タグ:中医学 ( 687 ) タグの人気記事

孫思邈与阿是穴 

こんにちは、周です。今回から医家・孫思邈逸話を紹介します。

第一話:孫思邈与阿是穴
針灸学の阿是穴は、孫思邈(2009年3月2日ブログ記事をご参照ください)が臨床治療を行った時に発見されたと言われています。

ある日の朝早く、孫思邈(当時の彼は70歳位であります)は≪千金要方≫を書いていました。突如、郷里の一人が急を告げに来ました:孫先生、昨日用があって私は青石村に行きました、陳阿大の病気は進行して病情が益々悪化していますよ。痛くて死にそうです。受診(服薬や針灸治療など)しましたが効果はありません。陳さんは先生の往診を望んでいますが、貧困の家庭で、先生の診察料を支払えないことを恐れています。

郷里の話を聞いた孫思邈は、少しも躊躇わなく、こう言いました:今すぐ診察しに行きます。
郷里:青石村は遠いです、しかも羊腸小道(曲がりくねった小道、山道を指します)が多く、2つの山と3の溝を超えないと行けません、先生は年配で大丈夫ですか?
孫思邈:私は確かに年ですが、また硬朗(老人が体が丈夫であります)ですよ。

そう言いながら、孫思邈は針を用意して、薬嚢(中薬を入りのリュック)を背負って、杖をついて往診の途につきます。夕方にようやく青石村に着き、陳阿大が住むボロ家を見つけました。孫思邈は人事不省の陳阿大に正規の穴位を刺して、意識を回復させましたが、止痛できなかったです。その後、何度も古書に記載されている止痛作用ある穴位をすべて刺しましたが、全然効きませんでした(陳阿大は依然として痛みを訴えています)。孫思邈は、まさか人体の腧穴(輸穴)は古書に記載されているものしかないことはあるまい?と疑問しました。

彼は暫く考えました。
孫思邈は患者(陳阿大)に聞きました:一番痛い処は何処ですか
陳阿大は有気無力(息づかいだけで声に力がない、元気のないさま)返事しました:左、左、左……腿

そして孫思邈は親指で患者左腿のある部位を押しながら、「ここですか?」と聞きました。膝関節の左上方の処を圧したら、陳阿大が突然「阿……是……是這児(ああ、そこだ)」叫びました。孫思邈はそこを刺し後、患者の痛みがなくなりました。彼は大喜び、「先生、この輸穴は凄く効きますね、これは何という穴位ですか?」と聞きました。患者の苦痛を解消したので、孫思邈も上機嫌で、ハハハと笑いながら「先ほど、あなたが阿……是と言いましたよね、あれは阿是穴ですよ」と答えました。

附:腧穴、いわゆる「ああ、そこだ」という体表の圧痛点・過敏点で、畦穴も同じです。
経穴には正規のルート(十四経)上にある経穴が361個、その他に効果の認められたルート外の奇穴が数多くあります。それらの穴位は、大体場所が決まっているのですが、それとは別に阿是穴と言うものがあります。この経穴は場所が決まっている訳ではありません。圧痛点とか反応点の事を言います。針灸治療では、阿是穴を追いかけて治療しては根本治療にはならず、体の状態を見極め、経穴や奇穴を使って治療します。基本的にはその通りですが、場合によっては阿是穴が重要になります(例えば捻挫や打撲などの痛みが残った時や、ぎっくり腰などは、阿是穴のほうがよいです)。
[PR]
by jbucm | 2016-06-20 09:30 | 中国の話 | Comments(0)

こんにちは、周です。今回は中医名言―「従陰陽則生、逆之則死」を紹介します。

出典:《素問・四気調神大論》
「従陰陽則生、逆之則死」は、「陰陽に従えば則ち生きられる、それに(陰陽)逆らえば則ち死んでしまう」の意味です。

陰陽は事物の異なる属性であり、各種な事物に体現されています。それは古人が長年にわたっての生活や実践して得た認識でありますー自然界の事物の変化は、すべて陰陽の対立と統一の両面性を持つ。陰陽の対立と統一は内在に連係・相互作用・絶えない運動していて、事象の発生・発展・変化・消滅を支配して根源(原動力)であります。そこに《素問・陰陽応象大論》には「陰陽者、天地之道也、万物之綱紀、変化之父母、生殺之本始」とあります。人間は自然界に生存し、天地の陰陽四時の気を適応しなければなりません、もしこれを反したら、生命の根本(元真)を破壊され、疾病を発生し、甚だしい場合は死んでしまいます。これは中医学の「天人相応」(天人合一)という理論の重要性を反映しています。
[PR]
by jbucm | 2016-06-06 09:30 | 中医学 | Comments(0)

