大黄の話 その2

こんにちは、周です。今回は大黄の話(前回の続き)です。

大黄は4つの「補益」作用があります。

その1、健脾和胃。単味の酒制した大黄を研磨し水を加え丸剤にして、「独聖丸」と呼ばれます。毎回0.30.5g112回を服用します、胃弱不納・脾運不健・消化吸収不良・食欲不振・脘腹痞満・便溏或燥・筋肉消痩或肥満などに有効です。

慢性胃腸炎の壮年の男子を治療した病案を紹介します。症状は胃痛腹満・食欲不振・大便溏薄(1日排便23回)・面黄肌痩・神疲乏力で、健脾益気作用ある薬を服用したが、効果はなかったです。朝晩20.3g独聖丸を投与された数日後、成形の大便(1日排便1回)となり、食欲もある、胃痛腹満はなくなり、1ヵ月後の体重が増えました(1.5kg増)。

もう1案例を紹介します。女性、身長155cm、体重91kg。よく食べる、大便不調、倦怠。総コレステロール390mg/dl・中性脂肪250 mg/dl120.3g独聖丸を投与された2週間後、大便調、体重やや減、2ヵ月後の体重は81kgとなり、生化学検査の値も正常です。その後、独聖丸は脾胃失調による肥満・血脂の者に使用して効果は得ましたので、降脂(脂肪を下降させる)の有効薬であることを証明しました。

その2、袪瘀生新。歴代の多くの医家は複方の下瘀血湯・大黄䗪虫丸などを使いますが、私は独聖丸を使って血証を治療します、特に血瘀経閉による乾血労証に効果は良いです。ある症例を紹介します。28歳、既婚者、突然驚かされた後、長期間(15か月間)を閉経し、痩せて虚弱、肌膚不栄、毛髪脱落、面色萎黄、脈沈渋、舌質暗紅、瘀斑、舌下の絡脈は淡紫色・怒張粗長(血管が浮き出して見える、太く長い)、血瘀経閉証と診断しました。婦人科検査:卵巣機能低下、無排卵、子宮萎縮。独聖丸(毎回0.5g12回)を投与して数日後、食欲が出て、2週間を継続投与して大便の色は黒くて溏となり、少腹が重く下に堕ちるという感じがします。又も2週間を継続投与して、経水来潮、月経の量も多くなり、少腹痛、黒い血塊が若干排出した後、少腹痛みは緩和しました、月経の色も黒暗から紅くなり、月経は7日後で止まりました。その後、按月経行(月経周期正常)、諸症消失、体重は徐々に増え、肌膚潤沢、毛髪復生、面色紅潤、脈象や舌象も正常となりました。半年後、子供(女の子)を産みました。

その3、斂血止血。私は肺胃熱盛による吐衄咯血・下焦郁熱による便血尿血に用います。単味大黄15gを煎じて服用します。2例を紹介します。ある潰瘍病・吐血便血の患者に濃縮した大黄の煎じ液をゆっくりと飲ませて、1日以内で止血しました。逆経鼻衄の患者に大黄15gを煎じて飲ませたら止血し、月経は正常となりました。このような病案は多くて一つ一つ挙げきれません。

その4、渋腸止痢。大黄は常用量なら泄降で、少量(0.10.3g)なら返って収斂止痢です。ある噤口痢の患者(悪心嘔吐で食べられない、腹痛裏急、下痢膿血便不暢)に大黄粉0.5gを糯米紙で包んで呑服し、13回、1日を服用して緩和し、3日後に下痢通暢、諸症はほとんど無くなり、5日後に治癒しました。

上述した四方面の治療経験は皆「補」法に属します。大黄は瀉に用いられる方法がここで

くどくど述べる必要はありません。大黄は「能攻擅守、補瀉両用」の双方作用があります、大黄を運用するポイントは炮制と剤量です(量大則瀉、量小則補/斂、生用則降、酒制則昇)、臨床用薬する際、弁証しなければならない、一味の大黄は補瀉(補と瀉)の効能を兼有していることを忘れてはいけません。




[PR]
by jbucm | 2017-09-25 09:30 | Comments(0)

