タグ:専門用語 ( 25 ) タグの人気記事


三焦(さんしょう):六腑の一つであり、臓象学説の中の特有な名称です。「上焦」、「中焦」、「下焦」に分けられています。三焦の実体について、いろんな説がありますが、『類経』にこう書かれています:「三焦とは一つの腑であり、(場所は)臓腑の外、体の内にあり、諸臓を網羅する」。なので、三焦は胸腹腔に分布する最大な腑と言っても良いでしょう。横膈の上は上焦で心・肺を含も、横膈以下臍以上は中焦で脾・胃を含も、臍以下の下腹部は下焦で肝・腎・大腸・小腸・膀胱・女子胞を含みます。その中、肝臓は場所から見ると中焦に属するが、腎との関係が密接のため肝も腎と同じく下焦に分類されます。すなわち、三焦とは五臓六腑の全機能の総体であると言っても宜しいです。

三焦の生理機能は下記の通りです:
1.元気が通行する:元気(原気ともいう)は人体のもっとも重要な気で、腎がその源です。先天の精から化し、後天の精によって養われ、人体臓腑陰陽の本、生命活動の原動力です。元気は三焦を通して五臓六腑に配布され、各臓器の生理活動を激励し、推し進めます。
2.水穀を運行する:人体の水穀、特に水液の消化吸収、輸送、排泄は幾つかの臓器によって共同で完成される複雑な作業ですが、その中で特に三焦は重要な役割を果しています。

三焦各自の生理機能特徴があります:
1.「上焦如霧」(上焦は霧のごとく):上焦は精気を発散し、精微を拡散させる作用があります。上焦は中焦の脾・胃からの水穀精微を受け、それを心・肺の発散作用により全身に配布し、栄養、滋養作用するが、それはまるで霧、露の天から大地までムラなく潤わせるようです。なお、上焦は精微を受け、発散するので、「上焦は納めを主る」とも言われています。
2.「中焦如漚」(中焦は漚のごとく):漚(おう)とは、物を水に浸し、腐熟させることです。脾・胃の水穀を運化し、気血を生成させる作用を指しています。胃が水穀を受け、脾の運化により精微になり、気血に運化され、また脾の上昇作用によって心・肺に輸送し、全身を滋養します。なお、中焦は精微を運化するので、「中焦は化を主る」とも言います。
3. 「下焦如涜」(下焦は涜のごとく):涜(とく)とは、廃物を排泄することです。腎・膀胱・大腸・小腸などの清・濁を分別し、廃物を排泄する作用を指しています。下焦は食べ物の廃物を大腸に送り、糞便に変え、肛門から体外に排泄し、体内の余分の水液を腎と膀胱の気化作用により尿に変え、体外に排泄します。この生理過程は下に疎通し、外に排泄するので、「下焦は涜のごとく」と言い、ない、下焦は排泄を主るので、「下焦は出を主る」とも言います。

なお、温病学にも弁証の綱領として、「三焦」と言う言葉があり、弁証の三焦と称しています。その「三焦」は、六腑の一つではなく、人体の上・中・下の三つの部位で分けたものでもありません。それは、温病の進行過程を三つの病理段階(浅い→深い)を指しています。

* 三焦は現代医学の解剖学的には見ることのできない器官ですが、中医学では大切なはたらきがあります。三焦の生理機能と上焦・中焦・下焦それぞれの機能特徴を理解して頂きますと宜しいです。

奇恒の府(きこうのふ):脳、髄、骨、脈、胆、女子胞(子宮)を含め、臓腑と異なるものの総称です。その形体は中空で腑に似ていますが、機能面では精気を貯蔵し、臓に似ています。人体の比較的に深い部位にあり、人体の重要な組成部分となっています。その特徴は、殆ど他の臓腑に配属されず(胆だけ肝と表裏関係を持つ)、濁物を貯蔵しないことです。胆に貯蔵される胆汁は清浄であるため、奇恒の府にも帰属されています。しかし、奇恒の府は孤立なものではないです。たとえば、脳と心肝腎の機能は協調しあい、その役割を果たせています;髄と骨の生長は腎に蔵せれている精気から養われています;脈は心と直接な関連しています(心主血脈);子宮の生長発育も腎気に依頼していて、さらに、月経や妊娠などは血の供給が欠かせないから、心肝などの臓にも関連します。

