国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです

by jbucm

タグ:中国文化 ( 298 ) タグの人気記事

ラブレター

こんにちは、周です。今回は薬名で書いた情書(ラブレター)の話です。

明代の文学者・劇作家である馮夢龍(1574~1646年)は、字が犹龍と言い、出身は呉県長州(今の江蘇省蘇州市)であります。当時の士大夫(官僚層、官職にない読書人を含む)の家庭に生まれ、兄弟三人(夢桂、夢龍、夢熊)は「呉下三傑」と呼ばれます。
馮夢龍が著した・世の中に知られている≪喩世明言≫、≪警世明言≫、≪醒世明言≫の以外に≪桂枝児≫、≪山歌≫という時調(民謡)集も書きました、その中に中薬名を用いてラブレターを書きました。

そのラブレターを紹介します。
你説我、負了心、無凭枳実、激得我蹬穿了地骨皮、愿対威霊仙発下盟誓。細辛将奴想、厚朴你自知、莫把我情書当作破胡紙。想人参最是離別恨、只為甘草口甜甜的哄到如今、黄連心苦苦嚅為伊耽悶、白芷児書不尽離情字、囑咐使君子、切莫做負恩人。你果是半夏当帰也、我情愿対着天南星徹夜的等。

ラブレターに14種の中薬名があります。皆さんも探してみてください。
[PR]
by jbucm | 2017-04-24 09:30 | 中医学 | Comments(0)
こんにちは、三が月ぶりに黄帝内経の筆記を更新いたしました。こちらを読む前に、前回、12月19日の内容を復習しましょう。

素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)⑥

【説明】一、本段は、勝気と復気の変化の原因及び規律について、「夫気之生、与其化衰盛異也」と述べている。時令が至らずに気が至る、或は時令が至っているのに気が至らず、勝気と復気が発生する。一般的に勝気が先で復気が後で発生する。勝気は復気の原因で、復気が勝気の結果である。勝気が盛んであれば復気も盛んになる;勝気が虚弱であれば復気も衰弱であり、勝気が緩和であれば復気も緩和である。これは天地変化の規律である。また、原文に「寒暑温涼盛衰之用、其在四維」と説明している。故に、慎重に四維の変化を察知すれば、勝復の発生も推測できる。

なお、より全面的に勝気と復気の概念や、発生の規律、及びそれによる発病の変化と勝復を応用した治則などを把握するには、本篇の上文及び『素問・気交変大論』などを参照して勉強したほうが良いでしょう。

二、本節は、脈象は四時の気候変化に応じるべき、応じないのは病脈になると説明してある。人は自然界と統一している整体であり、自然界の四時気候の変化は、万物の生・長・化・収・蔵に関わるだけではなく、人体臓腑の盛衰にも影響を与える。人体気血の運行は脈象で反映する。そのため、四時脈象の変化は疾病の診断に繋がる。たとえば、秋の脈に澀であるが数象がなければ、気化不利であり「四塞」に属す;秋の脈に数象がで過ぎるとなると、気候の交通がなり過ぎ、これも「非時の脈」である;四時の脈象が乱れる場合は、乗侮現象が発生し、気脈が乱れる;季節が過ぎてもその脈象が二度と至るのは、その母気が強すぎる兆候である;季節がまだ過ぎてないが、その主脈が先に消えるのは、本気が不足し、来る気(次の季節の気)があり過ぎることである;季節が過ぎてもその脈象がまだ去らないのは本気が有余で、来る気(次の季節の気)が不足していることである。上記のいずれも病脈である。

(李)


[PR]
by jbucm | 2017-03-21 11:56 | 中医学 | Comments(0)

不思議な中文

こんにちは、周です。今回は中国語の話です。

以下は「我」と「佛」の会話です、中国語で紹介します。
有一天、我求了佛、佛説:我可以讓你許個愿。
我対佛説:讓我家人和所有朋友永遠健康!
佛説:只能四天
我説:行。春天、夏天、秋天、冬天
佛説:不行、三天
我説:行。昨天、今天、明天
佛説:不行、二天
我説:行。白天、黒天
佛説:不行、就一天
我説:行。
佛茫然問到:哪一天
我説:毎一天
佛説:行。家人和所有朋友天天健康!

