タグ:中医薬膳専科 ( 126 ) タグの人気記事

 今年4月15・16日に行われた「国際中医薬膳師」、「国際薬膳調理師」認定試験の結果がでました。下記の通り(合格者の受験番号)ご案内いたします。

  CRACM-J17-001 CRACM-J17-002 CRACM-J17-003 CRACM-J17-004 CRACM-J17-005 CRACM-J17-006 CRACM-J17-007 CRACM-J17-008 CRACM-J17-009 CRACM-J17-010 CRACM-J17-011 CRACM-J17-012 CRACM-J17-013 CRACM-J17-014 CRACM-J17-015 CRACM-J17-016 CRACM-J17-017 CRACM-J17-019 CRACM-J17-020 CRACM-J17-021 CRACM-J17-022
CRACM-J17-023 CRACM-J16-039 CRACM-J16-081

  CRACM-J17-C03 CRACM-J17-C05 CRACM-J17-C06 CRACM-J17-C07 CRACM-J17-C08 CRACM-J17-C09 CRACM-J17-C10 CRACM-J17-C11 CRACM-J17-C12 CRACM-J17-C13 CRACM-J17-C14 CRACM-J17-C15 CRACM-J17-C16 CRACM-J17-C17 CRACM-J17-C18 CRACM-J17-C19


  合格証書及び成績表が届き次第、郵便局・書留で皆様の手元へ発送致してますので、あと数日お待ち下さい。

  ちょうど本日に、もう一つ嬉しいニュースが入っておりまして、2年前に卒業された大橋明子さんが書いた『
しあわせ野菜レシピ』という本は、料理本のアカデミー賞といわれている グルマン世界料理本大賞でグランプリ受賞しました! (←こちらをクリックすると、大橋さんのブログをご覧になられます。)

   大橋さん、本当におめでとうございます!


   グルマン世界料理本大賞については、こちらをご覧ください。
 
  それでは、これからも、皆様のご活躍を期待しております。

(教務担当 李)


[PR]
by jbucm | 2017-06-04 15:35 | 中医薬膳専科 | Comments(0)
この度、中国中医薬研究促進会より今年10月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験の結果についての連絡がありましたので、下記にご報告致します。

今回、「国際中医薬膳師」試験に、109名申込み者の中、106名(再試験者を含む)の方が参加者され、101名が合格されました(合格率は95.2%)。「国際薬膳調理師」試験(再試験者を含む)に23名の方が参加者され、全員が合格されました(合格率は100%)。

下記は試験に未参加者及び不合格の方の受験番号です。合格された方の受験番号は掲載しておりません。どうぞ、ご確認下さい。

CARCM-J16-039、CARCM-J16-060、CARCM-J16-063、CARCM-J16-081、CARCM-J16-082、CARCM-J16-098、CARCM-J16-102、CARCM-J16-133

 合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非もう一度チャレンジして下さい(合格された科目の成績は二年以内有効です)。

 合格証書及び成績表はまだ届いておりません。届きましたら、皆様のお手元へお送りさせて頂きます。

(日本校 事務局)
[PR]
by jbucm | 2016-11-05 13:54 | 中医薬膳専科 | Comments(0)
この度、中国中医薬研究促進会より今年4月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験結果についての連絡がありましたので、下記にご報告致します。

今回、「国際中医薬膳師」試験に、31名(再試験者を含む)の方が参加され、全員が合格されました(合格率は100%)。「国際薬膳調理師」試験に24名の方が参加され、18名が合格されました(合格率は75%)。

下記は「国際薬膳調理師」試験の合格者の受験番号です。どうぞ、ご確認下さい。

CRACM-J16-C02、CRACM-J16-C04、CRACM-J16-C06、CRACM-J16-C07、
CRACM-J16-C08、 CRACM-J16-C09、CRACM-J16-C12、CRACM-J16-C13、
CRACM-J16-C14、CRACM-J16-C16、 CRACM-J16-C17、CRACM-J16-C18、
CRACM-J16-C19、CRACM-J16-C20、CRACM-J16-C21、CRACM-J16-C22、
CRACM-J16-C23、CRACM-J16-C24