大黄の話 その1

こんにちは、周です。今回は大黄の話です。 


老中医・李寿山先生は大黄の効用が「瀉」だけではないと提起し、「補」について4方面詳細に紹介しました。以下は先生の臨床用薬経験の紹介です。


大黄能攻擅守、補瀉両用(大黄は攻め・守りもできる、補瀉両用できる)

「人参殺人無過、大黄救人無功」(人参が殺人しても過失過はなし、大黄が人を救いても功労はなし)という諺があります。この諺は2つ意味をします。一つ目は中医治療の際、弁証論治の重要性を強調します、疾病の本質と現象は複雑に入り組んで、仮象(偽の現象)が本質を隠します、例えば「大実有羸状」(本質は実熱証なのに、返って虚寒証を表す)、誤って人参を投与し「温補」して「火上加油」(火に油を注ぐ)ように邪気を助長し、病情が加重させます。医者らはしばしばこのような誤診を察知せず、患者の救命できません。二つ目は補品を嗜好品として使用する風習があります、補が必要としなくても強補(大いに補する)し、壅逆の禍を引き起こします。ある男性青年を見ました、その青年は大量の人参を服用した後吐血しましたが、(吐血した)原因は察知できず、又も人参を続いて服用して補します。喜補(補が好き)の風潮に乗る人は一人・二人ではないと思います。ですから、冒頭の「人参殺人無過、大黄救人無功」は「大黄用之得当勝過参茸、人参用之不当犹鴆毒」(大黄の使用は妥当であれば人参・鹿茸に勝ち、人参の使用は不当であれば鴆毒に如く。鴆毒=毒酒。鴆:伝説の毒鳥、その羽を浸した酒を飲むと死ぬという)に変えて喜補の者への警鐘であります。

大黄は苦寒瀉降・瀉下破結で、腸胃の実熱積滞、血熱妄行の吐血・衂血、熱毒の瘡瘍、瘀血証に用いられるのを皆は知っています。しかし大黄の安和五臓・補斂正気という効能があることを知る人は少ないです。酒制した大黄は瀉降から斂昇となります、剤量にも玄妙がありますー多則瀉下、少則性斂(量は多い時瀉下で、少ない収斂である)、これを重視する人は更に少ないです。


次回へ続く。




[PR]
by jbucm | 2017-09-04 09:30 | 中医学 | Comments(0)

宮廷謀殺案と附子

こんにちは、周です。今回は宮廷謀殺案と附子の話です。

≪漢書≫によりますと、漢宣帝(紀元前73~49年)の時期、大将軍・藿光の妻は娘が皇后をさせるため、当時の皇后・許氏を謀殺しようと思っていました。藿光の妻は御医(侍医)を命令して、附子を混入した湯剤を分娩後の許皇后に飲ませました。その湯剤を服用した許皇后は昏迷し、死亡しました。                                           

附子はキンポウゲ科Ranunculaceaeのカラトリカブトの子根で、大辛・大熱・有毒(劇毒)です。生用すると作用が激烈で回陽救逆に働き、亡陽虚脱に短期間のみ使用します。一般には炮制したものを用います。炮制した附子は毒性があまりなく、回陽救逆・補火助陽・散寒止痛作用があります、臨床上では、他の中薬を配伍して幅広く使われています。
例えば四逆湯(附子、炙甘草、乾姜)、右帰丸(熟地黄、山薬、枸杞子、阿膠、兎絲子、杜仲、山茱萸、当帰各、肉桂、附子)、八味地黄丸(腎気丸:乾地黄、山茱萸、山薬、沢瀉、茯苓、牡丹皮、桂枝、附子)、真武湯(茯苓、芍薬、白朮、附子)、麻黄附子細辛湯(麻黄、附子、細辛)。
久煎(煎じる時間は長くする、約1時間)すると、毒性を減少することができます。

医聖と称されている張仲景は附子を操っていました。彼が著した≪傷寒論≫に附子を使うものは20方、37条があります、≪金匱要略≫には11方、16条があります。

≪本草正義≫に附子について、こう記載されています:其性善走、故為通行十二経純陽之要薬、外則達皮毛而除表寒、裏則達下元而温痼冷、徹内徹外、凡三焦経絡、諸臓諸腑、果有真寒、無不可治。