(李)                                       (終わり)

                                                        
[PR]
by jbucm | 2010-04-22 09:21 | 中医学


命門(めいもん): 「生命の門」という意味が含まれます。命門に対する認識は幾つの説があります。『難経・三十六難』では、腎臓は左右各一つあり、左側は腎で、陰と水に属し;右側は命門で、陽と火に属すという認識をしています。その為、腎は「水火の臓」とも称されます。通常の「真陰」は腎水を指し、「真陽」は腎陽、又は「命門の火」を指します(現代医学では、左右両腎の組織構成も機能も区別がないと判明しています)。

命門の作用を概括にすると、①元気の根本で、体のエネルギーを発生する発祥地で、三焦の気化機能を助ける働きがあります;②命門の火は脾胃を温め、飲食物を消化する機能を助けます;③人体の性機能に密接な関係を持ち、命門の火(相火に属す)が不足或いは偏亢の場合、どちらでも病態にあります;④納気作用があり、呼吸系の機能に密接な関係があります。

水火相済(すいかそうさい):心と腎の生理関係の現しです。心は火に属し、腎は水に属します。火と水は相互制約し、動態的なバランスを維持しています。このバランスは「水火相済」と称します。「相済」とは、相互補給の意味です。

「胃者,腎之関也(いはじんのせきである)」: 『素問・水熱穴論』にあった言葉です。「関」とは、水液が必ず通過する出入り口(関所)だと理解すれば良いです。胃の調子が悪くなる(胃気虚弱など)と、胃に入った水液がうまく腎にたどり着かず、二便の失調になり、水液代謝障害を起こします。

州都の官(しゅうとのかん):膀胱のことです。六腑の一つである。州都とは、洲渚ともいい、水の中にあるが、居住できるところです。ここでは、膀胱は水液の集まるところであるの譬えです。膀胱は腎と表裏関係を持ち、その中にある尿液は気化過程の産物で、汗と同様で津液から化生されます。「気化」とは、化気行水の意味です。膀胱に病気があれば、尿の異常或いは排尿困難などの症状が現れます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-04-01 11:39 | 中医学

先天の本(せんてんのもと): 腎のことです。先天とは人体の生命、生殖の起源で、後天に対する言い方です。腎には生殖の精を蔵されているので、腎主先天という言い方があります。

下元(かげん):腎臓を指します。

腎精(じんせい):腎に貯蔵される「精」のことです。本臓の精(生殖に関する「先天の精」)だけではなく、五臓六腑の水穀から化生される、脳や骨髄を含め全ての臓腑と組織を滋養する「後天の精」も含まれます。腎精が十分にあれば、体は元気があふれる。

腎気(じんき):腎精から化生された気であり、腎臓の機能活動(生長発育、生殖機能など)を意味します。「気」とは、エネルギーの意味が含まれます。

腎陰(じんいん): 真陰(しんいん)、元陰(げんいん)、腎水(じんすい)、真水(しんすい)などの呼び方もあり、腎陰は、腎陽に対する言い方です。腎本臓の陰液を指し、腎陽の活動の物質的基盤です。

腎陽(じんよう): 真陽(しんよう)、元陽(げんよう)、腎火(じんか)、命門の火(めいもんのひ)などもう称しています。腎臓の生理活動の原動力で、体の熱エネルギーの源泉です。
[PR]
by jbucm | 2010-03-11 11:59 | 中医学

肝陽(かんよう):主に肝のある機能活動の変化状況を指します。正常の場合は、肝陽と肝陰は相対的な平衡を保っていますが、もし肝陰虚になれば、陽を制約できず、「肝陽上亢」になり、頭痛・眩暈・易怒・耳鳴り・不眠などの症状が現れます。


肝陰(かんいん):主に肝の本臓にある陰液と肝に蔵される陰血のことを指します。正常の場合は、肝陽と肝陰は相対的な平衡を保っていますが、もし肝気が強すぎると、肝陽が亢盛になり、肝陰を消耗し、「肝陰不足」になり、最終的に「肝陽上亢」の症状が現れます。

肝血(かんけつ):肝に蔵される陰血のことを指します。通常では、肝陰とはっきりと分けられないが、臨床の角度から見れば、肝血に関連する病証は、失血に関係するので、必ずしも陰虚陽亢の症状があるではありません。

