人気ブログランキング |

 10月24日午後、日本校中医中薬専攻科・2013年秋の卒業式が北京中医薬大学の小ホールにて行いました。北京中医薬大学徐 孝副学長、日本校の高 鶴亭学長に暖かい祝福のお言葉を頂きました。今年30名卒業生の中、9名の方が北京に行き学長らより卒業証書を受け取りました。なお、小山美菜緒様が卒業生を代表して答辞を述べました。

下記は徐副学長のスピーチ内容です。写真は後日北京本校から届きましたら、アップ致します。

    北京中医薬大学日本校2013年秋卒業式
         徐 孝 副学長のスピーチ


尊敬なる高 鶴亭学長
先生方、職員の皆様
親愛なる学生の皆様

こんにちは。

この秋晴れの10月に、私ども北京本校は今年も北京中医薬大学日本校の卒業生をお迎えすることになりました。先ず、私は母校の2万人の職員及び学生を代表し、日本校の職員と学生全員にご挨拶と祝福をお送り致します。

 伝統的な東方文化を土台にしている中医薬学は、数千年の成長と育成をもって、実り多い成果をあげられました。かつ、絶え間なく人々の健康に役に立っています。

 北京中医薬大学は成立して55年以来、特に中国の改革開放以来、相次いで25ヶ国の90余りの大学や科学研究機構及び社会団体と結び合い、教師や研究者を派遣して、長期間にわたって協力し、伝統中医薬の教育や科学研究及び医療サービスなどを行っています。

 広く深い中医薬学、そして当校の良好な教育声望で世界中80余りの国から12,000名の留学生が集まり、中医薬学の知識を勉強されました。

 20世紀の90年代に、高 鶴亭学長自らの重視と努力のもとで日本の有志者ら、植松先生と一緒に、崇高な人類健康の事業に尽力し、北京中医薬大学日本校を設立して中医薬教育を行っています。

 あれから20年以上経ち、日本校はいろいろ苦労と困難を克服し、教育の質に絶えず進歩を求め、次々中医薬の専門な人材を日本の社会に送り出し、日本の国民の健康に、そして日中両国の友好往来と文化交流など各方面に大いに貢献してきました。

 本日、私どもはもう一度、米山 美智子殿等30名の方々へ卒業祝いの言葉を送りたいと思います。貴方達は、三年間絶えず勤勉に中医薬学を研鑽し、順調に学業を終え、卒業することができました。本当におめでとうございます!貴方達のかためた意志と中医薬学知識への探求する精神は表彰すべきものです。

皆さん、本日で卒業とは言えますが、また新たな起点として、今後の社会実践の中でも「勤求博采・厚徳済生」の精神を受け継ぎ、続けて中医薬学の知識にさらに磨きをかけて、日本国民の皆さんの健康のため、努力を尽くして下さい。

では、皆で手を組んで更なる高点へ登り、より遠くまで眺望し、中医薬文化の発展と繁栄及び、全人類の健康事業により多くの力を捧げましょう。


(翻訳:李)
by jbucm | 2013-10-31 10:31 | 中医中薬専攻科

答辞

先週の卒業式に、卒業生代表から素晴らしい≪答辞≫を頂きました。全文は以下の通りです:

 猛暑と言われた夏が終わり、日増しに秋の気配を感じるようになりました。
 本日は、お忙しい中、私たち卒業生のために、このような心温まる式典を挙行いただき、誠にありがとうございます。
 思えば、3年前、本学への入学を許可され、自宅にテキストが送られてきました。テキストを開けると簡体字だらけ。中国語が分らない私は辞書を片手に意味をとろうと試みましたが、3行訳すのに1時間。入学前に早くも挫折してしまったのでした。3年間、やっていけるのだろうか?そんな不安でいっぱいになりました。
 その不安が学ぶ楽しみに変わったのは、ひとえに金先生、韓先生の熱心なご指導と通訳の先生方の分りやすい説明があったためです。深く感謝いたしております。
 金先生の講義で印象深かったのは、内科学の講義の中での先生のお言葉でした。症例を分析していたときのことです。私たちは、「正しい答え」を求めがちでした。それに対して先生は「答えを教えるのではなく、一緒に考えましょう。」とおっしゃって下さいました。何が正しいのか、ではなく、どう考え、分析していくのか、その方法を教えていただいたことは、これから卒業し、一人になった時、必ず私たちの力になるものと思います。また、最後の臨床講義では、中医学の理論が、実際の臨床に応用されている様子を知ることができました。この3年間に勉強したことがすべてつながっていくような、そんな感動がありました。
 韓先生には中薬学・方剤学を教えていただきました。先生ご自身のご経験や逸話を混じった講義は大変興味深く、心に残っています。そのエピソードがあったからこそ、多くの中薬・方剤が印象に残り、覚えることができました。
 この3年間でいただいた資料の厚みは、15cmほどにもなっていました。講義の外でも、先生方は私たちのために、貴重な時間を使い、この膨大な資料を準備してくださっていたのだと思い、改めて、感謝の気持ちでいっぱいになりました。ありがとうございました。
 また、中医学に精通した通訳の先生方は、とても心強い存在でした。先生方の通訳なしには、中医学の耳慣れない用語や理解することはできませんでした。ありがとうございます。
加えて、3年間、働きながら学習を継続できましたのは、学ぶ環境を整えてくださいました、理事長をはじめ、事務局の職員の皆様のサポートがあったためです。本当にありがとうございました
 大学の場は私にとって、単に中医学を学ぶというだけでなく、たくさんの出逢いの場となりました。ここで出逢った友人や先輩は私の人生の宝物です。ともに学んだ友人や先輩にも感謝の気持ちを伝えたいと思います。
 この3年間で中医学のよさをたくさん知ることができました。中でも、「養生」という考え方、「未病を治す」という方法は、これから超高齢化社会を迎える日本にとって、とても重要になるのではないでしょうか?私たちは、今日で卒業致しますが、3年という短い期間では中医学のほんの入り口に立ったに過ぎないと感じています。ここで学んだ知識を実践に生かすべく、これからも奥深い中医学の世界を探求し続け、中国の人々が長年培ってきた英知を学ぶ、吸収し、微力ながら家族や身近な人、地域の人、或いは患者さんにその知識を伝えていきたいと思います。そうすることで皆が健康で幸せな毎日を過ごすことができる。そんな夢を抱きつつ、これからも努力していく所存です。
 最後になりましたが、北京中医薬大学日本校の輝かしいご発展と、先生方、職員の皆様のご健康と益々のご活躍を祈念し、答辞の挨拶とさせていただきます。本日は誠にありがとうございました。

 平成22年10月2日
 卒業生代表 中医中薬専攻科 室伏 純世

 写真は中医薬膳専科の卒業生の方々です:
                ↓
f0138875_18262561.jpg

by jbucm | 2010-10-11 09:30 | 学校行事・お知らせ

北京研修旅行の報告

去る11月11~16日、日本校13名の在校生・卒業生の方が北京本校への研修(大学付属病院での臨床実習)に参加されました。また、中医中薬専攻科・平成17年生の卒業式も行いました。やや肌寒いの初冬の北京ですが、晴れる日が続いていたので、過ごし易い天気でした。
f0138875_166462.jpg

f0138875_1632224.jpg

大学付属病院での臨床実習は、一流の臨床医師指導の元で行い、先生の詳しい解説によって、今までに学んだ中医学の理論を臨床実践の中で検証されました。また、大学付属病院という環境の中で、日本では得られない、臨床の体験を習得することができました。
f0138875_1624954.jpg
f0138875_162124.jpg

f0138875_1653495.jpg

                        ↑
(「国医堂」病院の薬局で処方しているところです、一山は1人患者一日分の煎じ薬です。)