合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非もう一度チャレンジして下さい(合格された科目の成績は二年以内有効です)。

 合格証書及び成績表はまだ届いてませんので、届きましたら、即ち皆様のお手元へお届け致します。

(日本校 事務局)
[PR]
by jbucm | 2016-06-13 11:07 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

 大変お待たせ致しておりますが、本日、中国中医薬研究促進会より、今年10月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験の合格証書が届きましたので、早速、簡易書留で皆さんへ郵送いたしました。

 2~3日中にお手元に届くと思いますので、ご確認下さい。どうぞ、宜しくお願い致します。


 日本校 事務局
 
[PR]
by jbucm | 2015-11-26 11:37 | Comments(0)

この度、中国中医薬研究促進会より今年10月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験の結果についての連絡がありましたので、下記にご報告致します。

今回、「国際中医薬膳師」試験に、103名申込み者の中、102名(再試験者を含む)の方が参加者され、98名が合格されました(合格率は95.1%)。「国際薬膳調理師」試験に14名の方が参加者され、全員が合格されました(合格率は100%)。

下記は試験に未参加者及び不合格の方の受験番号です。合格された方の受験番号は掲載しておりません。どうぞ、ご確認下さい。

CARCM-J15-023、CARCM-J15-025、CARCM-J15-048、CARCM-J15-053、CARCM-J15-081

合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非もう一度チャレンジして下さい(合格された科目の成績は二年以内有効です)。

 合格証書及び成績表はまだ届いてませんので、届きましたら、即ち皆様のお手元へお届け致します。

(日本校 事務局)
[PR]
by jbucm | 2015-11-07 17:04 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

この度、当校の中医薬膳専科10月生の応募者は当初の募集人数の25名を超えました。ご好評のため、今回は募集人数を50名(2クラス)に増員致します。

まだこの10月に入学を検討されている方は、是非このチャンスを見逃せなく、早めに入学願書をご提出下さいませ。

なお、中医薬膳専科の講義の体験をご希望される方は、下記の時間帯にお越し頂ければ、体験入学はできます:

9月26日(土)の13:00~16:30
9月27日(日)の10:00~16:00

(9月19、20日は卒業試験のため、体験できませんので、ご了承ください)

ご質問、または資料請求の場合は、info@jbucm.comにE-mail、又はお電話(03-3818-8531)及び FAX(03-3818-8532)にてご連絡下さい。

(日本校事務局)

[PR]
by jbucm | 2015-09-17 10:00 | 中医薬膳専科 | Comments(0)

こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。その17 

咳嗽

羅漢果
羅漢果2個 砕いて煎じる、就寝前に服用する。この方は化痰止咳、潤腸通便作用がある。

白果(銀杏)仁
白果仁20g 粳米200g 砂糖20g 先ず白果殻を割って中身を取り出し、熱い梘水(かんすい、中華そば・ちまきを作る時に発酵材として天然ソーダの水)で白果仁の薄皮を剥く。水で洗った後、粳米と一緒にお粥にして、砂糖を加え少々加熱したら出来上がる。この方は止咳平喘、固腎補肺作用がある。
注意事項:小毒があるので、小児(肝臓の解毒機能が未発達のため)には特に要注意である。食べ過ぎないようにする。

款冬花
款冬花10g 熱湯で沖泡する。お茶代わりに飲む、5日を継続して服用する。この方は慢性咳嗽、胸脘悶、食欲不振に有効する。

百合
百合50g 薏苡仁50g 桔餅(甘橘類の加工品、図を参照下さい)50g 糯米100g 砂糖適量 薬米同煮法(薬粥制作法の1つである)でお粥を作る。砂糖で味を調える。この方は日久(長期間)咳喘、肺炎の後期、百日咳、肺結核に有効する。

川貝母
①川貝母3~6g 梨1個 梨を横半分で切って、芯を取り除く。川貝母を梨の孔(芯をとった後に空いてるところ)に入れ、梨の半分を戻して、竹串で固定する。炖盅に入れ炖する。毎日1回服用する。氷砂糖を加えても良い。この方は秋の燥邪を感受した傷津、咳嗽少痰、咽乾疼痛、咯きにくい粘りある痰などに有効する。
②川貝母10g 浙貝母8g 梨2個 梨は皮を剥き、芯を切り取って捨て、乱切りにする。上記ものを炖盅に入れ、40分位炖する。