肝、体陰用陽(かん、たいいんようよう): 「体」とは、実体の意味で、「用」とは作用、機能を指します。肝は臓であり、腑に対して「陰」である;また、肝は蔵血の臓で、血が陰であるので、故に肝の実体は陰に属します。しかし、肝の生理機能は疎泄を主り、中に相火を寄せられ、「風木の臓」と称され、動風化火し易い;なお、肝は筋(すじ)の活動を統轄している。これらの機能、作用及び病理状況から見ると「動・熱」のほうに偏り、陽に属されます。故に、「肝、体は陰だが、用は陽」という説がありました。

肝腎同源(かんじんどうげん):肝と腎は相互滋養(所謂「肝腎相生」)である。肝の疎泄条達と血量を調節する機能は、腎陰の滋養に依頼します。腎陰の補充には、肝の疎泄に通じて腎に貯えます。なお、肝と腎は両方とも命門から出た相火を持っているので、肝腎同源という言い方がありました。

 なお、「肝腎同源」の他に「精血同源」や「乙癸同源」という言い方もあります。由来については、前者が肝蔵血、腎蔵精からで、後者が乙は木(肝)に属し、癸は水(腎)に属すからです。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-02-25 10:16 | 中医学


将軍之官(しょうぐんのかん):肝のことです。出典は、『素問・霊蘭秘典論』(「肝者,将軍之官,謀慮出焉」)です。肝は将軍のように、勇気があってたくましい臓であり、策略をめぐらすから、故に謀慮がそこから出るというので、将軍之官と呼ばれています。これは、肝の機能は高級神経の機能にも関連すると考えられます。

肝気(かんき):肝臓の精気で、肝の機能を指します。

罷極の本(ひきょくのもと):肝のことです。出典は、『素問・六節蔵象論』です。「罷(ひ)」とは、疲(ひ)と同じ意味です。罷極の本とは、人体の疲労に耐えるもとの意味です。肝は筋の活動を統轄し、運動をつかさどる臓であり、運動機能の根本であることを説明しています。

肝主疏泄(かんはそせつをつかさどる): 「疏」とは疏通、「泄」とは排泄のことです。肝は疏散宣発、排泄の機能が備えていることを指し、三つの方面から表している。まず、肝気は全身の気機を調暢し、血液と津液の運行を推動する重要な一環です。二つ目は、肝気は脾胃の運化、脾気の散精、胆汁の排泄などにも促進する働きがあります。もう一つは、肝気は情志活動にも影響を与えます。肝の疏泄機能が正常であれば、気機が調暢し、全身の気血も調和し、痛む処がなく、情緒も安定する。

肝気条達(かんきじょうたつ):肝の性質は樹木のように束縛なく伸びることです。なお、肝臓は血液を貯蔵する臓器で、全身の血液分布に調節する機能を持ちます。肝気条達の意味は、肝の疏泄機能が整い、気血を流暢に巡らせることです。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-02-18 10:10 | 中医学


脾主肌肉(ひはきんにくをつかさどる):筋肉に必要な栄養物質は脾の運化吸収から得られています。脾気健運で、栄養が充足であれば、筋肉もふっくらと肥えている。もし脾に疾患を罹り、消化吸収に障害が発生したら、しだいに痩せるはずです。

脾主四肢(ひはししをつかさどる):前条と同じく、四肢の筋肉に必要な栄養物質も脾の運化吸収から得られています。脾気健運で、栄養が充足であれば、四肢の動きに力があります。脾気虚弱の場合は、四肢に脱力感が見られます。

胃気(いき): ①主に胃腸の消化機能を指す。胃気は降が順調であり、脾気と力を合わせて働きます。脾胃の消化機能がある程度、機体の抗病能力を体現するから、胃気は身体にとくに重要であります。故に、歴代の医家は胃気を保護することにとても重視していました。いわゆる「有胃気則生、無胃気則死」。病気を治療の際、胃腸機能が弱まっている時に、胃気を損傷し易い苦寒瀉下の薬を避けるべきと強調しています。②脉の胃気を指します。脉は胃気を本とします。つまり、「胃気の有る」脉象は正常の脉象です。その表現は浮でもなく、沈でもない;早くなく、遅くもない;落ち着いて緩和であり、リズムがあります。

