要性を認識しています。
[PR]
by jbucm | 2016-05-09 09:09 | 中医学 | Comments(0)