心酔される中国文化!不思議な中文です。
中国語が分かる方は、中国語の素晴らしさが実感出来ましたでしょうか
[PR]
by jbucm | 2017-03-13 09:30 | 中国語 | Comments(0)
素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)⑤

【原文】帝曰:勝復之変、早晏何如①?岐伯曰:夫所勝者、勝至已病、病已慍慍、而復已萌也。夫所復者、勝尽而起、得位而甚、勝有微甚、復有少多、勝和而和、勝虚而虚、天之常也②。

帝曰:勝復之作、動不当位、或後時而至、其故何也③?岐伯曰:夫気之生、与其化、衰盛異也④。寒暑温涼盛衰之用、其在四維⑤。故陽之動、始於温、盛於暑;陰之動、始於清、盛於寒。春夏秋冬、各差其分⑥。

故『大要』曰:彼春之暖、為夏之暑、彼秋之忿、為冬之怒⑦。謹按四維、斥候皆帰、其終可見、其始可知⑧。此之謂也。帝曰:差有數乎?岐伯曰:又凡三十度也⑨。帝曰:其脈応皆何如?岐伯曰:差同正法、待時而去也⑩。

『脈要』曰:春不沈、夏不弦、冬不澀、秋不數、是謂四塞⑪。沈甚曰病、弦甚曰病、澀甚曰病、數甚曰病、參見曰病、復見曰病、未去而去曰病、去而不去曰病、反者死⑫。故曰:気之相守司也、如権衡之不得相失也。夫陰陽之気、清靜則生化治、動則苛疾起⑬、此之謂也。

【注釈】①勝復之変、早晏何如:勝気と復気の変化に、発生する時間との関係は如何?「早晏」とは時分の意味である。

②夫所勝者、勝至已病、病已慍慍、而復已萌也。夫所復者、勝尽而起、得位而甚、勝有微甚、復有少多、勝和而和、勝虚而虚、天之常也:所勝の気について、勝気が到来すると発病し、病気が慍積(慍慍:溜まる)すると、復気が萌え始まる。一方、復気は勝気が終了する時に起こり、復気の時期になったら甚だしくなる。勝気に微甚(酷さ)があり、復気にも少多(多さ)がある。勝気が緩和であれば復気も緩和になり、勝気が虚であれば復気も虚になる、これは自然変化の規律である。

③勝復之作、動不当位、或後時而至、其故何也:勝気と復気の発生及び冴える時期に不適切や、遅れる場合もある、それは何故?

④夫気之生、与其化、衰盛異也:気の発生と変化は、その盛衰状況によって異なる。

⑤寒暑温涼盛衰之用、其在四維:寒暑温涼の盛衰作用は、その四維にて現す。「四維」は、四肢または東南・東北・西南・西北の四方で四隅ともいうが、ここの「四維」は「辰・戌・丑・未」と言う四季の最後の月(つまり3・6・9・12月で季節の変わり目)を指す。

⑥故陽之動、始於温、盛於暑;陰之動、始於清、盛於寒。春夏秋冬、各差其分:故に陽気の発動は、温(3月)に始まり暑(6月)に盛んになる、陰気の発動は、清(9月)に始まり、寒(12月)に盛んになる。春夏秋冬四季の間、一定な時差がある。

