人気ブログランキング |

タグ:夏期講習 ( 43 ) タグの人気記事

夏休みのお知らせ

日本中医学院お盆休みは下記通りです。

 812()818()は連休とさせていただきます。

 819()からは、通常通りの業務を始めさせて頂きます。

 いつも日本中医学院のブログ記事を読んで頂き、ありがとうございます。

 皆様、楽しい連休でありますように。



by jbucm | 2019-08-10 11:45 | 学校行事・お知らせ

夏期講習 その3

f0138875_15384344.jpg
こんにちは、先週土日(81819日)夏季講習会(その3)を行われました。今回は呉晨輝先生からの「中医学眼科・耳鼻咽喉科の知恵」でした。

講座は眼科・耳鼻咽喉科に対しての中医学の認識と臨床治療用薬を紹介しました。現代医学(西洋医学)と中医学理論を結合し、中医学の角度から、分かり易く解説を頂きました。

以下の内容を講義しました。

1、五輪(肉輪、血輪、気輪、風輪、水輪学説

2、中医診断概要

3、肉輪、血輪、気輪風輪病、水輪病の中医治療法

4、耳鼻咽喉科の常見する疾病の診断と治療法

5、中耳炎、耳鳴・耳聾、眩暈、鼻炎、副鼻腔炎、咽頭炎の診断と治療

3回にわたって今年の夏期講習会の紹介させて頂きました。ご覧になっていただき、ありがとうございました。来年のご参加を、お待ちしております。


by jbucm | 2018-08-19 15:43 | 学校行事・お知らせ

夏期講習 その2

f0138875_15202045.jpg
f0138875_15205194.jpg
こんにちは、先週の土日(84日・5日)夏季講習会(その2)を行われました、今回はその内容を紹介します

テーマ:夏・長夏の薬膳

午前(1012時)は鳳寛子先生より、「夏・長夏の薬膳」を講義して頂きました。

午後は、よく雑誌やテレビ番組で目にかかります、村岡奈弥先生が、夏・梅雨の薬膳料理方法を解説しながら、演じて下さいました。最後に、田中康子先生からの「夏の薬茶」-緑茶・緑豆茶・荷葉茶・南蛮茶(トウモロコシのヒゲ茶)・冬瓜皮茶・祛暑茶・五味子茶の作り方や効用の講義を聞きながら、健胃茶を試飲しました。


少し疲れたかな~と思いますが、5時間で、豊富な内容で、しかも普段の講義で、できない内容でした。帰りの時、皆さんが連日の猛暑は、何処かに飛んで行った顔でした。

いつもご協力下さいました、日本中医食養学会の先生方やスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。本当に有難うございました。



by jbucm | 2018-08-05 15:22 | 学校行事・お知らせ

夏期講習 その2

こんにちは、先週の土日(84日・5日)夏季講習会(その2)を行われました、今回はその内容を紹介します

テーマ:夏・長夏の薬膳

午前(1012時)は鳳寛子先生より、「夏・長夏の薬膳」を講義して頂きました。

午後は、よく雑誌やテレビ番組で目にかかります、村岡奈弥先生が、夏・梅雨の薬膳料理方法を解説しながら、演じて下さいました。最後に、田中康子先生からの「夏の薬茶」-緑茶・緑豆茶・荷葉茶・南蛮茶(トウモロコシのヒゲ茶)・冬瓜皮茶・祛暑茶・五味子茶の作り方や効用の講義を聞きながら、健胃茶を試飲しました。


少し疲れたかな~と思いますが、5時間で、豊富な内容で、しかも普段の講義で、できない内容でした。帰りの時、皆さんが連日の猛暑は、何処かに飛んで行った顔でした。

いつもご協力下さいました、日本中医食養学会の先生方やスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。本当に有難うございました。




by jbucm | 2018-08-05 15:01 | 学校行事・お知らせ

夏期講習 その1

f0138875_14485107.jpg
f0138875_14480651.jpg
こんにちは、先週土日(728日・29日)夏季講習会(その1)を行われました。内容は癌の化学療法による副作用の中医薬対策(担当:韓先生)と解剖学(担当:李 紅岩先生)です。

