人気ブログランキング |

 本日文化祭の日に、中国中医薬研究促進会より、10月に行われました「国際中医薬膳師」及び「国際薬膳調理師」能力認定試験の結果についてのご連絡を頂きましたので、下記にご報告致します。

 今回の「国際中医薬膳師」試験に63名の方(再試験者を含む)が申し込まれ、欠席者1名で、59名が合格されました。「国際薬膳調理師」試験に18名の申請者の中欠席者1名で、受験された17名が全員合格されました。

下記は「国際中医薬膳師」試験に合格された方の受験番号です。
CRACM-J18-023、CRACM-J18-024、CRACM-J18-025、CRACM-J18-026、CRACM-J18-027、CRACM-J18-028、CRACM-J18-029、CRACM-J18-030、CRACM-J18-031、CRACM-J18-032、CRACM-J18-033、CRACM-J18-034、CRACM-J18-035、CRACM-J18-036、CRACM-J18-037、CRACM-J18-038、CRACM-J18-040、CRACM-J18-041、CRACM-J18-042、CRACM-J18-043、CRACM-J18-044、CRACM-J18-045、CRACM-J18-046、CRACM-J18-047、CRACM-J18-048、CRACM-J18-049、CRACM-J18-050、CRACM-J18-052、CRACM-J18-053、CRACM-J18-054、CRACM-J18-055、CRACM-J18-056、CRACM-J18-057、CRACM-J18-058、CRACM-J18-059、CRACM-J18-060、CRACM-J18-061、CRACM-J18-062、CRACM-J18-063、CRACM-J18-064、CRACM-J18-066、CRACM-J18-067、CRACM-J18-068、CRACM-J18-069、CRACM-J18-070、CRACM-J18-071、CRACM-J18-072、CRACM-J18-073、CRACM-J18-074、CRACM-J18-075、CRACM-J18-077、CRACM-J18-078、CRACM-J18-079、CRACM-J18-080、CRACM-J18-081、CRACM-J18-082、CRACM-J18-083、CRACM-J18-084、CRACM-J18-085.

下記は「国際薬膳調理師」試験に合格された方の受験番号です。
CRACM-J18-C21、CRACM-J18-C22、CRACM-J18-C23、CRACM-J18-C24、CRACM-J18-C25、CRACM-J18-C26、CRACM-J18-C27、CRACM-J18-C28、CRACM-J18-C29、CRACM-J18-C30、CRACM-J18-C31、CRACM-J18-C32、CRACM-J18-C33、CRACM-J18-C34、CRACM-J18-C35、CRACM-J18-C36、CRACM-J18-C37.

 以上です、どうぞ、ご確認下さい。

 合格された皆様、本当におめでとうございます。なお、今回合格できなかった方は、是非もう一度チャレンジして下さい(合格された科目の成績は二年以内有効です)。

 合格証書の届くはもう少し時間かかりそうですが、届きましたら、皆様のお手元へお送りさせて頂きます。どうぞ、よろしくお願いいたします。

(日本中医学院 事務局)
# by jbucm | 2018-11-03 10:46 | 学校行事・お知らせ

  中国の首都北京では、色彩あふれる紅葉の美しさに心弾む季節となりました。国慶節が過ぎたばかりで、街に綺麗で大きな花壇があちこちに飾られています。

  去る10月22~27日、日本中医学院(旧北京中医薬大学日本校)・中医中薬専攻科の卒業式、並びに北京中医薬大学病院での臨床研修を行いました。今回は総勢28名(中に今回の卒業生21名)の方々が参加されました。




f0138875_16064643.jpg


f0138875_16082460.jpg


 卒業生の皆さんは、穏やかな雰囲気の中学長から卒業証書を受け取りました。4月生の中根仁美さんより日本語と中国語で最高なご答辞を頂きました。

 以下は中根さんの答辞原稿です:

長、副学長、高 元日本校学長、植松理事長、呉先生、李先生、ご列席の方々。

本日は私たち日本校卒業生の為にこのような式典を催して頂き、誠に有難うございます。

私たちは既に日本校から卒業証書を授与されておりますが、本日北京本校にて直接証書を受け取ることが出来ましたことはこの上ない喜びです。

私は4年前の春、仕事で関わった方々からの健康相談を受けたり、家族や自身の体調に不安や不調を感じるようになったことから、食生活を改めて真剣に考えるようになり、薬膳を勉強するために日本校の門を叩きました。

