カテゴリ
全体
中医学
中医中薬専攻科
医学気功整体専科
中医薬膳専科
質問の回答
学校行事・お知らせ
講師紹介・授業風景
中国の薬膳
中国の話
中国の家庭料理
中医養生
研修旅行
医学気功・太極拳
中国語
色々・・・
未分類
以前の記事
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
最新のコメント
菊花茶の入れ方で質問です..
by 梅崎 at 18:57
> 初学者さん ご質問..
by jbucm at 11:00
はじめまして。質問させて..
by 初学者 at 11:22
お久しぶりです。質問よろ..
by 丸 at 10:39
何度も質問し大変すみませ..
by 丸 at 18:45
ご質問ありがとうございま..
by jbucm at 13:45
ご返答ありがとう御座いま..
by 丸 at 13:14
おはようございます。返事..
by jbucm at 10:00
弁証なんですが、どこで詳..
by 丸 at 04:14
こんにちは、お返事が遅れ..
by jbucm at 15:26


タグ:中医学 ( 685 ) タグの人気記事

端午節

こんにちは、李宏です、今日(6月19日)は何の日?皆さん、ご存知ですか?
今日は中国の旧端午節です。端午は春秋時代の詩人、屈原を偲ぶために設けられた日である事を、皆さんはご存知と思います。f0138875_2340481.jpg
端午節は中国民間伝統節日で、約2000年前から、この日には盛大な記念行事が行われていた様です。しかし、端午節が中医学と関わりがあることを、知っている方は少ないのではないでしょうか?

今回はそのエピソードを紹介します。

地方、民族によって習慣は違いますが、浙江省蘭渓一帯は、「熏薬渣」(薬を煎じた後のかすをいぶす)の習慣があります。端午節、その日の正午になると、各家庭が艾葉(よもぎ)と乾燥させた薬渣(薬を煎じた後のかす)をいぶします。これは熏虫駆瘟(殺菌・温疫を駆除する)の効果があると言われています。
この薬渣を保存する習慣は医家、朱丹渓(1281~1358年、金元四大医家の一人)が治病の際に残したとの伝説があります。

ある日、先生が気喘(喘息)の患者を診察し、麻黄を入れた方剤を処方しましたが、良くなりません。患者に再診を要請された先生は、再度詳しく診察し、この患者は麻黄の継続使用の必要があると判断し、用量も増やしました。しかし、全く効果が有りませんでした。先生は悩んで(誤診は絶対ないと確信していました)、仕方なく、また元の用量に戻しました。すると、今度は1剤分(1日分)だけで大汗が出ました。家族の人は慌てて先生に「先生、大変、汗が止まらない」と言い、先生も吃驚、直ちに石膏を煎じて飲ませると(石膏は麻黄の効果を減らす作用があります)汗が止まりました。
先生はこの症例を不思議に思い、自分の麻黄の使い方に間違いはないのになぜ?考えたあげく、一つの考えがひらめき、全部の薬渣を調べたら、理由が分かりました。前回の麻黄は、麻黄ではありませんでした。すべて偽麻黄だったのです。先生は薬売りの責任を強く追及したそうです。
以後、先生は患者さんに、薬渣を乾燥させ貯蔵するよう勧め、その習慣が、今も残っています。
[PR]
by jbucm | 2007-06-19 09:48 | 中国の話 | Comments(0)

根茎類薬材の採集と加工方法 4香附子

こんにちわ。李宏です。第四回目の今日は香附子を紹介します!
f0138875_20252075.jpg

別名は三稜草、莎草など。コウブシの名前で畑地、路傍、公園に生える雑草として良く知られています。多年生の宿根草本で、地中で盛んに出す根茎は、疎肝理気薬(肝気の疎通を良くし、気のめぐりを改善する薬)として婦人病、神経症に用い、解熱剤、鎮痛剤、風邪薬などにも処方されます。秋の終わり頃、地上の茎葉が枯れてから、翌年の春芽生える前までの時期に収穫します。根茎を掘り出し、火でひげ根を燃やし、沸騰したお湯で少々煮るか、或いは直接7~8割まで天日で干します。残ったひげ根を取り除き、さらに完全に干して乾燥させてから中薬として用います。
[PR]
by jbucm | 2007-06-13 10:00 | Comments(0)