胃陰(いいん):胃の中の陰液のことです。「胃津」とも言います。水穀から化生されたものです。臨床では、肺や胃に熱が盛んになると、胃陰を消耗し易く、発熱・口の渇き・咽喉の乾燥・便秘・舌紅少苔・脉細数などの症状が現れます。広い意味では、「胃陰」には体内の他の津液も含まれると考えられます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-02-04 12:16 | 中医学


中州(ちゅうしゅう): 脾のことです。古人は方位の「東・西・南・北・中央」を五臓に配属し、脾を「中央」に配置させました。また、五行説によりますと、脾は「土」に属しますので、「脾主中土」や「脾主中州」の称呼も出てきました。土は万物を化生するものです、まるで脾も土のように身体に精微物をあたえ、血液など化生しています。いわゆる「脾居中央、灌漑(かんがい)四傍」とは、脾が身体の中央に居て、常に四方の組織器官に精微物を与え、人体の生長発育の促進、生理活動の維持などを果たせていることを指します。角度を換えてみますと、脾のこれらの機能も「脾は生化の源」を説明しています。

脾主運化(ひはうんかをつかさどる): 前回に話しました脾の機能の一つで、飲食物の消化吸収及び、その精微(栄養成分)を全身へ輸送することです。飲食物が胃に入ると、脾と胃が共同作業を行い、それを消化吸収します。また、吸収した精微を脾気の助けによって、全身の各部位へ輸送し、全身の組織器官を滋養する働きを果たせます。なお、脾は水液の輸送と排泄を促進し、人体の水液代謝の平衡を維持するのにも重要な役割を分担しています。

脾主統血(ひはとうけつをつかさどる): 脾気の血液を統摂する(血液を血管の中で正常に運行させる)機能です。脾気が充分であれば、血液は血管の中で正常に運行できますが、脾気が虚弱になると、この機能が弱まり、血液は血管から出てしまい、各種の出血疾患を引き起こします。

脾蔵営(ひぞうえい): 『霊枢・本神篇』にあった言葉で、脾が営血を貯蔵する作用があるという意味です。「営」とは、経脈の中に循行する精気(栄養物)を指します。営は血液を化生するのに欠かせないものだから、通常は「営血」をあわせて称しています。『難経・四十二難』には、「脾…主裹血」と言っています。「裹(か)」とは、巻く・包むという意味です。これは、臓腑の中では、「肝蔵血、脾統血」と言いますが、実際では、脾も営血を蔵する作用があります(現代医学でも解明されています)。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-01-28 15:00 | 中医学

倉廩之官(そうりんのかん):『素問・霊蘭秘典論』からの出典で、脾胃のことを指します。「倉」とは、穀物を貯えるところで、「廩」とは米を貯えるところです;「倉廩」とは穀物をはじめ、全ての食物を受ける倉庫です。胃が食物を受納し、脾がその精微を運化することで、全身へ営養を提供するので、脾胃を倉廩之官と比喩されています。なお、一部の学者は、「倉廩之官」は胃だけを指すと指摘しています。また、胃に「水穀の海」、「五穀の腑」、「太倉」などの称呼もあります。

胃は現代医学の胃と考えて良いですが、脾は現代医学でいう脾臓の事ではなく全ての消化器系の働きの総括であることと考えて良いです。

後天之本(こうてんのもと):脾(胃)のことです。腎が先天之本に対する言い方です。人が出生後の成長、発育及び生命活動に必要な栄養物質は脾胃の運化(消化吸収)機能によって供給されるので、脾胃を後天の本と称しています。脾主後天(ひはこうてんをつかさどる)という言い方もあります。なお、営養不良や発育不良の場合は、「後天失調」と考えても良いです。

胃気(いき):水穀の受納・腑熟して通降するという胃の機能です。胃気が「下降」であることは順(正常)です。もし下降できず(「胃気上逆」となり)、胃の機能が乱れ、さまざまな疾病が発生します。