14日の金曜日の午後4時半より、中医中薬専攻科・平成17年生の卒業式典は本校講堂にて行いました(13名研修に参加された方の他に、わざわざ当日北京に行って、卒業式に参加された卒業生が1名いました)。北京中医薬大学の喬旺忠副学長や、教務処、外事処の処長ら、本校の教授達の見守る中で、卒業証書を受け取る感動は、中医学を学んで良かったという思い出になられました。また、祝賀パーティでは、喬副学長や、日本校の高鶴亭学長、植松理事長からのお祝いの言葉を頂き、東直門病院で講義をして頂いた教授及び通訳の方、本校の一部の在学生とのコミュニケーションもでき、大変有意義なパーティでした。
f0138875_1642565.jpg

f0138875_1614476.jpg

なお、初めて北京を訪れる方にとっては、万里の長城の登りや、北京ダック、薬膳鍋料理等の北京料理や、中国の民族料理などに、満足して頂きました。
f0138875_165132.jpg

国立北京中医薬大学日本校は、学生及び関係者の皆様に中医学を学ぶ機会を作り、中医学の国際交流を深め、日本における中医学の普及と振興に尽力してまいりました。今回の研修旅行に、13名の方が参加され、臨床研修によって、中医学の技能を高めることが図れれば、幸いに存じます。

最後に、この場を借りて、今回ご参加いただきました14名の方々へ感謝の意を表したいです。皆様の温かいご協力によって、無事に終了しましたことを心から感謝いたします。短い旅とは言え、本格の中医病院で体験されて、充実な毎日を送ることが出来ましたでしょうか。

なお、皆様は研修レポーターや旅の思い出などが書かれましたら、是非、学校へお寄せ下さい。近いうちに「北京中医会報」や、学校のブログへ掲載したいと思います。
     
皆様のご健康とご活躍をお祈り申し上げます。

(李)
by jbucm | 2008-11-20 09:30 | 研修旅行

卒業式

こんにちは。 北京厚済薬局の水本です。

先月になりますが、3月29日(土)に卒業式が行われました。
平成17年4月生の中医中薬専攻科と平成平成19年4月生の医学気功整体専科・中医薬膳専科の皆様です。

当校では、10月と4月に卒業式を行いますが、3月は日本校で、10月は北京本校で行う事になっています。
これは、卒業をされる皆様が、全員北京へ行かれるとは限らないからです。
仕事をしながら勉強をされている方も多いので、お仕事の都合や家庭のご事情がございますから。
(医学気功整体専科・中医薬膳専科の方は、9月に日本校で卒業式を行います。)

f0138875_1641677.jpg

f0138875_16491038.jpg


卒業式の後は、学校近くのお店で懇親会がありました。
私も参加し、卒業された方とお話をしましたが、皆さん学校で中医学を勉強して良かったと言っていらっしゃいました。そして、中医学をもっと色々な方に知っていただきたいともおっしゃっていました。
そういう風に言っていただけると、私も本当に嬉しいです。仕事をしながら学校で勉強を続ける事は、やはり大変ですから。
それでも中医学の勉強を続けたいとお考えの皆様のお手伝いを、これからもバックアップしていきたいと思います。

そして、中医学は奥が深いので、これからが本当の中医学を学ぶ時間だと思います。学校で勉強する事は、あくまでも基礎ですから。
実践を重ねる事で、更に中医学に対する理解が深まると思います。

日本に中医学を普及させる事・・・私がいつも目的としている事です。
卒業後も私達にお手伝いの出来る事がございましたら、ご連絡を下さい。これからも一緒に頑張りましょう。
by jbucm | 2008-04-09 09:00 | 学校行事・お知らせ

卒業式

9月29日、今年の秋の合同卒業式が行われました。

f0138875_13213417.jpg

中医中薬専攻科  (16年10月生) 15名
中医薬膳専科   (18年10月生) 27名
医学気功整体専科 (18年10月生)  5名  計47名の生徒さんが
無事卒業されました。

みなさん、おめでとうございます。
猛暑の中、卒業試験に向けて大変な夏を過ごされた事と思います。でも試験は一生懸命勉強した事が、どの位身に付いたか確認する良い機会ですよね。
間近にせまった、認定試験も頑張って下さい!!

卒業式のあと、先生方を交え、お祝いのパーテイーが行われました。
by jbucm | 2007-10-09 13:22 | 学校行事・お知らせ


日本中医学院が運営するブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30