根茎類薬材の採集と加工方法 3地黄

こんにちわ。李宏です。生薬の紹介、第3回目は地黄を紹介します。

f0138875_19203768.jpg


懐慶(かいけい)地黄ともいいます。多年生の草本薬材で、葉はギザギザした形状で、初夏、ピンク色の鐘形の大きめの花が咲きます。根は、補血、滋陰、解熱などの効果があって、生薬として用います。種をまいたその年に収穫できます。10~11月に、根茎を掘り出し、土を払い、水洗いせずに火であぶっていくとだんだんとと乾燥していき、柔らかくて黒く状態になります。外皮が硬くなれば、生地黄となります。それを刻んで乾燥させて保存します。

生地黄は清熱涼血、養陰生津の作用がありますが、それに30%の重量の黄酒で蒸しては乾かすことを何回か繰り返せば、熟地黄となります。熟地黄は、滋陰補血のはたらきを持っています。
[PR]
by jbucm | 2007-06-07 10:10 | Comments(0)

根茎類薬材の採集と加工方法 1 桔梗


こんにちは。李宏です。

良質な根や根茎類の薬材を作るには、適切な時期に採集し、正確に加工することが必要です。これから、4回シリーズで、いくつかの根茎類薬材の採集とその加工方法を中国語の文献からから訳し、紹介したいと思います。1回目の今回は桔梗です。

f0138875_11215043.jpg


1、桔梗(ききょう)
別名は白薬、梗草、紫花子など。多年生の草本薬材で、その根は咳や咽の薬にします。
根元の部分は多肉質で、長い円錐形です。栽培して2~3年目に収穫するのが良いとされ、一般に、晩秋から春の始め頃までに採集します。
次に加工方法です。地上にある茎や葉などを切り落とし、地下にある根を丁寧に掘り出し、土を払い、ひげ根や粗い皮を取り除いてから綺麗に洗います。
芦頭(ろず)(地上茎基部)を取り、そのまま、或は刻んでから天日で乾して用います。
[PR]
by jbucm | 2007-05-26 11:23 | Comments(0)

広州に里帰り  その2 涼茶編(周)

こんにちは!周です。
前回に引き続き広州を紹介します。2回目の今日は、「広東涼茶」について書きたいと思います。

皆さんは、「涼茶」がどのようなものかご存じですか?
「涼茶」には広義と狭義がありますが、広義におけるの涼茶とは清涼湯薬(清涼作用の煎じ薬)のことを指します。薬力が軽いものに「五花茶」・「夏桑菊」・「竹蔗茅根汁」等が、そして、薬性が強いものに「石岐涼茶」・「廿四味」・「斑痧茶」等があります。
狭義における涼茶とは湯薬に茶葉を入れている清涼湯薬のことを指します。たとえば、「緑菊茶」と言うのは、緑豆、菊花の中に茶葉を加えた物です。どちらの意味においても、涼茶は寒涼の性質を持ち、「熱気」或いは「上火」(熱、火は中医学の専門用語で、六淫のひとつ)でない方の飲用は、慎重にすべきで、人によっては禁忌である場合もあります。
現代医学や薬理研究において、涼茶に用いられている生薬は、抗菌・消炎・解熱・抗病毒(ウイルス)・免疫機能の調節などの作用があることが証明されました。

広東人が「涼茶」を飲む習慣は、清の道光時代に始まったと言われています。ところで、広東の人々が、なぜ「涼茶」を好んで飲むのか分かりますか?その理由は3つ、つまり、地理的な位置・気候・飲食習慣の三つが考えられます。

①地理的な位置について
広東は南方に位置し、「南」は中医五行学説で「火」に属します、《黄帝内経・陰陽応象大論》によれば、:南方生熱、熱生火。(南方は熱を生じ熱は火を生じる)。よって発病する病因病機には「火熱」・「暑熱」が多く見られます。

②気候について
広東は亜熱帯気候で、沿海地区、温暖で湿気の多い気候です、発病する病因病機は「湿温」・「湿熱」が多く見られます。

③飲食習慣について
飲食習慣とも関係が有ります。広東の人々は辛・辣・肥・甘・厚味、海鮮・山珍・野味などを好み、調理方法は煎・炒・炆・炸・炖・焼・烤などがあり、調理には、生姜・蒜・葱・胡椒・豆豉・花椒・八角など辛温燥熱の調味料をよく使います。
発病する病因病機は「燥熱」・「湿滞」が多く見られます。
広東地方では、民間において「涼茶」を飲むのはごく当たり前のことです。母が漢方薬局で買ってきた「涼茶」を家で煎じたものをを私も飲まされた記憶があります。現在は町のあちこちに「涼茶店」が点在しています。一杯一元の「涼茶」で飲めるのでとても便利です。
f0138875_22121711.jpg

f0138875_22123552.jpg

「黄振龍」は「涼茶店」です。
今回の記事はここまでにしたいと思いますが、今後機会があれば、内科・小児科・婦人科・男性病・外科など科別に「涼茶処方」を紹介したいと思っています!どうぞお楽しみに。
[PR]
by jbucm | 2007-05-24 13:15 | 中国の話 | Comments(2)