テーマ①:癌化学療法による副作用の中医薬対策

以下の内容を講義しました。

1、 癌の化学療法の現代医学概論

2、 中医薬における癌の化学療法の特色

3、 癌の化学療法による副作用の中医薬対策

ここでその一部分内容(消化器に対しての副作用の治療)を抜粋して紹介します。

悪心嘔吐、食欲不振、消痩(痩せ)、腹瀉、便秘などの症状があります、8つの証(痰湿困脾証・痰熱内結証・肝気犯胃証・寒熱錯雑証・脾胃虚弱証・脾胃虚寒証・胃陰不足証・脾腎両虚証)を弁証します。脾胃虚寒証について説明します。

脾胃虚寒証

臨床表現:悪心嘔吐清水(嘔吐物は清水である)、或いは便溏、腹冷痛、喜温喜按、食欲不振、倦怠乏力、四肢不温(手足が冷たい)、舌淡苔白、脈濡弱

病機:化学療法に脾胃陽気を損傷されて、腐熟や運化機能低下

治法:温中健脾、和胃降逆

方薬:理中丸加味(人参、白朮、乾姜、砂仁、半夏、陳皮、呉茱萸、炙甘草)

中焦虚寒証を治療する方剤(大建中湯、小建中湯、理中丸、呉茱萸湯)の解説も頂きました。

テーマ②:解剖学

李先生は以下の内容を講義しました。
一、解剖学の概論
二、解剖学の用語
三、組織と細胞
四、動脉・静脈の分布
五、骨格系
六、関節と靱帯
七、筋系
八、神経系

短時間(10時間しかない)の講義ですので、骨格系・関節と靱帯・筋系を紹介しました。



by jbucm | 2018-07-30 14:51 | 学校行事・お知らせ

夏季講習会(その3)

f0138875_09581717.jpg

こんにちは、先週土日(819日)夏季講習会(その3)を行われました。今回は周軍先生からの「中医不妊症治療」(第2弾)でした。

講座は不妊症に対しての中医学の認識と周先生の臨床治療(症例)経験を紹介しました。現代医学(西洋医学)と中医学理論を結合し、中医学の角度から、分かり易く解説を頂きました。

以下の内容を講義しました。

140代女性の中医不妊治療と症例紹介

2、多嚢胞卵巣症候群の中医治療の特徴

3、体外受精中、品質が良い卵子を採るための中医薬(漢方)

4、移植準備と中薬学対応

5、流産の予防と中医

3回にわたって今年の夏期講習会の紹介させて頂きました。ご覧になっていただき、ありがとうございました。来年のご参加を、お待ちしております。



by jbucm | 2017-08-21 09:30 | 学校行事・お知らせ

夏季講習会(その2)

f0138875_09374695.jpg
こんにちは、周です。先週土日(85日・6日)夏季講習会(その2)を行われました。内容は中薬の臨床応用技巧(担当:韓先生)です。



以下の内容を講義しました。

1、 内科・婦人科・皮膚科・眼科及び耳鼻咽喉科の常見する病証への中薬応用と経験

2、 常見する中薬の用量の技巧

3、 常見する中薬の特殊な効能

4、 薬対の応用(臓腑常見する薬対、臨床各科常見する薬対)

5、 角薬の応用


私は1時間位の授業を聴講しました、口内炎でした。その内容を抜粋して紹介します。


口内炎は中医では「口瘡」「口瘍」の範囲に属します。病因病機の多くは飲食不摂・情志失調・邪毒侵襲・正気虧虚によって邪熱燻蒸(熱邪が口内粘膜を燻蒸して)気血失栄となります。病変は火(実火・虚火)と関係します。実火の多くは若者に発症し(単発)治療しやすいです。虚火の多くは年長な者・体質虚弱の者に発症し(再発、且つ何箇所もある)治療しにくいです。痛いので、食事にも影響(特に哺乳期の人には影響が大きい)します。治法としては実火の場合は清熱瀉下で、虚火の場合は滋陰瀉熱です。黄耆、肉桂、胡黄連、五倍子(外用)、孩兒茶(外用)を用いられます(要注意:肉桂は虚火上炎の口瘡に適応する)。