⑦故『大要』曰:彼春之暖、為夏之暑、彼秋之忿、為冬之怒:故に『大要』が曰く:春の温暖が夏の暑熱になり、秋の厳しさが冬の凛冽になる。

⑧謹按四維、斥候皆帰、其終可見、其始可知:慎重に四季の変化を察知し、気候の回帰を待ちながら、(季節の)終りが見え、その始めも知ることができる。

⑨帝曰:差有數乎?岐伯曰:又凡三十度也。帝曰:四時の差に常數があるか?岐伯曰:多くは三十日である。

⑩帝曰:其脈応皆何如?岐伯曰:差同正法、待時而去也:帝曰:その変化に脈象の反応は如何?岐伯曰:その差は正常時と同じで、時期が過ぎたらその脈もなくなる。

⑪『脈要』曰:春不沈、夏不弦、冬不澀、秋不數、是謂四塞:『脈要』が曰く:春に沈脈、夏に弦脈、冬に澀脈、秋に數脈が無いことを「四塞」と謂う。「塞」とは、塞ぐ、不通の意味である。「四塞」とは、四時の気が交通しないことを指す。『素問経注節解・巻五』の説明:人体の経脈は、四時に応じて、春弦・夏数・秋澀・冬沈という違いがある。しかし、その気が常に上下前後で流通している。そのため、春脈は弦であるが、その気が冬の気から受け継ぎ、また夏の気まで流れ込む。正常の場合、春脈は弦のなかに沈、夏脈は数のなかに弦、秋脈は澀のなかに数、冬脈は沈の中に澀を兼ねるが宜しいである。これは上下の気が相通と謂う。そうでなければ、「四塞」となる。本段は『四気調神大論』を参照するべきである。

⑫沈甚曰病、弦甚曰病、澀甚曰病、數甚曰病、參見曰病、復見曰病、未去而去曰病、去而不去曰病、反者死。故曰:気之相守司也、如権衡之不得相失也:沈脈・弦脈・澀脈・数脈それぞれが過ぎたものは病脈である。また、まちまちの(四時の気に従わない)脈・(四時の気が)去っているがその脈がまた来るもの・(四時の気が)未だ去ってない(脈が)先に去るもの・(気が)先に去って(脈が)去らないものなど、これらは病脈である。脈が気と逆になるものは死脈である。故に(脈は四時の)気に従ってある。これは権と衡の器のように間違ってはいけない。

⑬夫陰陽之気、清靜則生化治、動則苛疾起:陰陽の気が清靜ならその生化が正常である、騒動なら疾病が起きる。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-12-19 09:30 | 中医学 | Comments(0)
素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)④

【説明】本段は、標本中気の従化及び疾病との相反関係を述べている。「標本中気」は運気学説の内容の一つで、注釈①に説明したように「標」は三陰三陽(少陽・太陽・陽明・少陰・太陰・厥陰)を指し、「本」は六気(風・寒・暑・湿・燥・火)を指す。そこで、本の下、標の上にあって、標本と表裏関係を持つ気を「中気」とされる。標本の気はそれぞれ陰陽寒熱の性質を持つ。人は行き交う天地の気の中に存在している、そして天地の気が四方八方に動き千変万化しているから、人と自然界と間に密接な関係が形成する。通常では、人体は天地四時陰陽の変化に適応し、発病しない。だが、天地に非常な変化があったら、邪気を受けて発病する可能性がある。六気に標本があるため、その従化関係も幾つがある:本に従う、標本に従う、標本に従わない、標本に従わなく中気に従う等々ある。下記は例である:
  本に従う病証:
①少陽:本は火、標は陽、中気は厥陰(風木)である。口苦、頭痛、耳聾(難聴)、眩暈などの症状は、火の本気から生じたものである。
②太陰:本は湿、標は陰、中気は陽明(燥金)である。腹脹泄瀉、浮腫などの症状は、湿の本気から生じたものである。
上記の①②とも標と本が同気に属するから、(症状を)「従本化」とする、中気も本気に従うとなる。

本と標に従う病証:
③太陽:本は寒、標は陽、中気は少陰(君火)である。
④少陰:本は熱、標は陰、中気は太陽(寒水)である。
上記の③④は標と本が異なる気に属するから、症状は「従本化寒(熱)」と「従標化熱(寒)」両方みられる。故に太陽と少陰の傷寒はどちらも寒化証と熱化証がある。

中気に従う病証:
⑤陽明:本は燥、標は陽、中気は太陰(湿土)である。陽明は陽の極めであり、「陽極則ち陰が生まれる」、故に、燥より湿の症状が現れてくる。
⑥厥陰:本は風、標は陰、中気は少陽(相火)である。厥陰は陰の極めであり、「陰極則ち陽が生まれる」、故に、木より火の症状が現れてくる。
上記の⑤⑥の病証は標にも本にも従わず、中気の太陰又は少陽に従う。