広州に里帰り  その1(周)

こんにちは、周です。
先日、ゴールデンウィークを利用し、久しぶり(約5年ぶり)に里帰りをしました。この場をお借りして、私の出身地である広東省広州市の風土や人情について2回シリーズでお届けしたいと思います。今日はその第一回目です。

広州市は中国の最も南に位置し、広東省の省都です。中国第3の河川である珠江の河口一帯には、肥沃な珠江デルタが広がっています。ほとんどが亜熱帯気候で夏は長く冬は暖かく、一年中花が咲いているためか、広州市は別名「花城」とも呼ばれています。約27年前から、鄧小平による改革開放の政策のお蔭で、いち早く中国の一番豊かな都市になりました。
f0138875_11545280.jpg


広州市の風景です。
「北京路」という、広州市の一番の繁華街です。いつも大勢の人でにぎわっています。毎日「歩行者天国」になっており、人々が何処から来ているのかと思うくらい、とにかく人が多いです。

こちらは「広州動物園」です。華南地方に有名な動物園です、熊猫(パンダ)もいます。

f0138875_11562179.jpg

「世界花展」です。花園の中に南方特有の植物が展示されています、日本産の石斛(中薬、補陰薬です)もあります、見た面はよくないですが、中国産よりも日本産の石斛のほうが、値段が高かったです。

f0138875_1159363.jpg


「飲茶」です。広州市の人は、朝ご飯を自宅でつくらずお茶・お粥・点心などを外食します。朝早起きしないとなかなか席が取れません。これが、毎朝の一苦労です。

f0138875_1221457.jpg


「陳李済」「采芝林」は漢方薬の専門店、、「宝生園」は健康食品などを取り扱う店です。

f0138875_1232275.jpg

f0138875_1262231.jpg


次回は「広東涼茶」を紹介します、お楽しみに・・・・!
[PR]
by jbucm | 2007-05-17 17:23 | 中国の話 | Comments(0)

北京研修旅行(臨床実習)の思い出

こんにちわ。新井友加里です。
日本校では、年に1度、研修旅行があります。
研修では、薬膳・気功・中医学の3コースに分かれた研修が組まれます。私は病院での中医学研修を選びました。3班に別れ(1つの班が約6名)、脳血管や糖尿病で入院患者さんの症状と脈や舌の色などを見せてもらい、処方を討論する病棟での研修が2日間。3日目は婦人科の外来の見学でした。

f0138875_14132558.jpg


3日目の婦人科外来(不妊不育の専門外来)は、中国国内だけでなく、アメリカからも患者が来るほどの盛況で、圧倒されました。研修は昨年の9月連休にかけてでした。今年は60年に1度の金の豚の年といわれ、今年生まれの赤ちゃんはお金に困らないという言い伝えがあるため、中国ではベビーブームです。思えば研修は昨年の9月・・・。元々K先生は大人気の先生ですが、2007年生まれの子供を産みたい人が多くて、更に混んでいたのかもしれません・・・・。

研修以外に、4月生10月生合同で卒業式典があり、4月10月生合同の卒業証書が授与されました。
f0138875_14292714.jpg

更に、私が卒業した昨年度は北京中医学大学本校が創立50周年だったので、卒業式典、研修以外にも、50周年記念式典や大宴会にも出席させていただきました。盛りだくさんの7日間でした。

オプショナルツアーは生薬市場、万里の長城、薬草園等に分かれて行動しました。
私は、薬草園にいき、薬草を使った薬膳を堪能し、とても有意義でした!

f0138875_14503990.jpg


自由時間には薬膳の本や中医学の本や薬膳食材を買ったりする時間もありました。

卒業される方は勿論のこと、在校生のかたも、卒業生のかたも、中国研修旅行にいくと、自分が学んでいる中医学が、病院で当たり前のように実践されている現実を見ることにより、また、本校の先生方や、本校の学生との交流、そして、同じ志をもって中医学を学ぶ同窓生との交流を通し、様々な刺激を受けることが出来ました。
今年は10月第3週を予定しています。詳細は学校にお問い合わせ下さいませ。
[PR]
by jbucm | 2007-05-16 13:44 | 研修旅行 | Comments(2)

