人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本中医学院ブログ


陰陽魚

中医学のシンボルマーク:陰陽魚
古代における東西(漢方・中医、西洋医学)両医学の世界にはそれぞれ異なるシンボルマークがありました。中医学では「陰陽魚」が、ヨーロッパのいくつかの国では「蟠曲霊蛇(蛇の絡みついた)」杖(神杖)のようなシンボルでした。
陰陽魚は学問的には太極図と言います。この図柄は黒と白が互いにめぐりあう格好をしており、中央はS字曲線で分割され、その両側には二匹・互いに逆むきになった小魚があります。中国の文化史上、太極図には五層太極図と陰陽魚という二つの系列があります。「五層太極図」は北宋・周敦頤の『太極図説』に最初にあらわれます。「陰陽魚太極図」の歴史はそれより遥かに古いものです。最近、中国の湖北省随州市擂鼓墩で太極図のようなものを刻んだ石器が発見されましたが、鑑定によると、これは太極図の原始的なひな形で、今から五千年あまり前の神農時代の遺物であることがわかりました。この図は現在随州市の文物管理所に保存されています。太極図は古代の哲学者、道家、丹家などが陰陽理論を説明するために使う模式図でした。                              
東漢・魏伯陽が著した《周易参同契》の中に
「水火医廊図」、「地承天気図」、「月受日光図」、「一昇一降図」、「陰陽交映図」などの諸図が見られ、これらの図象は代を重ねるにつれて絶えず洗練され、抽象的になりました。そして、最後には高度な包括性を示す「陰陽魚太極図」にまで昇華されたのです。これは古代人が陰陽の易学理論や宇宙のひな型としての世界に対する認識を包括的に表したものです。太極図は最も外側にある円を太極ないし無極とすることで、宇宙万物が「元気」から化生(生じた)したものであると同時に、絶えず運動・循環するものであることを表しています。つまり、円内の左側にあって頭を上向きにしている魚が「陽」で、右側の、頭を下へ向けている黒い魚が「陰」です。陰陽魚の中には、また小さな円があってそれが魚の目になっています。これは「陽中有陰、陰中有陽、左昇右降」(陽の中に陰がある、陰の中に陽があり、左は上昇、右は下降である)ということをはっきりと示しているのです。また、陰と陽の二匹の魚はS字曲線でへだてられていますが、陰の中に陽があるのは、陰と陽の平衡は刃物で切って二つの半円にしたような対称図形ではなく、また、天秤のように均りあったまま、じっとそこにあるのでもなくて、陰と陽の、一方衰退すると、他方が増大するような、互いに消長を重ねるといったぐあいに消長平衡(変化して平衡)状態が保っているのを寓意的に示したものなのです。「陰陽魚太極図」は陰陽学説の理論を平面的に模式化した図で、中華民族の叡智の結晶です。この図は南宋時代にはすでに一定の形を整えていました。それが現代に至る伝承の過程で東西の太極図(陰陽魚が左右に並存している図)と南北の太極図(陰陽魚が上下に住み分けている図)の二つの様式が存在するようになりましたが、前者の方を多く見かけます。古代の道家、丹家、医家ないし儒家はみな太極図を志徽(旗じる)しにしており、そのため道観(道教寺院)、道服、経学図書や宋代以後の孔子廟の梁には、この印が彫られているのです。
1937年、量子論に対する緻密で周到な解釈ですでに定評のあったデンマークの物理学者ボーア(Niels Bohr :1885~1962年)が訪中した際、彼は両極が対峙しているという太極図の概念に驚き、深い感銘を受けました。そして、自分の説く相補性原理をさかのぼって検討してみると中国の哲学思想と関連のあることを知り、それ以来、中国の伝統文化に対し一貫して強い興味を抱くようになりました。ボーアがノーベル物理学賞を受け、爵位を授与されるにおよんで、族徽(一族の紋章)を作る必要にせまられたとき、彼はまず中国の太極図を選び、対立相補関係を表すものとしました。なお、図形には直筆で銘文を書きつけました。ボーアは古代東方の叡智と現代西洋科学との間には深い共通認識や相応じた見方があると考えたのです。太極図は又も科学界の注目するところとなりました。
中医学は陰陽五行説を理論的な基礎にしています。また、自然にも太極図がシンボルマークとして適用されていますが、医薬業界では多くの場合、「陰陽魚」という名称が使われています。医薬の書物では太極図が常用の「印」となっていますし、漢方薬局の入り口の両側にある看板には、数珠つなぎになった膏薬(貼り薬)、丸薬(飲み薬)あるいは馨(中国古代の打楽器。吊るして鳴らすもの)の下に一匹の魚がぶら下がっているところからして、これは魚が中国語ではyu(「ゆ」)という発音であることから、その発音(同じ発音)を「治癒(ちゆ)」の癒(ゆ)に通わせているに違いありません。また、左右の二匹の魚は合わさって一つの太極になっていますが、目は閉じずに見開いたままです。これもまた中医師(漢方の医師)や薬局の寓意なのです。彼らは、まるで魚のように、昼夜を問わず、いつも目をカッと見開いて医療をおこない、投薬をしては病人に尽くしているからです。こうして、陰陽魚と医徳(医者としてのモラル)の観念を関連させることによって医薬の志徽(シンボルマーク)が作り出されました。それはさらに富の象徴ともなったのです。
陰陽魚_f0138875_10340196.jpg

by jbucm | 2021-11-14 10:36 | 中医学

<< 2021年 国際中医師試験結...      2021年春国際中医薬膳師及び... >>

日本中医学院が運営するブログです
by jbucm
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2021年 12月
2021年 11月
2021年 06月
2021年 04月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 08月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