カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


<   2016年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

『黄帝内経』筆記 病因病機学説(二十九)

霊枢・賊風第五十八⑤

【説明】本段は情志致病及び祝由治病に関する論述である。

故邪が体内に稽留していれば、たとえ軽い情志の波動があっても、体内の気血の逆乱が発生し、疾病を引き起こす可能性がある。これは、人体の正気が発病に重要なポジションを占めることを強調している。

疾病の発生は神によるものではなく、故邪と新邪が遭い「両気相搏」によるものである。『素問・五蔵別論』にも「拘于鬼神者、不可与言至徳」があり、『内経』の素朴な唯物主義の疾病観を反映し、当時に流行していた「唯神論」を論難した。

なお、「祝由」で一部の疾病を治療できる理由を述べた。まず、「祝由」の施術者は患者発病の原因を把握している、所謂「先知其病之所従生(病の発生する処を先に知る)」;あとは、五行の相制の規律を把握しているからである、所謂「知百病之勝(百病を勝つことを知る)」。故に、彼らは、患者の苦痛を知り、適当な精神的諭し導き(カウンセリングに相当する)して、病情を減軽或いは治すことができる。原文にある「二知」(知百病之勝、先知其病之所從生)とは、一部の疾病に対する「祝由」の方法で治療する理論根拠でもあれば、すべての医者にとって疾病を正確に治療するキーワードでもある。『素問・至真要大論』に「必伏其所主、而先知其所因」がある。また、『素問・移精変気論』にも「祝由」に関する記載がある。『内経』の中、治病の制勝之法では、五志相勝法のほか、五味相勝法や暗示療法など多種あり、これらは、中医治療学の需要な組成部分である。上記のほかに、『素問・陰陽応象大論』、『霊枢・師伝』など、関連する章節を合わせて勉強することはお勧めです。

本篇の主な内容は、①寒痺の病因病機と「因加而発」の意味及びその機理、②故邪を持つ上に情志素因が加えられた時の病理及び病変の特徴、③「祝由」が一部の疾病を治療できるとその道理などである。

では、『霊枢・賊風』の勉強はこれで終わりにします。次回からは、『素問・至真要大論』の一部を勉強しましょう。


(李)
[PR]
by jbucm | 2016-06-27 10:53 | 中医学 | Comments(0)

孫思邈与阿是穴 

こんにちは、周です。今回から医家・孫思邈逸話を紹介します。

第一話:孫思邈与阿是穴
針灸学の阿是穴は、孫思邈(2009年3月2日ブログ記事をご参照ください)が臨床治療を行った時に発見されたと言われています。

ある日の朝早く、孫思邈(当時の彼は70歳位であります)は≪千金要方≫を書いていました。突如、郷里の一人が急を告げに来ました:孫先生、昨日用があって私は青石村に行きました、陳阿大の病気は進行して病情が益々悪化していますよ。痛くて死にそうです。受診(服薬や針灸治療など)しましたが効果はありません。陳さんは先生の往診を望んでいますが、貧困の家庭で、先生の診察料を支払えないことを恐れています。

郷里の話を聞いた孫思邈は、少しも躊躇わなく、こう言いました:今すぐ診察しに行きます。
郷里:青石村は遠いです、しかも羊腸小道(曲がりくねった小道、山道を指します)が多く、2つの山と3の溝を超えないと行けません、先生は年配で大丈夫ですか?
孫思邈:私は確かに年ですが、また硬朗(老人が体が丈夫であります)ですよ。

そう言いながら、孫思邈は針を用意して、薬嚢(中薬を入りのリュック)を背負って、杖をついて往診の途につきます。夕方にようやく青石村に着き、陳阿大が住むボロ家を見つけました。孫思邈は人事不省の陳阿大に正規の穴位を刺して、意識を回復させましたが、止痛できなかったです。その後、何度も古書に記載されている止痛作用ある穴位をすべて刺しましたが、全然効きませんでした(陳阿大は依然として痛みを訴えています)。孫思邈は、まさか人体の腧穴(輸穴)は古書に記載されているものしかないことはあるまい?と疑問しました。