日本校 教授紹介① 李栄興(りえいこう)教授

こんにちわ。新井友加里です。
北京中医薬大学日本校では、中国にある北京中医薬大学の本校から来日された2名の教授が、中医中薬専攻科の講義しています。私もお世話になった、二名の教授にインタビューをしてみました。
今週はまず、李教授を紹介します。

f0138875_16141924.jpg


プロフィール
李栄興 教授:1939年 生まれ。
1965年、北京中医薬大学(元北京中医学院)中医学部卒業、
1965年7月~1970年1月北京中医学院基礎部 教師として、勤務。
1970年~1987年7月 青海医学院中医学部、河北中学院中医学部などで教師、
また中医医師として、(国境地帯及び現場の建設を支援のため)勤務
1987年7月~北京中医薬大学に戻り、継続教育学院(元成人教育物)教師として、成人教育部主任、中医学部主任など歴任した。

医師・教師としてつとめて40年余り、豊富な臨床経験と高い中医学術レベルを持つ
中医学術論文を30編余り発表し、国家級の医学中核雑誌で、優秀論文一等賞などを獲得された事がある。

Q 日本での生活はいかがですか? 
まず、日本での生活はとても便利だと感じました。また、学校関連の皆さんをはじめ日本の皆さんには、様々な面でお世話になり、心より感謝しております。

A 日本の方はとても友好的でで親切だと思っています。
ある日、電車の乗り換えを間違えて、迷ってしまったとき、、ある年配の方が言葉が分らず困っているわた私を見て、私が乗る電車のところまで送って下さったことがあります。このことには、とても感動しました。
日中両国間の友情関係はは一般の人々の中に根を下ろしていると思いました。
Q 日本校で教えることについてどう思いますか?

Aこの学校で勉強されている生徒達はとても勤勉です。授業を一所懸命聴講し、ノートをとっています。先生を尊敬し、礼儀正しく、また、非常に友好的で親切だという印象を持ちました。
私は特に皆さんのこのような勤勉さや、また、積極的に質問をすることにとても感動しました。
日本校の皆さんが中医学という専門過程での学習を全う出来ることを信じております。
ここに、皆さんが成功学習を最後までやり遂げ、皆さんの前に無限の前途が開かれることを
願ってやみません。

中医学はとても幅が広くまた、、奥深い学問であり、「教学相長」つまり教えることと学ぶことで相互に成長出来ると思います。実際、私は、皆さんに教えることにより、皆さんに知識を伝えることができましたが、同時に自分もさらに進歩することが出来、非常に嬉しく思っています。

Q これから入学したいと考える方々に一言お願いします。

A 中医学には三千年の歴史があり、他の国にはない、独特の医学体系を持ち、最高レベルの医学理論を持つだけではなく、十分豊富な臨床経験も有しています。中医学の大学に入り、中医学の課程を勉強できることは大変幸運なことで、得ることが極めて多いでしょう。

人間に最も大切なものは何でしょう?それは生命です。皆さんがご存知のように、生命には健康な身体が必要です。中医を勉強すれば、疾病の予防と治療に必要な理論と技術を把握し、自分の健康を管理できるだけではなく、同時に中医学の養生の道も学び、健康で長生きする方法を学ぶことが可能です。もちろん、あなた自身だけではなく、ご親族や友達にも養生法を教えてあげることが出来ます。言うまでもなく、あなたご自身の仕事における成功に対する助けともなります。

以上、李教授の紹介でした。来週は高教授の紹介です。
[PR]
by jbucm | 2007-05-08 16:31 | 講師紹介・授業風景 | Comments(0)

国際氣功連合設立大會 午後の部 (その2)


国際氣功連合設立大會午後の部の写真の続きです。


健身気功(太極拳)表演
f0138875_21545465.jpg


健身気功(楽以舞療法)表演
f0138875_21551015.jpg


道家気功(回春)表演
f0138875_21552515.jpg

[PR]
by jbucm | 2007-05-04 22:02 | 医学気功・太極拳 | Comments(0)

北京中医薬大学日本校 4月生入学式


こんにちわ、李です。
去る4月7日、医学気功整体専科・中医薬膳専科・中医中薬専攻科で入学式が行われました。
今回は、全部で約70名の方が入学されました。新入生の皆さんは、期待に胸をふくらませ、これから始まる中医学の勉強を楽しみにされていることでしょう。

気功と薬膳の皆さんはこれから1年間、中医中薬専攻科の皆さんはこれから、3年間、どうぞよろしく御願いします。

f0138875_8325564.jpg


f0138875_8333857.jpg

[PR]
by jbucm | 2007-04-18 08:38 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)