脾気(ひき):脾の機能を指し、三つの方面が含まれます:一つ目は脾の運化機能(飲食物と水液を消化吸収と全身へ送り出すこと)を指します。二つ目は昇清(しょうせい)といい、消化された飲食物のうち営養物質(清)を上方の肺に送ることです。脾気が「上昇」であることは順(正常)であるという言い方がありますが、主にこの昇清の働きを指します。なお、脾気のもう一つ大切な機能は、三つ目の統血(とうけつ)機能で、周身の血液を統摂(コントロール)することです。

脾陽(ひよう):脾の運化機能及び運化の過程に備えた熱能を指します。脾陽は「命門の火」(腎陽)からの温養と助力が必要です。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-01-21 09:30 | 中医学

宣発と粛降(せんぱつとしゅくこう): 「宣発」とは、発散の意味で、肺気が上へ上がることと気体や津液を外へ発散することを指します;「粛降」とは、清粛の意味で、肺気が下降(清気や津液を全身へ散布)することと気道を清潔に保つことを指します。「宣発」と「粛降」は「呼」と「吸」と同じように、協調し合ってそれらの機能を果たせます。病理上でも、互いに影響し合います。

通調水道(つうちょうすいどう): 「通」とは疏通の意味で、「調」とは調節の意味です。「水道」とは、水液の運行及び排泄の通路です。人体の水液代謝は脾の運化・腎の気化機能の他に、肺気の宣発と粛降機能(前条を参考)にも密接な関係があります。なので、「肺主行水」、「肺は水の上源」という言い方もあります。

肺朝百脈(はいちょうひゃくみゃく): 「朝」とは向かう、集まる意味で、「百脈」とは全身の血管のことです。全身の血液が血管を経由して肺に集まり、肺の呼吸でガス交換を行ってから、また心臓に経由して全身へ分散することです。

肺主治節(はいしゅちせつ): 肺の機能の概括です。「治」とは、管理の意味で、「節」とは調節の意味です。肺の「治節」機能は、四つの方面から表します:其の一は、呼吸運動を調節する;其の二は、呼吸運動に随って全身の気機を調節する(肺主一身の気);其の三は、心臓を補助して血液運動を推動と調節する;其の四は、肺の宣発と粛降機能の表しの一つで、津液の輸布・運行及び排泄を調節することです。

肺腎相生(はいじんそうせい): 「金水相生(きんすいそうせい)」とも言い、肺は金に属し、腎は水に属すからです。五行理論によりますと、肺金と腎水は母子関係です。生理上では、肺と腎は相互配合して生理活動を果たせますが、病理上では、肺気虚損すれば、腎気衰弱になり易い、この場合は、「母病及子」といい、一方、腎気衰弱すると、肺虚になり、「子病及母」と言います。

(李)
[PR]
by jbucm | 2010-01-08 09:59 | 中医学

相傅之官(そうふのかん): 『素問・霊蘭秘典論』からの出典で、肺のことです。「相傅」とは、(「君主」を)補助する意味で、こちらは、肺は心の機能を補助する重要な器官で、心肺の(血液を運行する)機能の協調性もとても大事だと示しています。

華蓋(かがい): 肺のことです。「華蓋」とは、もともと帝王の車の上につけた絹がさを指します。『霊枢・九針論』に「肺は、五臓六腑の蓋也」と指摘し、また『難経集注・三十二難』では「肺は華蓋、胸膈に位置する」と注釈してあります。体腔の臓腑の中では、肺が最も高い位置にあり、諸臓を覆い外邪から保護する作用もあるから、華蓋と称されています。

嬌臓(きょうぞう): 肺のことです。「嬌」とはひ弱の意味です。肺は皮毛に外合し、気管支・気管などで外界に通じているので、邪気を感受し易い。なお、肺は、熱にも寒にも弱く、ただの感冒でも咳が出てしまいますので、嬌臓と称されます。

肺気(はいき): 肺の機能活動を指しますが、呼吸の気体も含まれます。

肺陰(はいいん): 肺臓を養う津液のことで、「肺津(はいしん)」とも称します。肺陰は水穀の精気から化生されたもので、肺気と互いに助け合い、肺の正常な機能を維持するのに欠かせないものです。臨床で、肺陰不足の場合は空咳がよく見られます、舌苔も薄白で乾燥する。肺陰がさらに損傷されると、肺燥火盛の証候が現れます。

(李)
[PR]
by jbucm | 2009-12-24 10:00 | 中医学

日本中医学院が運営するブログです
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30