中医名言―「医不三世、不服其薬」

こんにちは、周です。今回は中医名言―「医不三世、不服其薬」を紹介します。

出典:礼記・典礼
「医不三世、不服其薬」は2つ解釈があります。
一つ目は、三代を相承していない医者が処方した薬を服用しないことです。
二つ目は、三世とは《黄帝針灸》《神農本草》《素女脈訣》という三つの医書を指します、この三つの医書熟読しない医者が処方した薬を服用しないことです。2番目のほうが相応しいとされています。

《黄帝針灸》《神農本草》《素女脈訣》は、中国最古の基礎医学・薬学・診断学を代表的な著作であります。「医不三世、不服其薬」は、高名の医者が医学理論・薬学・診断方法を精通しなければならないと意味します。
注:《素女脈訣》は既に散逸し、内容を確認することができない。
[PR]
by jbucm | 2015-11-02 09:30 | 中医学

日本中医学院が運営するブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30