現代医学は附子の薬理を研究しました。合成率が低下しているDNAがアップさせる(合成促進作用)、性ホルモンを調整する、新陳代謝促進、強心作用、血管拡張、全身の血管循環促進、抵抗力を増強する、神経を調整する、祛寒作用(寒冷を取り除く)。

中国では、心不全を治療する熟附子の注射液(筋肉注射用)も開発しました。

最後に附子を使う薬膳料理を紹介します。
附子炖羊肉:虚寒証(特に老人)に有効です。
作り方:500g羊肉は水で洗い、食べやすいサイズに切り、土鍋に入れて適量の水を加える。30g附子、適量の小茴香・大茴香・桂皮・甘草・生姜などの佐料を足して、武火(強火)で沸騰したら文火(弱火)で2~3時間炖する。
補充説明:2~3時間を弱火で加熱したら、毒性(アルカロイド)を減滅することができます。この薬膳料理は冬季に身体が虚弱老人、咳嗽気喘、体温低下、畏寒、肢冷(手足の冷たい)者に適用します。
[PR]
by jbucm | 2016-12-12 09:31 | 中医学 | Comments(0)

貝母の由来

こんにちは、周です。今回は中薬―貝母の話です。

ユリ科Liliaceaeのアミガサユリ属植物各種の地下鱗茎、きわめて多種基原の中薬であります。川貝(青母)と浙貝(大貝・象貝)の2種があります。川貝は苦・甘、微寒で、浙貝は苦・寒で、ともに肺・心経に帰経します。化痰止咳・清熱散結作用があります、熱痰・燥痰の咳嗽、瘡癰瘰癧、乳癰に有効であります。川貝は潤肺化痰に長じて肺虚久咳・痰少咽燥に適するのに対して浙貝は苦寒で開泄や清火散結の力が強く、外感風熱や痰火鬱結による咳嗽に適します。両者とも清熱散結作用がありますが、浙貝のほうが優れますので、用途は広く、瘡癰瘰癧・乳癰に用いられます。烏頭に反しますので、要注意です。
f0138875_1510034.jpg


貝母の由来を紹介します。
大昔、ある賢恵美麗的女子(善良で聡明な女性)は結婚した後、夫婦二人は愛し合っていますが、なかなか子に恵まれなかったですので、姑に主人との離婚を迫られました。某日、こっそりと泣いている彼女を通りかかった郎中(医者)は事情を尋ね・診察した後、ご主人にこう言いました:あなたの夫人が懐妊できない理由は、体内に痰結があるからです。今、私が妊娠させる簡単な方法を教えますー毎日ある草薬(生薬、のちに貝母と称するもの)を煎じて飲むこと。私は保証します、三ゕ月を飲み続ければ絶対懐妊できますよ。早速、翌日から教えられた草薬(地下の鱗茎)を採りに行き、毎日続けて三ゕ月間煎じて妻に飲ませました。そして懐妊して、1年後に元気な子供(男の子)を産みました。

子息が産まれましたので、一家(特に姑)はお喜び!
皆にこの草薬の名前を聞かれました。この草薬は親(=嫁)の懐妊を補助してからこそ宝児子(息子は宝とされる)を産みましたので、貝母と呼びましょう、と姑が言いました。
[PR]
by jbucm | 2016-03-07 09:30 | 中医学 | Comments(0)

木瓜

こんにちは、周です。今回は生薬―木瓜の話です。

木瓜は、バラ科Rosaceaeのボケ Chaenomeles lagenaria Koidz カリンC.sinensis Koehnno
成熟果実であります。中国の安徽、浙江、湖北、四川に分布します。中国の安徽宣城産の木瓜(宣木瓜)が良質とされています。性味は酸・温で、肝・脾経に帰経します。舒筋活絡・化湿和胃作用があります。風湿痺痛、筋脈痙攣、脚気による下腿浮腫、霍乱転筋(霍乱の吐瀉に伴う筋肉痙攣)に用いられます。消食にも働きますので、消化不良証にも有効します。

≪本草綱目≫に、こう記載してあります:木瓜所主霍乱吐利(吐瀉ともいう、嘔吐と下痢)転筋、脚気、皆脾胃病、非肝病也。肝虽主筋、而転筋則由湿熱、寒湿之邪襲傷脾胃所致、故転筋必起於足腓、腓及宗筋(人体部位名、陰器)皆属陽明。