中医学というよりも中国伝統思想の基礎知識すらなかった私は最初の数か月間、中国語のテキストのみならず、日本語のレジュメでさえ意味が分からず、毎回の講義についていくのが大変でした。
1年たって薬膳科の卒業試験勉強でやっとそれまでの内容が少し繋がり、理解できたように感じました。

更に勉強を続けたいと思い中医中薬専攻科に進みましたが、それからの3年間はより広く、深く、中医学に触れることができ、学校に行くことがとても楽しみになりました。

指導して下さった韓先生、金先生、呉先生及び通訳の先生方のお蔭と感謝致します。

先生方の豊富なご経験に基づくエピソードは大変興味深く、更に舌診脈診の実習、グループでの症例検討など単に講義を聴くだけではなかったことが本当に勉強になりました。

理事長を始め李先生、周先生及び教務・事務局の皆さま方の色々な面でのサポートにも感謝しています。

在学中は一緒に講義を受けたクラスメートだけではなく学年の違う多くの友人達にも助けて頂きました。沢山の友人に出会えたことも財産です。

又家族の支えが何よりも大きかったことをここで感謝したいと思います。

ここ数十年の西洋医学の発展により、病気の効率的治療は格段に高まりました。これにより平均寿命も延び、人々の関心は健康寿命、つまりいかに健康を維持するか、どうすれば病気にならない生活が出来るのか、に移ってきたように思います。

こういう背景で、伝統医療がWHOで認められる方向になり、日本でも「東洋医学」という言い方で「中医学」が見直され、一般の病院でも漢方薬を処方されることが増え、マスコミでも東洋医学の考えを取り上げる頻度が高くなりました。

私は中医学を学んだものとして、家族や友人、仕事で接する方々など身近な人たちから少しでもその考えや知識を伝え、広め、健康維持のお手伝いをしていくつもりです。
中医学・薬膳は奥深く、これからも更に深く勉強していきたいと思っております。

最後に国立北京中医薬大学ならびに日本中医学院の益々のご発展と、先生方、職員の皆様方のご健康とご活躍を祈念し、答辞のご挨拶とさせて頂きます。

本日は誠に有難うございました。

20181025

卒業生代表 中根仁美



  中根さん、素晴らしいご答辞、本当にありがとうございました。





# by jbucm | 2018-11-01 16:17 | 研修旅行

夏期講習 その3

f0138875_15384344.jpg
こんにちは、先週土日(81819日)夏季講習会(その3)を行われました。今回は呉晨輝先生からの「中医学眼科・耳鼻咽喉科の知恵」でした。

講座は眼科・耳鼻咽喉科に対しての中医学の認識と臨床治療用薬を紹介しました。現代医学(西洋医学)と中医学理論を結合し、中医学の角度から、分かり易く解説を頂きました。

以下の内容を講義しました。

1、五輪(肉輪、血輪、気輪、風輪、水輪学説

2、中医診断概要

3、肉輪、血輪、気輪風輪病、水輪病の中医治療法

4、耳鼻咽喉科の常見する疾病の診断と治療法

5、中耳炎、耳鳴・耳聾、眩暈、鼻炎、副鼻腔炎、咽頭炎の診断と治療

3回にわたって今年の夏期講習会の紹介させて頂きました。ご覧になっていただき、ありがとうございました。来年のご参加を、お待ちしております。


# by jbucm | 2018-08-19 15:43 | 学校行事・お知らせ

日本中医学院お盆休みは下記通りです。

89()815()は連休とさせていただきます。

8
16()からは、通常通りの業務を始めさせて頂きます。

いつも日本中医学院ブログ記事を読んで頂き、ありがとうございます。

皆様、楽しい連休でありますように。


# by jbucm | 2018-08-08 10:10 | 学校行事・お知らせ

夏期講習 その2

f0138875_15202045.jpg
f0138875_15205194.jpg
こんにちは、先週の土日(84日・5日)夏季講習会(その2)を行われました、今回はその内容を紹介します

