人気ブログランキング |

夏季講習会(その1)

こんにちは、先週の土日(7月28日・29日)夏季講習会(その1)を行われました、今回はその内容を紹介します。

中医薬膳専科の調理実習は、調理室で、気功美容養生特別講座は別館教室で行われました。

「夏・長夏の薬膳料理・薬膳に使える中薬」のテーマに沿って、中医食養学会の鳳寛子先生・村岡奈弥先生、田中康子先生の丁寧にご指導して下さいました。

中村きよみ先生は、開会のご挨拶を頂きました。
f0138875_16395428.jpg

午前(10~12時)は鳳寛子先生より、「夏・長夏の薬膳」を講義して頂きました。
f0138875_16402977.jpg

午後は、よく雑誌やテレビ番組で目にかかります、村岡奈弥先生が、夏・梅雨の薬膳料理方法を解説しながら、演じて下さいました。今回のメニューは、今回のメニューは、①はと麦・緑豆・山芋入り炊き込みご飯、②冬瓜と豆腐団子のスープ、③苦瓜としらす干しの小鉢 でした。
f0138875_16411277.jpg

f0138875_16431126.jpg

最後に、田中康子先生から荷葉茶・南蛮茶(トウモロコシのヒゲ茶)・祛暑茶の作り方や効用の講義を聞きながら、試飲しました。
f0138875_16441878.jpg



少し疲れたかな~と思いますが、5時間で、豊富な内容で、しかも普段の講義で、できない内容でした。帰りの時、皆さんが連日の暑さは、何処かに飛んだ顔でした。

いつもご協力下さいました、日本中医食養学会の先生方やスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。本当に有難うございました。

宋先生の夏季特別講座は、凄い人気があり、毎年定員となります。今年は2日間(28・29日)も満員でした。私は午前中の宋先生の気功美容養生特別講座を聴講しました。
ここで三つ「8」運気法を少し紹介します。

『霊枢・邪気臓腑病形篇』に、「十二経脈、三百六十五絡、其気血皆上于面而走空竅。」という記載がありました。この功法は、面部(顔)に玄関竅、印堂と人中と耳前の額動脈の処を起点として、三つ「8」の字を書くように回しながら運気する。これが、面部の経脈気血を疏通できるので、美容と健康作りに効果あるだけではなく、面部の疾病の治療もできます。
1つ目:印堂を中心にして、両目を寝かせた8を書くように。
2つ目:人中を中心にして、上は額まで、下は顎まで、立たせた8を書くように。
3つ目:耳(額動脈の処)を中心にして、片(遠いほう)の顔まで寝かせた8を書くように。両耳で交替でやる。
図をご参照下さい。
f0138875_16453583.jpg

生徒さんの一人をモデルして、宋先生がやり方を演じて下さいました。
f0138875_1646436.jpg

by jbucm | 2012-07-30 09:36 | 学校行事・お知らせ


日本中医学院が運営するブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30