なお、六気の変化には、勝、復、太過及び不及などがある。故に、六淫より引き起こす病証も、本によるもの、標によるもの、中気によるものなどがある。

要するに、標本中気と陰陽六気の理論は人体(形)が自然界(気)への感応規律を説明し、疾病の病因病機に対する認識や、治療法への導きとなる。

標本中気逆従の治法に関して、次のように説明している:病が本によるものは、その本を治療する;病が標によるものは、その標を治療する;病が中気によるものは、その中気を治療する;病が本と標によるものは、標本兼治する。所謂「逆従治則」は、逆治法と従治法が含まれる。逆治法とは、寒を以て熱を治す、熱を以て寒を治すなどがある、それは薬性が疾病の徴候が逆であるから「逆治法」と言う、これを「正治法」とも称する。一方、従治法とは、寒を以て寒を治す、熱を以て熱を治すなどがある、それは薬性が疾病の一部の徴候(仮相)が同じであるから「従治法」と言う、これを「反治法」とも称する。「従治法」は真寒假熱や真熱假寒など複雑な病証の治療に使われる。

本段は、六気が勝の時の脈象変化(例)もあげている。一年中六気の変化は当然人体の臓腑気血を影響する。六気が勝(主気)の時が三陰三陽に反映する脈象は次の通り:厥陰の気は風木で、臓は肝であるから、其の脈は弦である;少陰の気は君火で、臓は心であるから、其の脈が鈎となるなどなど。これらは疾病の診断や予後の判断の参考となる。なお、「脈至而従、按之不鼓、諸陽皆然。諸陰脈至而従、按之鼓甚而盛也」との説は、脈と証が一致しない「真寒假熱証」と「真熱仮寒証」の診断に理論的依拠を提供している。



(李)
[PR]
by jbucm | 2016-12-05 09:53 | 中医学 | Comments(0)

孫思邈与蘆照鄰

こんにちは、周です。医家・孫思邈逸話を紹介します。

第四話:孫思邈与蘆照鄰

唐高宗咸亨4年(670年)に、高齢(90歳)の孫思邈は光徳坊で30歳位の蘆照鄰を接待しました、蘆照鄰は初唐文壇四傑の一人で、字は昇之、号は幽優子と言い、本籍は幽州范陽(今の北京大興)、四川新都県尉(官位)に就いていました。用事があるので上京し、光徳坊に泊まり、そして偶然に会うことができました。
蘆照鄰は、「蒼生太医」の孫思邈の医術と博学を敬服して、「道合今古、学有数術……推歩甲子、度量乾坤、飛錬石之奇、洗腸胃之妙」称し、一度会えたらいいなぁと思いました。彼は全身に痒みを自覚し、数多くの診察を受けましたが、好転しませんでした。孫思邈に診察を求めました。
孫思邈:確かに悪疾を患っていますね。
蘆照鄰:どんな病?
孫思邈:癩病(ハンセイ病)です。
癩病が不治な病気だと彼は知っていました。
蘆照鄰:先生は治せますか?
孫思邈:ご安心下さい。私は全力尽くして治療してみますので、暫くここに住んでいて、そうしたら私は随時診察でき、面倒も見られます。
そして彼は先生の好意に甘えて光徳坊に住みました。

ある日、二人は閑談しました。
蘆照鄰:私の運命は庭に病気がある梨の木と似ています(冤罪で収監されたことがあった、今は悪疾を患っている)。2・3日前に今の心境を表し≪病梨樹賦≫を書きました、先生のご指導下さい。
孫思邈:「形体有可癒之疾、天地有可消之災」、あなたは疾病に対する悲観を持ってはいけません。私は累計600人の癩病患者を診療しました、1/10位は健康に回復しました。貞観の年、私は重症の患者を太白山に連れて行って、100日間を治療し(薬を飲ませて、規則正しい生活をさせ)ましたら、その患者は新しい眉毛・鬚が生えてきました。あなたも確かに重症ですが、私の診療を受けたら、治る希望がないわけではないですよ。
孫思邈は、懸命に彼の病気と闘う自信を与えています。

残念ですが、訳があって二人は離れなければなりません、孫思邈の治療を継続することができなくなりました。約5年後、蘆照鄰は退官して孫思邈が言った太白山に行きましたが、病情が更に悪化していました。また、悪道士に惑わされ「仙丹」(仙人の薬、喩:効能顕著な薬。仙丹の成分は人体に有毒な金属=水銀・砒素・鉛である)を飲み続けて、返って症状が加重させ、苦痛で耐えられないのです。そんな状況での≪五悲≫≪釋疾文≫など作品を書きました。永淳元年の恩師孫思邈の死も打撃を受け、悲観的な考えるようになり自殺しました。
[PR]
by jbucm | 2016-11-28 09:55 | 中医学 | Comments(0)
素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)③