日本で使える方剤もありますー三黄瀉心湯・半夏瀉心湯・十全大補湯。








北京中医薬大学日本校お盆休みは下記通りです。


 811()817()は連休とさせていただきます。

 818()からは、通常通りの業務を始めさせて頂きます。ブログは821()から再開いたします。

 いつも北京中医薬大学日本校のブログ記事を読んで頂き、ありがとうございます。

 皆様、楽しい連休でありますように。


by jbucm | 2017-08-07 09:30 | 学校行事・お知らせ

夏季講習会(その1)


こんにちは、先週の土日(729日・30日)夏季講習会(その1)を行われました、今回はその内容を紹介します


テーマ①:夏・長夏の薬膳料理・薬膳に使える中薬


午前(1012時)は鳳寛子先生より、「夏・長夏の薬膳」を講義して頂きました。

午後は、よく雑誌やテレビ番組で目にかかります、村岡奈弥先生が、夏・梅雨の薬膳料理方法を解説しながら、演じて下さいました。最後に、田中康子先生からの「夏の薬茶」-緑茶・緑豆茶・荷葉茶・南蛮茶(トウモロコシのヒゲ茶)・冬瓜皮茶・祛暑茶・五味子茶の作り方や効用の講義を聞きながら、苦丁茶を試飲しました。


少し疲れたかな~と思いますが、5時間で、豊富な内容で、しかも普段の講義で、できない内容でした。帰りの時、皆さんが連日の暑さは、何処かに飛んで行った顔でした。

いつもご協力下さいました、日本中医食養学会の先生方やスタッフの皆様、大変お疲れ様でした。本当に有難うございました。


テーマ②:解剖学(担当:李 紅岩先生)


李先生は以下の内容を講義しました。
一、解剖学の概論
二、解剖学の用語
三、組織と細胞
四、動脉・静脈の分布
五、骨格系
六、関節と靱帯
七、筋系
八、神経系


短時間(10時間しかない)の講義ですので、骨格系・関節と靱帯・筋系を紹介しました。






by jbucm | 2017-07-31 09:30 | 学校行事・お知らせ

夏期講習 その3

こんにちは、先週土日(8月20日・21日)夏季講習会(その3)を行われました。今回は周軍先生からの「中医不妊症」でした。

講座は不妊症に対しての中医学の認識と周先生の臨床治療(症例)経験を紹介しました。現代医学(西洋医学)と中医学理論を結合し、中医学の角度から、分かり易く解説を頂きました。


3回にわたって今年の夏期講習会の紹介させて頂きました。ご覧になっていただき、ありがとうございました。来年のご参加を、お待ちしております。
f0138875_11372829.jpg

by jbucm | 2016-08-22 11:37 | 学校行事・お知らせ

こんにちは、先週土日(8月6日・7日)夏季講習会(その2)を行われました。内容は体外受精治療不妊症の中医薬補助療法(担当:韓先生)と解剖学(担当:李 紅岩先生)です。

韓先生は現代医学(西洋医学)と中医学理論を結合し、中医学の角度から、分かり易く解説を頂きました。
1、妊娠の生理・病理に対する中医学の論述
2、中医薬を用いてIVF-ET(体外受精-胚胎移植)の薬理研究
3、中医薬補助治療
4、症例(4つ病案)を取り上げて説明

李先生は以下の内容を講義しました。
一、解剖学の概論
二、解剖学の用語
三、組織と細胞
四、動脉・静脈の分布
五、骨格系
六、関節と靱帯
七、筋系
八、神経系

北京中医薬大学日本校お盆休みは下記通りです。

 8月11日(木)〜8月18日(木)は連休とさせていただきます。

 8月19日(金)からは、通常通りの業務を始めさせて頂きます。ブログは8月21日(月)から再開いたします。

 いつも北京中医薬大学日本校のブログ記事を読んで頂き、ありがとうございます。

 皆様、楽しい連休でありますように。
by jbucm | 2016-08-08 09:30 | 学校行事・お知らせ