宣木瓜は古くから花木を観賞用で、果実は薬用として使われています。南宋の詩人・楊万曾は、宣木瓜を詠む詩を残りました:
天下宣城花木瓜
日華沾露綉成花
f0138875_11563721.jpg


木瓜の由来を紹介します。
ある人は脚気による下腿浮腫のため走行不能となっています。舟に乗り、故郷を帰ります、浮腫している脚を舟に置かれている布囊(布制の袋)の上に置きます、下船する際、浮腫している脚が楽になりました。布囊に何か詰めているかを舟夫(船頭)に確認しますと、「宣木瓜也」(宣木瓜だよ)と答えられました。
その後、布囊に宣木瓜を詰めて脚に当てて、脚を治癒しました。

附:宣木瓜と番木瓜
番木瓜は果物・パパイヤのことです、消食健胃化積作用があります。広州の四大名果(ライチ、バナナ、パパイヤ、パイナップル)の一つであります、万寿果とも言い、原産はメキシコで、17世紀から中国へ入り、広東省の各地に栽培されていますが、広州市のほうが最も集中しています。
[PR]
by jbucm | 2015-08-17 09:30 | 中医学 | Comments(0)

藕節治痢

こんにちは、周です。今回は藕節治痢(藕節で下痢を治す)の話です。

藕節は、スイレン科Nymphaeceaeのハス Nelunbo nucifera.の根茎(藕)の節部です。秋冬に藕(蓮根)を収穫する際、節部を切り取って、キレイに洗って干したものであります。性味は甘・渋・平で、肝・肺・胃経に帰経します。収斂止血化瘀作用があり、収斂止血兼化瘀に働き、止血して留瘀の弊害がありません。各種の出血証(吐血・咯血・尿血・便血・崩漏下血)に用いられます。生藕節は止血化瘀に、藕節炭(炒炭)は収渋止血に働きます。

f0138875_15243883.jpg


民間では、廉価で・しかも入手し易い藕節を利用する経験方が数多くあります。例えば、藕節6~7個を杵で突き砕く、適量の黒砂糖を加え煎じて服用します、この方は止血効果があります。藕節と緑茶ブレントして、血液の浄化・消化の促進に効果があります。

≪本草綱目≫に、こう記載してあります:能止咳血、唾血、血淋、溺血、下血、血痢、血崩。

藕節治痢の故事を紹介します。
南宋隆興元年に、高宗趙構が引退し、孝宗は皇位を継承しました。孝宗皇帝は生活奢侈で、山珍海味(山の幸・海の幸)を食べ尽くして飽きましたので、今度は湖蟹を食べたいです。暫くして、毎日西湖の蟹を食べ続けて、痢疾を患い(1日数回瀉下する)ました。御医(皇帝の専属医者)に「冷痢」と診断されて各種の薬を投与されましたが、効果はありませんでした。朝廷と父親の高宗は不安となり、高宗は「冷痢」を治療する特効薬を探すため、微服私訪(普段の格好で民間を訪問する)しました。
ある日、高宗が薬市場に行きました。その市場に沢山の藕節を売っていて、皆が藕節を購入する光景を見て、高宗は薬師(薬剤師、中医師)に、「藕節を買って何に使う?」と聞きました。薬師は、「今痢疾は流行していて、藕節は痢疾を治療する良薬ですよ」と答えました。その答えを聴いた高宗は、薬師を皇居に居る孝宗に案内し、孝宗を診察してもらいました。薬師は、孝宗を診察した後、こう言いました:「陛下過食湖蟹、傷及脾陽、故成冷痢。正可用藕節治之」(陛下は湖蟹を過食して、脾陽を損傷され、冷痢となった。藕節を使い冷痢が治せる)。すると、孝宗は薬師に言われた通りにして(藕節を金杵で突き砕く、熱酒で調服する)、下利が治りました。
[PR]
by jbucm | 2015-05-18 09:30 | 中医学 | Comments(0)