【原文】帝曰:善。病生於本①、余知之矣。生於標者①、治之奈何?岐伯曰:病反其本、得標之病、治反其本、得標之方②。帝曰:善。六気之勝、何以候之?岐伯曰:乘其至也③。
清気大来、燥之勝也、風木受邪、肝病生焉。
熱気大来、火之勝也、金燥受邪、肺病生焉。
寒気大来、水之勝也、火熱受邪、心病生焉。
湿気大来、土之勝也、寒水受邪、腎病生焉。
風気大来、木之勝也、土湿受邪、脾病生焉。
所謂感邪而生病也。

乘年之虚、則邪甚也。失時之和、亦邪甚也。遇月之空、亦邪甚也④。重感於邪、則病危矣。有勝之気、其必来復⑤也。

帝曰:其脉至何如?岐伯曰:厥陰之至其脉弦;少陰之至其脉鈎;太陰之至其脉沈;少陽之至大而浮;陽明之至短而澀;太陽之至大而長。至而和則平、至而甚則病、至而反者病、至而不至者病、未至而至者病、陰陽易者危。

帝曰:六気標本、所従不同、奈何?岐伯曰:気有従本者、有従標本者、有不従標本者也。帝曰:願卒聞之。岐伯曰:少陽太陰従本、少陰太陽従本従標、陽明厥陰不従標本、従乎中也。故従本者、化生於本;従標本者有標本之化;従中者以中気為化也。

帝曰:脉従而病反者、其診何如?岐伯曰:脉至而従、按之不鼓、諸陽皆然。帝曰:諸陰之反、其脉何如?岐伯曰:脉至而従、按之鼓甚而盛也。

是故百病之起、有生於本者、有生於標者、有生於中気者。有取本而得者、有取標而得者、有取中気而得者、有取標本而得者、有逆取而得者、有従取而得者。逆、正順也;若順、逆也。故曰:知標与本、用之不殆、明知逆順、正行無問。此之謂也。不知是者、不足以言診、足以乱経。故『大要』曰:粗工嘻嘻、以為可知、言熱未已、寒病復始、同気異形、迷診乱経。此之謂也。夫標本之道、要而薄、小而大、可以言一而知百病之害。言標与本、易而勿損、察本与標、気可令調、明知勝復、為萬民式、天之道畢矣。

【注釈】①病生於本、生於標者:標本は相対的な概念であり、文章の中で出る場所によって違う意義がある。ここの「標本」の意味に対しては幾つの注釈があるが、本篇の内容によって「五運六気」の標本を指しているはずだから、『素問集注・巻八』に従う。風・熱・湿・暑・燥・寒という六気は気候変化で「本」であり、三陰三陽は六気の標的な表しである。太陽は諸陽の始めその本は寒水である;少陰は陰の中の太陰でその本は君火である;陽明は陽盛の気でその本は清粛である;厥陰は陰極を主りその本は風木の陽である。

②病反其本、得標之病、治反其本、得標之方:六気標本の治法を言っている。病は本にあれば、その「本」を治療する;病は標にあれば、その「標」を治療するべき。即ち「証」を根拠にして治療する。例えば太陽の本は寒水であり、標は陽熱である。太陽傷寒を治療の際、もし本である「寒水」を治療せず、標である「陽熱」を治療したら、これが「病反其本」であり、結果は「得標之病」となる。温熱のものを用い「本寒」を治療せず、寒涼のものを使って「標熱」を治療することは、「治反其本、得標之方」と謂う。ここで指摘しなければならないのは、これは「標本治法」のすべての内容ではない。後文に詳しい紹介がある。

③六気之勝、何以候之?乘其至也:六気の勝気をどうやって察する?(勝気が)到来の時に察する。これは岐伯が皇帝の質問に対する回答である。ただし、「乘其至也」に対して『素問釈義』は、「乘其虚也」の誤りだと書いてある。後文にある「虚」に乗って至るという意味としている。この解釈では、勝気を察することではなく、勝気が至るタイミングを説明している。