甘草
甘草・蜂蜜・酢各適量 上記ものを煎じて服用する。毎日3回服用する。

熟附子
熟附子10g 乾姜5g 葱白2本 大米100g 黒砂糖少々 先ず熟附子・乾姜は1時間位煎じ、渣を捨てる。その煎汁に大米と水を加え、3分粥(薄く炊ける)にする。葱白・黒砂糖を入れ、3分間後に火を消す。1日中2~3回に分けて服用する。

以下の食物・中薬は咳嗽に有効です。食べ方・作り方は省略します。
青黛、靈芝、胎盤、西洋人参、威霊仙、胡麻、サトウキビ、白茅根、杭菊、胖大海、天冬、黄精、玉竹、大根、クラゲ、クロクワイ、沙参、西瓜、荷葉、枇杷葉、木瓜、茶葉、杏仁、細辛、山薬、石葦、月季花
[PR]
by jbucm | 2015-07-20 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。その17 

咳嗽

大蒜
大蒜10カケ 大蒜の皮を剥き、泥状までつき砕く。傷湿止痛膏(中成薬の一種で、袪風湿・活血止痛効果がある)の中心部に置いてから、両足の涌泉穴に貼る。毎晩1回、翌朝に剥す。この方は、風寒燥咳に有効し、3~6回を連続すると治癒する。

生姜
①生姜 2~3cmの厚さをスライスして、切り目を入れる。塩を振って、2~3分加熱(燻る)してから少量の白酒に浸ける。(生姜を持って)患者の背部や脊髄の両側を沿って上下・繰り返し擦る。毎日2~3回、1回5~10分間、3日を連続すると治癒する。小児患者にも用いる。
②生姜汁・麦芽糖(蜂蜜可)各1匙、お湯で沖服する。毎日2~3回。この方は、老人慢性咳嗽、特に夜間咳嗽に有効する。

蜂蜜
①蜂蜜30g 玉子1個 玉子を割って椀に入れ、掻き混ぜる。蜂蜜は適量の水を加え沸騰させる。玉子に蜂蜜水を注ぐ、飲服する。
②蜂蜜・生姜汁各200g 大根汁・梨汁・牛乳各300g 上記ものを糊状まで煮詰める。毎日・早晩1回ずつ、白湯で数匙を送服する。この方は、労咳(肺結核)に適応する。

猪肺(豚の肺臓)
猪肺250g 白果(去殻)12個 薏苡仁30g 粳米100g 山茱萸(去核)6g 塩・味の素少々
猪肺は、きれいに洗い乱切りして湯通し(肺の中の汚物を排出させるため)。薏苡仁・粳米
は、30分位煮る。猪肺・白果・山茱萸を加え、お粥にする。塩・味の素で味を調える。この方は、益肺化痰・止咳作用があり、慢性咳嗽に有効する。

燕窩(えんか、アナツバメが海藻をのみ下してから吐き出したにかわ状のもので作った巣)
燕窩6g 銀耳9g 氷砂糖適量 燕窩・銀耳は水で戻す、氷砂糖と一緒に炖する。毎週2~3回、4週間を連続する。この方は、咳喘日久(長く)・肺腎虚に有効する。

橘皮
新鮮の橘皮適量 橘皮は千切りして砂糖を加え、お湯で沖服する。この方は化痰止咳作用がある。

青皮
青皮・陳皮各10g 干し大根3g 茶葉4g 上記ものをお湯で浸泡して飲服する。この方は、行気健胃・袪痰止嘔作用があり、咳嗽・噯気嘔吐・胸悶腹脹などに用いる。

胖大海
胖大海4~5個 氷砂糖適量(つき砕く) 上記ものは、蓋付の大き目カップに入れ、沸騰した水を注ぎ、蓋を閉め、約20を待つ。少量・少しずつ飲服する。毎日2~3回服用する。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2015-06-29 09:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)
大変お待たせしておりますが、この度、中華中医薬学会より今年4月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験の結果についての連絡がありましたので、下記にご報告致します。