テーマ:夏・長夏の薬膳

午前(1012時)は鳳寛子先生より、「夏・長夏の薬膳」を講義して頂きました。

午後は、よく雑誌やテレビ番組で目にかかります、村岡奈弥先生が、夏・梅雨の薬膳料理方法を解説しながら、演じて下さいました。最後に、田中康子先生からの「夏の薬茶」-緑茶・緑豆茶・荷葉茶・南蛮茶(トウモロコシのヒゲ茶)・冬瓜皮茶・祛暑茶・五味子茶の作り方や効用の講義を聞きながら、健胃茶を試飲しました。


少し疲れたかな~と思いますが、5時間で、豊富な内容で、しかも普段の講義で、できない内容でした。帰りの時、皆さんが連日の猛暑は、何処かに飛んで行った顔でした。

いつもご協力下さいました、日本中医食養学会の先生方やスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。本当に有難うございました。



# by jbucm | 2018-08-05 15:22 | 学校行事・お知らせ

夏期講習 その1

f0138875_14485107.jpg
f0138875_14480651.jpg
こんにちは、先週土日(728日・29日)夏季講習会(その1)を行われました。内容は癌の化学療法による副作用の中医薬対策(担当:韓先生)と解剖学(担当:李 紅岩先生)です。

テーマ①:癌化学療法による副作用の中医薬対策

以下の内容を講義しました。

1、 癌の化学療法の現代医学概論

2、 中医薬における癌の化学療法の特色

3、 癌の化学療法による副作用の中医薬対策

ここでその一部分内容(消化器に対しての副作用の治療)を抜粋して紹介します。

悪心嘔吐、食欲不振、消痩(痩せ)、腹瀉、便秘などの症状があります、8つの証(痰湿困脾証・痰熱内結証・肝気犯胃証・寒熱錯雑証・脾胃虚弱証・脾胃虚寒証・胃陰不足証・脾腎両虚証)を弁証します。脾胃虚寒証について説明します。

脾胃虚寒証

臨床表現:悪心嘔吐清水(嘔吐物は清水である)、或いは便溏、腹冷痛、喜温喜按、食欲不振、倦怠乏力、四肢不温(手足が冷たい)、舌淡苔白、脈濡弱

病機:化学療法に脾胃陽気を損傷されて、腐熟や運化機能低下

治法:温中健脾、和胃降逆

方薬:理中丸加味(人参、白朮、乾姜、砂仁、半夏、陳皮、呉茱萸、炙甘草)

中焦虚寒証を治療する方剤(大建中湯、小建中湯、理中丸、呉茱萸湯)の解説も頂きました。

テーマ②:解剖学

李先生は以下の内容を講義しました。
一、解剖学の概論
二、解剖学の用語
三、組織と細胞
四、動脉・静脈の分布
五、骨格系
六、関節と靱帯
七、筋系
八、神経系

短時間(10時間しかない)の講義ですので、骨格系・関節と靱帯・筋系を紹介しました。



# by jbucm | 2018-07-30 14:51 | 学校行事・お知らせ

昨日、7月21日(土)午後2時より、日本中医学院が、平成30年10月生募集説明会を予定通り開催致しました。皆様が暑い中でご来校頂き、有難うございました。

今年の5月より副学長に就任さた呉晨輝氏(中医師・教授)が司会し、理事長の植松捷之氏が開会のご挨拶と学校の運営体制などを紹介致しましたあと、学長の韓涛氏(中医師・教授)より、北京中医薬大学と日本中医学院について説明しました。

旧北京中医薬大学日本校卒業生の上野真弓さんが中医学の勉強についての心得などのお話しをして下さいました。

...

最後に、教務担当の李宏が、日本校の各コースのカリキュラム・教材や講師・卒業後の取得資格等について説明しました。

今回の説明会にご参加できなかった方は、ご都合のよい時学校へお越し頂ければ、いつでも個人相談をさせて頂きますので、是非、お気軽にお申し出下さい。土・日曜日にお越しの場合は、個人相談に兼ねて一日無料体験入学もできます。

なお、ご質問または資料請求の場合は、E-メール(info@jbucm.com)、又はお電話( 03-3818-8531)やFAX:(03-3818-8532)にてご連絡下さい。

f0138875_16113365.jpg

f0138875_16061993.jpg

f0138875_16163972.jpg

f0138875_16161631.jpg


f0138875_16165592.jpg


# by jbucm | 2018-07-22 16:13 | 学校行事・お知らせ


日本中医学院が運営するブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31