④乘年之虚、則邪甚也。失時之和、亦邪甚也。遇月之空、亦邪甚也:「乘年之虚、失時之和、遇月之空」とは『霊枢・歳露論』でいう「三虚」のことである。それぞれの意味は次の通りです:
「乘年之虚」は、歳(年)の主気が不及(弱い)で、その「所不勝」(それを剋す)気が乗じることを指す。例えば、木運が不及の場合、清気(金)がそれを勝つ;火運が不及の場合、寒気(水)がそれを勝つ;土運が不及の場合、風気(木)がそれを勝つ;金運が不及の場合、熱気(火)がそれを勝つ;水運が不及の場合、湿気(土)がそれを勝つ。

「失時之和」は、四時の主気が失和のことを指す。例えば、春は温となるべきだが涼となったり、夏は熱となるべきだが寒となったり、冬は寒となるべきだが、燥となったりすること。『素問集注・巻八』の注釈:「失時之和とは、四時の気が衰えることである。春気不足なら、秋気がそれを勝つ;夏気不足なら、冬気がそれを勝つ;長夏の気不足なら、春気がそれを勝つ;秋気不足なら、夏気がそれを勝つ;冬気不足なら、長夏の気がそれを勝つ」。
「遇月之空」は、月が欠けている時期(新月の前後で、上弦月の前と下弦月の後)を指す。

⑤有勝之気、其必来復:歳運不及による発病の規律は、上文の勝気の他に「復気」(本運の子気)がある。例えば、木運不及の年に、その勝気(燥金の気)が風木を剋し、肝病が発生;その後、復気(火気)が金を犯し、肺病が発生する。だから、歳運不及の年は、本気(本運の気)や勝気(己所不勝の気)、復気(本運の子気)など関係があり、発病は本臓のほかに、その所勝、所不勝や所生の臓にも影響を及ぼす。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-11-21 10:00 | 中医学 | Comments(0)
素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)②

【原文】帝曰:気有多少、病有盛衰、治有緩急、方有大小、願聞其約、奈何?岐伯曰:気有高下、病有遠近、証有中外、治有軽重、適其至所為故也①。『大要』曰:君一臣二、奇之制也;君二臣四、偶之制也;君二臣三、奇之制也;君二臣六、偶之制也②。
故曰:近者奇之、遠者偶之;汗者不以奇、下者不以偶③;補上治上、制以緩;補下治下、制以急;急則気味厚、緩則気味薄。適其至所、此之謂也④。病所遠而中道気味之者、食而過之、無越其制度也⑤。是故平気之道、近而奇偶、制小其服⑥也。遠而奇偶、制大其服⑥也。大則數少、小則數多。多則九之、少則二之⑦。奇之不去則偶之、是謂重方。偶之不去、則反佐以取之⑧、所謂寒熱温涼、反従其病也。

【注釈】①気有高下、病有遠近、証有中外、治有軽重、適其至所為故也:『素問呉注・巻二十二』の注釈では「病気に上下があり、病位に遠近があり、証候には内外がある。薬を使う際に軽重がある。要するには、薬気が適切に病所に達すことが原則である」。
「病有遠近」とは、病位のことを指す。心肺が近、肝腎が遠、脾胃が中とされる。また、体の上部が近で下部が遠とされる。

②『大要』曰:君一臣二、奇之制也;君二臣四、偶之制也;君二臣三、奇之制也;君二臣六、偶之制也:『大要』が言う:君薬を一、臣薬を二にするのは、奇方の制度である;君薬を二、臣薬を四にするのは偶方の制度である;君薬を二、臣薬を三にするのは、奇方の制度である;君薬を二、臣薬を六にするのは偶方の制度である。

③近者奇之、遠者偶之;汗者不以奇、下者不以偶:病が近のもの者は奇方を使い、病が遠のものは偶方を使う;発汗に奇方を使わず、攻下には偶方を使わない。この4つの言葉に対する注釈が幾つあって、『素問呉注・巻二十二』では、「近者奇之、遠者偶之」は虚証に対する補の治療法で、「汗者不以奇、下者不以偶」は実証に対する瀉の治療法である。この注釈に従う。なお、周学海氏は「奇、偶」について、ただの数字の奇偶ではなく、方薬の作用の単一と複雑であることと理解したほうが良いと主張している。