益母草の由来

こんにちは、周です。今回は生薬―益母草の話です。

益母草は、シソ科Labiataeのホソバメハジキ Leonurus sibiricus L.など全草を乾燥したもので、婦人病治療に効果(母の益になる)のあることに由来し、坤草・茺蔚草とも呼ばれます。中国の各地に分布します。性味は辛・苦・微寒で、心・肝・腎経に帰経します。活血化瘀・利尿消腫作用があります。血脈阻滞の月経不調・経行腹痛および産後血滞の腹痛・悪露不尽に用いられます。婦科経産に最も適用し、要薬であります。跌打損傷の瘀血腫痛・小便不利・水腫・瘡癰にも有効します。

≪本草綱目≫に、こう記載してあります:破瘀破血、調経解毒。治胎漏産漏、胎衣不下、血暈、血風、血痛、崩中漏下、尿血、瀉血、疳痢痔疾、打撲内損瘀血、大便小便不通。

益母草の由来を紹介します。
十二歳の息子と母が居ました。十二年前の産後に母は病(瘀血腹痛)を患いましたが、貧困のため医者の診療を受けず、体質が徐々に虚弱になりました。ある日、息子が遠方の老郎中(年配の医者)の往診を要請しました。金が無く診療料の支払はできないが、老郎中は、あの子の孝心(親孝行)に感動されました。そして、あの子を連れて山へ行って薬草(のちに益母草と呼ばれるもの)を採集しました。以後、息子は母のため毎日山へ行き、その薬草を取り、煎じて母に飲ませました。10日も経たないうちに、母親の調子が良くなりました。
f0138875_14392554.jpg


附:茺蔚子
益母草の果実で、小胡麻・三角胡麻とも言います。効能は益母草とほぼ同じで、涼肝明目・益精養血作用があり、肝熱頭痛・目赤腫痛、肝腎不足による翳膜(角膜混濁)などに用います。
[PR]
by jbucm | 2015-03-02 09:30 | 中医学 | Comments(0)

山薬の伝説

こんにちは、周です。今回は山薬の伝説を紹介します。
f0138875_143012.jpg


大昔、両国間の戦争がありました。強い方は弱い方を破り、敵国(弱い方)の国土を占領しました。弱軍隊(負けたほう)は数千人しか残されていませんでした、山に逃げ込みました。その山は「易守攻難」の地形に属し、強軍(勝ったほう)は何回か攻撃しましたが、失敗で終わりました、山を包囲し、餓死させるという作戦変更されました。
半年を経ちました。強軍の指揮官は弱軍の食糧などの貯えは殆ど無くなると思い、再び攻撃しましたが、応戦されなかったです。8ヵ月も経過しました。今度こそ、敵軍が全員死んだと思って、警戒を油断していまい、毎日酒色(酒と女)に溺れていました。
ある日の深夜、突然に山中から「人強馬壮」(兵が強くウマが丈夫だ、強い軍隊の形容)軍隊(弱い方)が下山し、強軍の駐屯地を襲撃し、全勝しました。

何故、弱軍は1年近く山中に包囲されたのに生きられ、しかも「人強馬壮」となれたでしょうか?それはある植物(のちに山薬と称するもの)があるからです。その植物は山に自生する蔓性の多年生草木で、地中深く・長大な根を肥大し、夏に開花します。包囲された1年間、兵士は根を食べ飢餓を凌ぎ、馬は葉と蔓を飼料として食べました。

その植物を記念するため、「山遇」(山に包囲される・糧はない時に出遭った)と名付けられました。「山遇」は食用するようになり、段々食糧に充てるだけではなく、健脾胃・補肺腎という作用もある、脾虚泄瀉が治療できる、薬をとして使えると分かりました、そして名前は「山遇」から「山薬」に変更しました。

山薬の効能を紹介します。
性味帰経:甘、平。脾・肺・腎経に帰経する
効能:益気養陰・補脾肺腎
応用:脾虚気弱の食少便溏或いは泄瀉。肺虚喘咳。腎虚遺精・頻尿・(婦人)白帯過多
[PR]
by jbucm | 2014-10-06 09:30 | 中医学 | Comments(0)