彼は暫く考えました。
孫思邈は患者(陳阿大)に聞きました:一番痛い処は何処ですか
陳阿大は有気無力(息づかいだけで声に力がない、元気のないさま)返事しました:左、左、左……腿

そして孫思邈は親指で患者左腿のある部位を押しながら、「ここですか?」と聞きました。膝関節の左上方の処を圧したら、陳阿大が突然「阿……是……是這児(ああ、そこだ)」叫びました。孫思邈はそこを刺し後、患者の痛みがなくなりました。彼は大喜び、「先生、この輸穴は凄く効きますね、これは何という穴位ですか?」と聞きました。患者の苦痛を解消したので、孫思邈も上機嫌で、ハハハと笑いながら「先ほど、あなたが阿……是と言いましたよね、あれは阿是穴ですよ」と答えました。

附:腧穴、いわゆる「ああ、そこだ」という体表の圧痛点・過敏点で、畦穴も同じです。
経穴には正規のルート(十四経)上にある経穴が361個、その他に効果の認められたルート外の奇穴が数多くあります。それらの穴位は、大体場所が決まっているのですが、それとは別に阿是穴と言うものがあります。この経穴は場所が決まっている訳ではありません。圧痛点とか反応点の事を言います。針灸治療では、阿是穴を追いかけて治療しては根本治療にはならず、体の状態を見極め、経穴や奇穴を使って治療します。基本的にはその通りですが、場合によっては阿是穴が重要になります(例えば捻挫や打撲などの痛みが残った時や、ぎっくり腰などは、阿是穴のほうがよいです)。
[PR]
by jbucm | 2016-06-20 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

2016年春国際中医薬膳師及び国際薬膳調理師試験結果のお知らせ

この度、中国中医薬研究促進会より今年4月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験結果についての連絡がありましたので、下記にご報告致します。

今回、「国際中医薬膳師」試験に、31名(再試験者を含む)の方が参加され、全員が合格されました(合格率は100%)。「国際薬膳調理師」試験に24名の方が参加され、18名が合格されました(合格率は75%)。

下記は「国際薬膳調理師」試験の合格者の受験番号です。どうぞ、ご確認下さい。

CRACM-J16-C02、CRACM-J16-C04、CRACM-J16-C06、CRACM-J16-C07、
CRACM-J16-C08、 CRACM-J16-C09、CRACM-J16-C12、CRACM-J16-C13、
CRACM-J16-C14、CRACM-J16-C16、 CRACM-J16-C17、CRACM-J16-C18、
CRACM-J16-C19、CRACM-J16-C20、CRACM-J16-C21、CRACM-J16-C22、
CRACM-J16-C23、CRACM-J16-C24


合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非もう一度チャレンジして下さい(合格された科目の成績は二年以内有効です)。

 合格証書及び成績表はまだ届いてませんので、届きましたら、即ち皆様のお手元へお届け致します。

(日本校 事務局)
[PR]
by jbucm | 2016-06-13 11:07 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

中医名言―「従陰陽則生、逆之則死」

こんにちは、周です。今回は中医名言―「従陰陽則生、逆之則死」を紹介します。

出典:《素問・四気調神大論》
「従陰陽則生、逆之則死」は、「陰陽に従えば則ち生きられる、それに(陰陽)逆らえば則ち死んでしまう」の意味です。

陰陽は事物の異なる属性であり、各種な事物に体現されています。それは古人が長年にわたっての生活や実践して得た認識でありますー自然界の事物の変化は、すべて陰陽の対立と統一の両面性を持つ。陰陽の対立と統一は内在に連係・相互作用・絶えない運動していて、事象の発生・発展・変化・消滅を支配して根源(原動力)であります。そこに《素問・陰陽応象大論》には「陰陽者、天地之道也、万物之綱紀、変化之父母、生殺之本始」とあります。人間は自然界に生存し、天地の陰陽四時の気を適応しなければなりません、もしこれを反したら、生命の根本(元真)を破壊され、疾病を発生し、甚だしい場合は死んでしまいます。これは中医学の「天人相応」(天人合一)という理論の重要性を反映しています。
[PR]
by jbucm | 2016-06-06 09:30 | 中医学 | Comments(0)