霊枢・賊風第五十八④

【原文】黄帝曰:今夫子之所言者、皆病人之所自知也。其毋所遇邪気、又毋怵惕之所志、卒然而病者、其故何也?唯有因鬼神之事①?岐伯曰:此亦有故邪留而未発、因而志有所悪、及有所慕、血気内乱、両気相搏②、其所從來者微、視之不見、聽而不聞、故似鬼神③。黄帝曰:其祝而已者、其故何也?岐伯曰:先巫者、因知百病之勝、先知其病之所從生者。可祝而已也④。

【注釈】①今夫子之所言者、皆病人之所自知也。其毋(む)所遇邪気、又毋怵惕(じゅつてき)之所志、卒然而病者、其故何也?唯有因鬼神之事乎:先生が言っているのは皆病人が知ることができるものである。外来邪気の侵入もなければ、驚くや恐怖など情志による刺激もなく、突然発病する人もいる、それは何故?ただ鬼神によるものなのか?

②此亦有故邪留而未発、因而志有所悪、及有所慕、血気内乱、両気相搏:これも故邪が体内に停留し発病しなかったものである。情志の変化によって悪化、或は慕情を抱いているが遂げない、体内の気血が逆乱を引き起こし、体内に潜伏してある故邪と結び合い、病変が起こる。

『霊枢注証発微・巻七』の注釈:「両気相搏」の「両気」とは、体内に稽留し発病してない故邪と情志波動による血気逆乱のことである。

③其所從來者微、視之不見、聽而不聞、故似鬼神:これらの内在変化はとても微細で察知しにくく、見ることも聞くこともできないから、鬼神によるものに似ている。

④其祝而已者、其故何也?先巫者、因知百病之勝、先知其病之所從生者。可祝而已也:鬼神によるものでなければ、なぜ「祝由」の方法で治療できるの?古代の巫術者は、病気の治療方法と、その病気が発生した原因が事前に知っているから、「祝由」の方法でその病気を治せる。

「百病之勝」とは、主に各種疾病の治療方法を指す。

「祝由」について、呉鞠通が曰く:「祝由」二字は『素問』に出たものである。「祝」は告げる、「由」は病気の由来である。「巫家」を「祝由科」とし、十三科の一つとなる。『内経』では、「巫」が医科でないと否認しているが、われは凡そ内傷病を治療する際、必ず患者に病気の由来を先に詳しく告げる、患者がそれを知ることで病気の再発することが防げる……現代では、「祝由」の方法は主に精神情志による疾病の治療に用いられる。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-05-30 10:25 | 中医学 | Comments(0)

羅漢果

こんにちは、周です。今回は生薬―羅漢果の話です。

羅漢果は、ウリ科の多年草つる性植物で中国の特定地域のみ栽培されています(のちに説明します)。生の羅漢果を日本で目にすることはできませんが、店頭で目にするのは全て乾燥羅漢果で茶褐色をした直径5㎝前後のボール状のものです。仮苦瓜とも呼ばれます。性味は甘涼で、肺・脾経に帰経します。清肺利咽・潤腸通便作用があります。百日咳・痰火咳嗽・咽喉腫痛・血燥胃熱・大便乾結不通に用いられます。
f0138875_1525331.jpg

f0138875_152526100.jpg


現代栄養学では、羅漢果には砂糖の300倍の甘みをもち、甘味の成分はテンペングルコシド配糖体というものであることを証明しました。このテンペングルコシド配糖体は水溶性の食物繊維で体内では吸収されにくいためカロリーはゼロで、しかも満腹感が得られます。血糖値も上がらないので、糖尿病患者の理想食品とされています。羅漢果はカリウムやりん、カルシウム、鉄分等のミネラルが豊富です。最も注目すべき点は、強い抗酸化作用です。この抗酸化作用とは体内の活性酸素を除去する働きのことで、体内で過剰になった活性酸素を除去し病気を防いでくれます(活性酸素が過剰になると老化促進、癌、高脂血症、動脈硬化、心疾患、アレルギー、喘息、炎症、パーキンソン病、膠原病、認知症等の原因とされています)。

羅漢果の由来を紹介します。
大昔、ある瑤族の樵夫(木こり人)の母親は咳喘(病)を患い、治療されても効果がありません。親孝行の樵夫は母親の病状を心配していました。ある日、彼は仕事のため入山しました、木を切る際、腕が蜂に刺されて・赤く腫れて来て痛くなりました。その時、丁度傍に青藤(青いつる、のちに羅漢果と呼ばれるもの)に実っている果実をとって味見し(その果実は香がよく、甘くて美味しかった)、噛んで刺し傷につけました。暫くすると、腕の赤腫は緩和できました。下山する時、母親に食べてもらうので、その果実を持ち帰りました。そうすると、その果実を食べた母親の咳喘は良くなりました。ある郎中(中医師)は、この事を聞いた後、その果実を研究・実践して消炎止痛・清熱解毒・止咳利咽作用があることを発見しました。郎中の名前は「羅漢」と言いますので、その果実を「羅漢果」と呼ばれるようになりました。