④補上治上、制以緩;補下治下、制以急;急則気味厚、緩則気味薄。適其至所、此之謂也:身体の上部を補益及び治療する方剤は緩(緩和するもの)が宜しい;身体の下部を補益及び治療する方剤は急(強いもの)が宜しい;急即ち気味が濃厚で、緩即ち気味が薄いものである。「適其至所」とはこれを謂う。

⑤病所遠而中道気味之者、食而過之、無越其制度也:『素問集注・巻九』の注釈は、病所が遠で薬の気味が中道のものは、食事と服薬の順序を調整(病が上にある場合は、食事の後に服薬し、病が下にある場合は、食事の前に服薬)する。この制度を反してはいけない。

⑥小其服、大其服:『素問集注・巻八』に次のように説明している:大服と小服とは、分量の軽重を謂い、大方と小方のことである。大方は生薬の数が少なく用量が重い、気味が単独で遠くまでたどり着く(作用が強く、病が深く重い者を治す);小方は生薬の数が多く用量が軽い、気味が多く力が弱いので、遠くまで行かない(作用が弱く、病が浅く軽い者を治す)。

⑦多則九之、少則二之:薬味が多いものは九に至り、少ないものは二味である。

⑧奇之不去則偶之、是謂重方。偶之不去、則反佐以取之:奇方で病が治らなかったら、偶方にする、これは重方と謂う。偶方でも病が治らなかったら、相反する薬味を使い反佐して、治療の目的を果たす。

⑨所謂寒熱温涼、反従其病也:所謂反佐とは、佐薬の性味で、病情の寒熱温涼と同じ性質であるものである。

【説明】本節は制方の原則、形式及び薬の服用方法を紹介した。まず、方剤の組成原則とその意義にについて、薬味の多少、用量の軽重、作用の強弱によって異なる名称を付けた、例えば、「大、小、緩、急、奇、偶、重、反佐」などである。それらの組方原則は方剤学の発展に土台を定めた。

反佐法の内容は二つある。その一は薬物の反佐(治法反佐と謂う)である、例えば、以寒治熱の時に少量な熱性の薬(生姜汁など)を加える;逆に、以熱治寒の時に少量な寒性の薬を加える(例えば、『傷寒論』315条に、白通と豚の胆汁で少陰下利が止まらなく、脈微厥逆、干嘔心煩の症を治療する)。その二は服用法の反佐である、例えば、寒薬で熱病を治療の時に、温服が良い;逆に熱薬で寒病を治療の時に、涼服が良いということである。後世に「承気熱服、姜附寒飲」という言い方がある。『素問・五常政大論』にはこう謂っている:「治熱以寒、温而行之;治寒以熱、涼而行之」。

(最近、『黄帝内経』の勉強をかなりさぼっています。これからは、少しずつ続けたいと思いますので、どうぞよろしくお願い致します。なお、『素問・至真要大論篇』の内容はとても多くて、選び出したのは重要な部分ですので、これらの内容を是非ご一緒に勉強しましょう。)

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-10-31 09:56 | 中医学 | Comments(0)

孫思邈医心虫病

こんにちは、周です。医家・孫思邈逸話を紹介します。

第三話: 孫思邈医心虫病
唐太宗が高麗(朝鮮)を征服したときのできことです。
ある日、連続の行軍や地形(河川がなくの山岳地帯)・天候不良も加え、将士(将校と兵士)と馬は脱水症状に陥った状態です。夜明け前に、一行は山谷に入り、大きい水坑(水たまる)が突然目の前にありました!将士が言葉で表せないほど大喜びー命の水だ!!万歳!!水坑の水を汲んで豪飲(痛飲)しました。もちろん唐太宗も飲みました。皆は大満足!
豪飲した後、その水坑の傍に一休みして夜明けしました。あぁ……不好(やばい)、一坑汚水だ!!!よく見ると、水の中に小さい虫が沢山遊動しています。唐太宗は「この水を飲んちゃんダメだ、病気になる」と思ったが、口には言わなく(将士ら皆飲んだから)、将士達を率いてその地を去りました。

