人気ブログランキング | 話題のタグを見る

日本中医学院ブログ


胡同のお話し

こんにちは、周です。今回は「胡同」(hu tong/フートン)の話をします。

毎年10月に日本校の生徒さんは北京本校に研修に行きます、もちろん観光も兼ねます。「胡同」は北京の最も特色的な町並みで、北京の真髄であり、古くからの北京の街並みを留めているため、観光スポットとして、特に海外からの観光客に人気があります。主に旧市街(旧城内)にありますが、中国の急ピッチな経済発展や今年の北京オリンピックに向けての再開発に伴い、保存地区とされる一部を除き、取り壊されています。街が新しく生まれ変わり嬉しい反面、古い町並みが消えてしまう事に一抹の寂しさも感じます。

胡同のお話し_f0138875_1331441.jpg

ところで、「胡同」という名前の由来はご存じですか?数百年以来、違う角度から起源とされる諸説がありますが、一般的な説を、幾つかご紹介します。
1.もともとはモンゴル語「水井」(井戸)から生まれた言葉で、最初の発音も「忽洞」(hu dong)です。現在モンゴル地区も「井」と名付けられる地名が多いようです。生活するためには、水は欠かせないため、井戸が一番重要な物とされ、「井」は人々の居住地の代称となっていました。以降モンゴル人が元朝を建て、その言葉も中原地方(黄河の下流域地区、黄河文明の発祥地であり、歴代王朝の都が置かれた)に伝わり、段々と「忽洞」は「胡同」の音訳になりました。

2.モンゴル語「浩特」から生まれた言葉で、「浩特」はモンゴル語で城鎮(街市)の意味です。モンゴル人が北京に侵入し、北京を大都城(大都市)に作り上げ、モンゴルの習慣に従って中原地方の街市も「浩特」と呼ばれるようになりましたが、後に漢人(漢民族)が「胡同」に変更しました。

3.金・元朝の時代、中原漢人は北方少数民族を「胡人」と呼んでいました。モンゴル人が元朝を建てた後も、北京の漢人は変わりがなく、裏でその呼び名を使い、モンゴル人が住む場所を「胡同」と称しました。それは「胡人大同」(顔も住むところ同じ)の意味です。

4.冒頭の1番目の説と逆で、「水井」と全く関係がありません。「火」と関連あり、つまり漢語の「火巷」です。「火巷」とは、南宋時代、街に設置された「防火隔離帯」(火災を防止するため設ける地区)。それは都市では、人口・家が密集しており、水源が欠乏しく、万一火災になると、大変なことになりますので、「防火隔離帯」=「火巷」を作りました。「火巷」は本来漢語ですが、モンゴル人が話すモンゴル語の発音から、漢語に訳し「胡同」となりました。

5.「胡同」の正書(楷書体)は「衚衕」であり、モンゴル語に由来しています。モンゴル人は村より大きい部落を「衚衕」と呼ぶ習慣があり、元朝は大都(首都)を建設するとき、最初に片(地区)が作られました。一片(一地区)は丁度、村より大きいので、モンゴルの習慣に従って「衚衕」と呼んでいました。しかし、字が難しいため、両側部首(彳・亍)を無くし「胡同」と書くようになりました。

6.元朝の初期、大都を建設するとき、片が作られ、一片と一片の間に通路が作られました。モンゴル語の通路の発音は「火田童」(注:田へんに童で1文字です)です。以
降北京人が地区と地区の間に有る小通路・小巷・横街を皆、「火田童」と呼び、段々と「胡同」の音訳になりました。

以上です。
ちなみに、1番目の説が最も一般的です。
by jbucm | 2008-04-07 09:00 | 中国の話

<< 卒業式      気血津液と臓腑の話(21) >>

日本中医学院が運営するブログです
by jbucm
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2021年 12月
2021年 11月
2021年 06月
2021年 04月
2021年 01月
2020年 12月
2020年 11月
2020年 08月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