附:
羅漢果は中国南方の広西壮族自治区・桂林周辺でしか育ちません。つまり、羅漢果の生育環境条件としては降雨量が多く、日照時間が短く、昼夜の温度差が大きく、水はけの良い土地という要素を全て満たした土地が必要です。これらの要素を全て満たしている唯一の土地が桂林周辺の土地です。しかも桂林一帯は太古の時代に海が隆起してできた土地のため海水のミネラル成分を多く含み、これが羅漢果の薬効を高めている原因の一つでもあります。
[PR]
by jbucm | 2016-05-23 09:30 | 中医学 | Comments(0)

霊枢・賊風第五十八③

【説明】(3月24日の分)本段は、故邪が体内に稽留すると新邪を感受し発病し易いという発病学観点を提出し、正気不足が発病の根本であることを強調している。

原文では、体内に存在し発病してない邪気を「故邪」称している。こう言う「故邪」が体内稽留して一時的に発病しない、その主な原因は身体に正気がまだ充分である。しかし、時間が経つと正気が段々損傷され、他の邪気を感受し易くなる。だから、突然過度な喜怒、不適切な飲食を摂る、突然の気温変化などがあったら、新邪を感受して、病気を誘発してしまう。これらの論述は、臨床で問診の際、病歴を詳しく聞くことの重要性を示した。多方面から発病の原因とその内在関連性を探り出し、明確に弁証することで、正確な治療ができるわけである。

なお、本段は寒痺の原因(宿邪の湿気、瘀血と新邪の風寒)と病機(血気凝結、経絡閉阻)を説明している。これらの内容に関しては、『金匱要略・血痺虚労』にも詳しく論述している。


(李)
[PR]
by jbucm | 2016-05-16 10:10 | 中医学 | Comments(0)

こんにちは、周です。今回は中医名言―「不治已病治未病、不治已乱治未乱」を紹介します。

出典:《素問・四気調神大論》
医者は(治病する際)病気になってから治療ではなく、発症する前の段階で予防しなければなりません。これは治国と同じ道理でありますー動乱の防止が大切です。動乱を平定するという策は下策であります。

これは中国の最初の予防医学思想で、2000年前の中医学は「防重於治」(治療より予防のほうが重要である)の重要性を認識しています。
[PR]
by jbucm | 2016-05-09 09:09 | 中医学 | Comments(0)


北京中医薬大学日本校ゴールデンウィーク休業は下記通りです。

 4月29日(金)〜5月6日(金)は連休とさせていただきます。

 5月7日(土)からは、通常通りの業務を始めさせて頂きます。ブログは5月9日(月)から再開いたします。

 いつも北京中医薬大学日本校のブログ記事を読んで頂き、ありがとうございます。

 皆様、どうぞ、楽しい連休をお過ごせ下さい。


日本校事務局
[PR]
by jbucm | 2016-04-28 10:26 | 学校行事・お知らせ | Comments(0)

当校では、世界中医薬連合会が主催する国際中医師試験に参加するのは、年に一度のみです。2016年(平成28年)度は、10月9日(日)・10日(月・祭)に開催する予定です。今回受験される方は、これから試験準備を始めましょう。

この数年間、国際中医師試験の内容は変わっておりませんが、合格基準は年々厳しくなっています。
2012年度より、試験の内容及び合格基準は下記の通りになっております:

1.中医基礎理論
2.中医診断学
3.中薬学
4.中医方剤学
5.中医臨床総合
上記各科目の問題形式は共に、A型・B型選択問題を100問で、総点数100点で合格ラインは60点です。
   *「中医臨床総合」に、中医内科学70%、中医婦人科・中医小児科・中医外科学各10%を占めます。
6.弁証論治: 問題形式は症例分析です。全4問を総点数が100点で合格ラインは60点です。
   *「弁証論治」に、カルテの書き方を含む。4問の症例の中、3問が内科の症例です。

 上記1~6の回答時間はそれぞれ90分です。

試験の準備は、大きく二つに分けられます:
その①は選択問題の練習です(『国際中医師標準試験復習大綱』を使用する);
その②は弁証論治の練習です(内科学で詳しく勉強する各病証をしっかり覚えておくこと、臨床研究科を積極的に聴講する)。

  つきまして、「弁証論治」を除く5科目は、2011年に発行された『国際中医師標準試験復習大綱』(以下は『問題集』という)をしっかりと復習すれば、合格できると考えます。但し、『問題集』の問題数が多いので、たくさんの時間を掛けなければなりません。

昨年の3~4月、過去に受けましたこの『問題集』に関する質問を整理して、ブログに連載致しました。下記はそのURLです。良かったら、是非ご参考下さい。現在復習中の皆様に少しでもお役に立つことができれば、嬉しいです。
  1.中医基礎理論
  2.中医診断学  
  3.中薬学 
  4.中医方剤学 
  5.中医臨床総合
  6.弁証論治解答例
 
  まず、中医基礎理論の問題から解いていきましょう。担任の教授は勿論応援致しますが、教務担当の李(り)と周(しゅう)も皆様を応援致しておりますので、勉強について分からないことなどがありましたら、どうぞ、遠慮なく、いつでも質問をして下さい。

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-04-14 12:58 | 中医学 | Comments(0)

霊枢・賊風第五十八②

【原文】黄帝曰:夫子言賊風邪気之傷人也、令人病焉、今有其不離屏蔽、不出空穴之中、卒然病者、非不離賊風邪気、其故何也①?岐伯曰:此皆賞有所傷于湿気、藏于血脈之中、分肉之間、久留而不去②。若有所墮墜、悪血在内而不去、卒然喜怒不節、飮食不適、寒温不時、腠理閉而不通③、其開而遇風寒、則血気凝結、與故邪相襲、則爲寒痺④。其有熱則汗出、汗出則受風、雖不遇賊風邪気、必有因加而発焉⑤。

【注釈】①夫子言賊風邪気之傷人也、令人病焉、今有其不離屏蔽、不出空穴之中、卒然病者、非不離賊風邪気、其故何也:先生は賊風邪気が人体を損傷したから、人が病気になると言っている。しかし、屏蔽から離れなく、部屋を出ない人も突然病気に罹る、決して賊風邪気を避けてないことではない。これはなぜ?

「空穴」について、『甲乙経・巻六・第五』などは「室穴(部屋)」であると説明している。「離」は避けるという意味である。

②此皆賞有所傷于湿気、藏于血脈之中、分肉之間、久留而不去:これは、普段邪気による損傷があったことである。例えば、湿気による損傷が血脈の中や分肉の間に埋蔵され、久しく滞留して除去されてないものである。

③若有所墮墜、悪血在内而不去;卒然喜怒不節、飮食不適:或は転んだなどの外傷の後、体内に瘀血が起こり除去されてない;或は突然過度な喜怒、不適切な飲食を摂る。

④寒温不時、腠理閉而不通、其開而遇風寒、則血気凝結、與故邪相襲、則爲寒痺:或は気候の寒温に不注意して腠理が閉塞不通になる。或は腠理が開泄の時に風寒を感受され気血が凝結し、(新しい風寒の邪気が)故邪(体内にあった湿邪)と結び合い、寒痺となる。

「寒痺」について、『霊枢註証発微・巻七』では、「腠理が開いている時に風寒の邪気に遭遇したら、気血が凝結して、湿気や悪血などの故邪と相互影響し痺を形成する。即ち『痺論』に謂う寒気勝者は痛痺である」。

⑤其有熱則汗出、汗出則受風、雖不遇賊風邪気、必有因加而発焉:または、熱い時に汗をかき、汗が出ると風邪を感受したら、賊風邪気に遭遇しなくても、故邪があるから必ず「因加而発」で発病する。

(続く)

(李)
[PR]
by jbucm | 2016-03-24 10:09 | 中医学 | Comments(0)

こんにちは、周です。今回は中医名言―「腎者主水、受五臓六腑之精而蔵之」を紹介します。

出典:《素問・上古天真論》
ここの腎主水(腎は水を主る)の「水」は、精気を指します。女子の月経と男子の精液は液体状(水液)ですから、「水」と見なされます。腎は五臓(心・肝・脾・肺・腎)六腑(胆・胃・大腸・小腸・膀胱・三焦)の精を受けて、これを蔵します(腎蔵精)。五臓六腑の精気は腎に貯えられ、先天の精気を充実させます。

腎蔵精の精は2つの意味があります。一つ目は五臓六腑の精で、水穀の精(水穀精微とも言う、飲食物の中に栄養分になるもの)から生化(転化)され五臓六腑の精気となります、二つ目は先天の精・父母からの稟賦(生まれつき)です。ここの「精」は主に一つ目の精を指します。五臓六腑の精気と腎気は互いに影響し合います、つまり五臓六腑の精気の盛衰と腎気の盛衰は互いに影響を与えます。また腎は人体の生殖・生長発育を主りますので、腎気の盛衰も生殖・生長発育に関係があります。
[PR]
by jbucm | 2016-03-14 09:30 | 中医学 | Comments(0)


日本中医学院が運営するブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28