今回、62名申込み者の中、59名(再試験者を含む)の方が試験に参加者され、57名が合格されました(合格率は96.6%です)。合格者の受験番号をお知らせ致しますので、どうぞ、ご確認下さい。

ICMD-J15-001、ICMD-J15-002、ICMD-J15-003、ICMD-J15-004、ICMD-J15-005、
ICMD-J15-006、ICMD-J15-007、ICMD-J15-009、ICMD-J15-010、ICMD-J15-013、
ICMD-J15-014、ICMD-J15-015、ICMD-J15-016、ICMD-J15-017、ICMD-J15-018、
ICMD-J15-019、ICMD-J15-020、ICMD-J15-021、ICMD-J15-022、ICMD-J15-024、
ICMD-J15-025、ICMD-J15-026、ICMD-J15-027、ICMD-J15-028、ICMD-J15-029、
ICMD-J15-030、ICMD-J15-031、ICMD-J15-032、ICMD-J15-033、ICMD-J15-034、
ICMD-J15-035、ICMD-J15-036、ICMD-J15-037、ICMD-J15-038、ICMD-J15-039、
ICMD-J15-040、ICMD-J15-041、ICMD-J15-042
ICMD-J15-C01、ICMD-J15-C02、ICMD-J15-C03、ICMD-J15-C04、ICMD-J15-C05、
ICMD-J15-C06、ICMD-J15-C07、ICMD-J15-C08、ICMD-J15-C09、ICMD-J15-C10、
ICMD-J15-C11、ICMD-J15-C12、ICMD-J15-C13、ICMD-J15-C14、ICMD-J15-C15、
ICMD-J15-C16、ICMD-J15-C17、ICMD-J15-C18、ICMD-J15-C19

合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非もう一度チャレンジして下さい(合格された科目の成績は二年以内有効です)。

 合格証書及び成績表はまだ届いてませんので、届きましたら、即ち皆様のお手元へお届け致します。

(日本校 事務局)
[PR]
by jbucm | 2015-06-11 10:30 | Comments(2)
こんにちは、周です。「単味」良方の紹介です。その17 

咳嗽

陳酢(長く貯蔵した酢)
陳酢500g 氷砂糖(つき砕く)250g 上記ものを混ぜて飲服する。毎回1~2匙、毎日3~5回。朝昼晩三食の調味料としてもよい。


梨1個 氷砂糖適量 梨はキレイに洗い(皮も使う)、芯を切り取って捨てる。氷砂糖と水を加え炖する。この方は咳嗽音啞(咳が出て、声がかすれる)、咽喉乾痛(乾燥して痛い)に最適である。

大根
①大根適量 砂糖10g 大根の皮を剥き、おろした汁(約30cc)に砂糖を混ぜる。毎日朝晩1回服、連続3日間服用する。この方は咳嗽音啞・胸悶胃脹・食欲不振に有効する。
②大根・乾姜・梨各適量 上記ものを煎じて服用する。
③大根1本 白胡椒5粒 生姜5g 陳皮10g 上記ものを煎じて服用する。

豆乳
豆乳200cc 玉子1個 砂糖適量  上記ものを混ぜて服用する。この方は止咳・補血作用がある。

豆腐
豆腐1丁 植物油50g 食酢50g 葱・塩少々 熱した油に葱・塩を加える、豆腐にその油を注ぐ。ヘラで豆腐をつぶし・炒める。酢を加えて、豆腐に浸み込むまで炒める。温かいうち食べる。おかずとしてもよい。就寝前食べてもよい。
南瓜の藤汁
秋季、南瓜を収穫する際(南瓜を実らない)、根部から約65cmの処、南瓜の藤を切り取る。切り取った藤茎を瓶に挿す。一晩置かせて、翌朝に藤汁を回収する。藤汁を蒸して飲む。毎回30~50cc、毎日2回。糸瓜(へちま)・冬瓜の藤汁を混入してもよい。この方は、清肺熱作用がある。

次回へ続き
[PR]
by jbucm | 2015-06-04 10:30 | 中国の薬膳 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm