人気ブログランキング |

こんにちは、周です。

今回は青茶、紅茶、黒茶の特徴を紹介します。

青茶:半発酵で作られます。弱発酵から全発酵の間をすべて半発酵と区分するため、無発酵の緑茶に近いものから、全発酵の紅茶に近いものまで含まれる、味や香りの幅が最も広いお茶です。
f0138875_1846233.jpg

日本でお馴染みの「烏龍茶」は青茶に属します。その中で、「高山烏龍茶」は発酵度が非常に浅いのですが、「白毫烏龍茶」は紅茶と言えるほどに発酵が進んでいます。

紅茶:全発酵のお茶です。紅茶といると欧米の飲み物というイメージがありますが、実は中国から伝わったものです。代表的な紅茶には、世界三大紅茶の「祁門紅茶」と、松の枝で燻焙されたスモーキーな香りが特徴の「正山小種」があります。

黒茶:後発酵のお茶です。発酵が進むにつれて、深い味わいとまろやかな香りが出ます。良く寝かせた年代が古ければ古いほど良いと言われています。やせるお茶として一世を風靡した「普洱茶」は、菌類を作用させて作られていますので、カビ臭さがありますが、味は非常に美味しいです。散茶と固形茶の両タイプがあります。

次回は花茶を紹介します。
by jbucm | 2007-06-05 10:00


日本中医学院が運営するブログです
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31