その後, 唐太宗は高麗(朝鮮)を征服して班師回朝(軍を引き返す、凱旋する)。宮殿で食って寝ての毎日です。「無事生非」(諺である。暇で理由もないのに、わざわざ悶着を起こす)ー美味しい山珍海味(山の幸・海の幸)を食べながら、高麗の水坑にいた小さい虫を浮かんで食欲がなくなり、私もその水を飲んだから、もしかして腹に虫がいる、と頭の中にずっと思いました。
この様子で暫くすると、食べ物・飲み物を見ると満腹疑心(頭が疑念でいっぱいである、虫虫虫…)飲食できなくなり、本当に病気になりました。
皇帝を診察した太医(皇族に専属する医者)はこう言いました:陛下、あなたは病気がなく、とっても健康です。
太宗は叱りました:真乃庸医也(庸医=やぶ医者)。
何人かの太医も診察しましたが、前回同様に怒鳴れて寝宮(宮殿)を追い出されました。

その後、唐太宗は太医の診察を一切拒否し、「病」が益々悪化して行きました。仕方がなく、大臣は田舎名医・孫思邈を呼び寄せしました。
孫思邈は唐太宗を診察した後、少々沈思してこう言いました:そうです、間違いなく小さい虫が陛下のお腹に居ますね。退治しなければなりません。私は薬丸を作って差し上げますので、薬丸を飲んだら虫が殺せます。
宮殿を出た後、孫思邈は早速薬丸を作りましたー10個蝋丸(ろうで作った丸剤、蝋丸の中に蝋制の細長い虫を包む)。再び宮殿に入ります。蝋丸を手にして、用法用量を唐太宗に説明します:毎日1個を飲んで下さい、害虫を死んだか(殺した)を確認したいので、万歳(=皇帝)が排出した大便を捨てないで下さい、私は(大便を)見ます。
唐太宗は言われ通り10日間で蝋丸を全部飲みました。11日目の朝、孫思邈が唐太宗の目の前で(唐太宗の)大便を水で流して、露出してきた蝋丸を割って虫(蝋制の虫が飛び出しました。
唐太宗は驚喜しました:そうだそうだ、この虫たちは私を苦しめました!!愛卿真是妙手回春(妙手回春=すぐれた医術で病気がたちまち治る、医者をほめる言葉)。

孫思邈をねぎらうため、宴席を設けて招待しました。孫思邈に朝廷の官位を勧めましたが断れて、翌日離朝還郷(孫思邈は朝廷を後にして故郷に帰りました)。
[PR]
by jbucm | 2016-07-18 09:30 | 中医学 | Comments(0)
素問・至真要大論篇第七十四(選び出す)①

篇名について

「至」とは「極めて」の意味である。「真」とは「精微」、広くて深いという意味である。「要」とは重要、綱要の意味である。『素問呉注・巻二十二』ではこう言っている、「道無尚謂之至、理無妄謂之真、提其綱謂之要(道にその続きがなければ至と謂う、理に妄りがなければ真と謂う、其の綱を分てれば要と謂う)」。

本篇は主に五運六気の関する概念及び六気の変化で引き起こす疾病の病機、証候、診断、治法などを討論した。これらの理論は極めて精深で重要であるため、『至真要大論篇』と名付けた。『素問直解・巻八』に「この篇は六気司天、六気在泉、正化あり、勝復(運気用語、勝気と復気の関係、または勝復を応用した治則)あり、標本寒熱あり、調治逆従あり、五味の陰陽・制方と奇遇は、謹奉天道で、人体に合わせる。故に『至真要大論』と云う」とある。

本篇の主な内容:

1、六気司天在泉、主勝と客勝、勝気と復気の規律及びそれが万物に対する影響、病気となった場合の証候と治療大法。

2、標本中気の治療法則及びその重要性。

3、五臓の六気が主病の病機理論――即ち、病機十九条。

4、正治法と反治法の概念。

5、南政・北政と六気変化が脈象に対する影響及び診断意義。

6、五味の属性、作用とその各帰所喜の一般的規律、及び方を組む関連する原則。

7、疾病と「三虚」の関係。六気の変化によって辨証論治する。

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-07-11 11:30 | 中医学 | Comments(0)