人気ブログランキング |

日本中医学院ブログ


気血津液と臓腑の話(40)


こんにちは、李です。先週、「中気下陥証」と「脾不統血証」を紹介しました。この二証と「脾陽虚証」は皆「脾気虚証」のシリーズだと言っても良いでしょう。殆ど最初からの発症は「脾気虚証」で、人によって、直接脾陽虚証になるか、途中で「中気下陥証」か「脾不統血証」が現れる場合もあり、さまざまな結果になります。なので、「脾気虚証」の段階できちんと治せば、あとの証が出ないわけです。

さて、今日は、脾病に良く見られるもう二種類の証を紹介致しましょう。それは、「寒湿困脾証」と「湿熱蘊脾証」です。

寒湿困脾証:寒湿内盛、阻困中陽の証候であり、湿困脾陽、寒湿中阻とも呼ばれています。
【臨床表現】:脘腹部の脹悶、食欲がない、大便溏泄、吐き気、口淡不渇(口に味がしない、渇かない)、頭と全身が重たい。或は肢体の浮腫、小便短少、或は体や目が暗く黄色くなる。或は、女性に白帯の量が多く、舌体が淡胖、舌苔は白膩か白滑、脈は濡緩か沈細です。

【証因分析】:本証の多くは、冷たい飲物や冷たい食物を取りすぎたため、寒湿が中焦に停滞することです。或いは雨や、湿った所に長く居たため、寒湿が侵入したことです。或は甘い物や油っぽい物の食べ過ぎで、湿が内から生じ、内湿と外湿が互いに因果となることです。

 「脾気弱れば、湿が内より生じ、湿盛んなれば脾健運せず」と言われていますので、ここから湿盛と脾虚の間には互いに因果関係のあることが分かります。寒湿内盛なので、脾陽が阻害され、運化はコントロールを失うので、脘腹脹悶、吐き気、大便溏泄などが見られます。湿邪が気機を阻害し、清陽を阻むので、頭と全身が重たい、或は体や目が暗い黄色くなります。湿が肌膚に溢れるので、浮腫となります。口淡、舌苔は滑、脈象は濡緩等いずれも寒湿内困によるものです。

湿熱蘊脾証:湿熱が中に蓄積され、脾の運化機能が障害する証候で、湿熱困脾、中焦湿熱、脾経湿熱とも呼ばれます。

【臨床表現】:脘腹痞悶、吐き気、肢体の重だるさ、大便溏泄ですっきりしない、口が渇くが飲みたがらない、身熱不揚(手で肌を押え、最初は熱く感じないが、暫くすると、熱く感じることです。つまり、身体の中に熱が篭っていることでしょう)、汗が出ても熱がとれない、或は肌や目が黄ばむ、或は皮膚のかゆみ、舌紅で苔は黄膩、脈は濡数です。

【証因分析】:本証の多くは湿熱の邪を受けるか、飲食の不摂生で脂肪や甘物、酒の過食により湿熱が釀成され、内蘊脾胃で脾の運化に障害を招いたことです。

 湿熱の邪が脾胃に蘊結され、脾胃の受納運化が行われず、脾気と胃気の昇降異常となるので、脘腹痞悶、食欲不振となります。熱の勢いに迫るので、大便溏泄になる、湿邪は陰邪で気機を阻み、便がすっきりしない。脾は四肢筋肉を主る、湿邪が粘滞し、故に肢体の重だるさを感じる。湿熱互結なので、身熱不揚で汗が出ても熱がとれない。また、もし脾胃の湿熱が肝胆を熏蒸し、肝の疏泄機能が異常になり、胆液が外泄するので、肌や目が黄色く、皮膚が痒くなる。舌紅苔黄膩、脈濡数はともに湿熱内蘊の象です。

 脾の病証について以上の6つを紹介しました。他にも色んな証ありますが、どうせこれらの証からの変化されるものなので、まずは、この6つの証の特徴を把握しましょう。

なお、脾は「湿を嫌う」という特徴があるのを36回目に紹介しました。今日の二証とも、湿邪による脾の運化機能が障害になる証です。共通症状がある一方、前者が寒の症状や多少脾陽虚の症状が見られ、後者は熱の症状が伴います。こちらが二者の主な区別です。
by jbucm | 2008-12-10 09:30 | 中医学

<< 2008年度国際中医師試験結果...      クロクワイの薬膳 >>

日本中医学院が運営するブログです
by jbucm
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
2020年 08月
2020年 02月
2019年 12月
2019年 11月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2018年 12月
2018年 11月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2017年 12月
2017年 11月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
2016年 12月
2016年 11月
2016年 10月
2016年 09月
2016年 08月
2016年 07月
2016年 06月
2016年 05月
2016年 04月
2016年 03月
2016年 02月
2016年 01月
2015年 12月
2015年 11月
2015年 10月
2015年 09月
2015年 08月
2015年 07月
2015年 06月
2015年 05月
2015年 04月
2015年 03月
2015年 02月
2015年 01月
2014年 12月
2014年 11月
2014年 10月
2014年 09月
2014年 08月
2014年 07月
2014年 06月
2014年 05月
2014年 04月
2014年 03月
2014年 02月
2014年 01月
2013年 12月
2013年 11月
2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
お気に入りブログ
メモ帳
ライフログ
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