骨碎補の由来

こんにちは、周です。今回は生薬―骨碎補の話です。

骨碎補は、ウラボシ科PolypodiaceaeのハカマウラボシDrynaria fortunelなどの根茎を乾燥したもので、骨砕補という名は骨折の治療に効果のあることに由来し、猴姜・胡孫姜・石毛姜などとも呼ばれます。中国の中南・西南及び浙江・福建・台湾省に分布します。性味は苦・温で、肝・腎経に帰経します。補腎・活血・止血・続傷作用があります。腎虚の腰痛・耳鳴・脚弱・久瀉、打撲外傷・切傷・骨折に用いられます。
注意:陰虚内熱には使用しません。

≪本草求真≫に、こう記載してあります:功専入腎利骨、且能入心破血、是以腎虚耳鳴久瀉、跌撲損傷、骨痛、齒痛、血出、無不用此調治、俾其腎補骨堅、破瘀生新而病除。
f0138875_16253134.jpg


骨碎補の由来を紹介します。
骨碎補は、五代十国後唐明宗皇帝・李嗣源が命名したものです。その故事を紹介します。
ある日、皇帝一行は狩に行きました。突然、猛獣―金銭豹(代表的な種類)が出てきて、皇后が吃驚して馬から落ちました、左足(脛骨)が骨折してしましました。民間草医(民間の医者)出身である衛士の一人は、ある草薬(のちに骨碎補と呼ばれるもの)を使い、皇后の骨折した足を治しました。皇帝は大喜び、その衛士に薬草の名を尋ねました。衛士は、「この草薬は、未だ名前がないですので、皇上(皇帝)名付けてください」と言いました。皇帝は、笑いながらこう言いました:骨折の治療に効果があるので、骨碎補にしましょう。

その後、李時珍は、形状から猴姜と呼び、ある地方は、胡孫姜・石毛姜とも呼びます。
[PR]
by jbucm | 2013-09-23 09:30 | 中医学 | Comments(0)

馬歯莧の由来


こんにちは、周です。今回は生薬―馬歯莧の話です。

馬歯莧は、スベリヒユ科 Portulacaceae のスベリヒユ Portulaca oleracea L全草で、馬踏草とも呼ばれます。性味は酸・寒で、大腸・肝経に帰経します。清熱解毒・涼血止血作用があります。湿熱瀉痢・下痢膿血・裏急後重・赤白帯下・火毒痈癤・淋証(熱淋・血淋)に用いられます。

中国の大部分の省に分布します。日本全土の日当たりの良い畑、道端、空き地などに普通に群生し、雑草として農家の人達にとっては邪魔な雑草のひとつです。現代営養学研究では、馬歯莧は蛋白質・糖類・脂肪・粗繊維・ミネラル物・ビタミンなどを含み、抗炎症・抗菌・止血・解熱などの効果があり、黄色ブドウ球菌・赤痢菌・チフス菌、大腸菌など様々な細菌に対して抗菌作用を示します。また、体内の糖代謝過程に関与し、心血管保護作用もあります。
f0138875_12585248.jpg

f0138875_12581220.jpg


馬歯莧の由来を紹介します。
大昔、ある金持ちの家に3人の嫁が居ました。末っ子の嫁は、また幼い(12歳、童養媳=未成年の嫁)で、姑や義理姉達(長男・次男の嫁)に虐められていました。ある年、村で痢疾が流行し、童養媳も感染され、家を追い出されました(かやぶきの小屋に入れられました)。何日間を経っても食物を運ばれないし、腹が空きました。庭の「野菜」(=山菜、のちに馬歯莧を呼ばれるもの)を食材として食べるしかなかったです。その野菜を2~3日食べたら、童養媳の下痢は止り、少し元気も回復しました。続いて4~5日食べた後、完全に治りました。家に戻り、有ることがわかりましたー姑や義理姉の一人(長男の嫁)は、既に死んで、義理姉のもう一人(次男の嫁)は、痢疾に罹って倒れました。童養媳は、自分が食べた野菜を義理姉に食べさせました。3~5日食べた後、義理姉も治りました。口コミで村人が、その「野菜」を採って食べ、痢疾が治りました。
その「野菜」の名前は、皆知らないので、馬の歯に似ているから、馬歯莧と名付けられました。その後、下痢を治療する良薬として知られています。
[PR]
by jbucm | 2013-09-09 09:30 | 中医学 | Comments(0)

国立北京中医薬大学日本校が運営するブログです


by jbucm