宋先生の「還童功」


  先日、卒業記念パーティーに、人気が集まる気功の宋先生が、2006年に北京にて開催された「国際医学気功シンポジウム」に発表され、優秀賞を貰いました「還童功」の話は出ました。ここでその功法を紹介したいと思います。実は、私もこの功法の受益者の一人です。私の体験談として、2点あります:その①は、宋先生の論文に書かれなかった効果もありました、それはダイエットですーー体重も、ウエストも減りました!その②は、他のスポーツ運動と同じく、この功法の練習もある程度続くことが大事であり、2-3回だけ或はしたり、しなかったりすると、効果を得られないのが当然である。

  下記は、宋先生の論文から選らんだ部分です:

  還童功は、老化を予防し、寿命を延長させ、若さを保つ、疾病を除去して身体を健康にする等において、特殊な効果が有る事が認められた。この古典功法に対する認識と研究は、点から面へ、浅部から深部へ、感性的な認識から理性的な認識へ、そして、臨床治療効果から科学論拠までの過程の中で一歩一歩発展して来た。還童功の応用と普及により、積極的な社会公益を求めたいため、皆様に還童功をお推薦したい。皆様が還童功を実践することで、活力ある有意義な生活を送る事を願っている。

  還童功功法の紹介
1、坐勢
 背筋を伸ばし、気持ちを落ち着かせて、椅子に腰掛ける。両手で球を抱えるようにする。
2、左右平円勢
 「丹田」を中心とし、左右に円を描くように腰を廻す。左右、各36回。
3、左右立円勢
「丹田」を中心とし、縦に円を描くように腰を廻す。左右、各36回。
4、前後立円勢
「丹田」を中心とし、前後に縦に円を描くように腰を廻す。前後各36回。
5、作用(効果)
 帯脈を通調させ、臓腑の機能を調節し、先天の元気を伸びやかにする。脊椎の病変・腰痛・骨棘(骨増殖体)・内臓病(特に消化系と泌尿系)の疾病には、素晴らしい治療効果が得られる。また、ダイエット・身体を健康にする等の効果がある事から、長時間に及ぶ頭脳労働者には、最も理想的な練功法であると言える。


(李)
[PR]
by jbucm | 2010-04-08 10:16 | 医学気功・太極拳

気功の紹介 八段錦

こんにちは、周です。今回は、気功―八段錦の話をします。

八段錦は、中国数千年の歴史の中で受け継がれてきた気功の中でも、最も完成度の高い、すぐれた気功、健康法です。しかも、八段錦は、一つ一つが独立している、八つの動きから成っていますから、学びやすく、覚えやすいという特長があります。練功(気功を練習する)することで、身体四肢の(運動)調身・調心・調息を融合し、経絡・臓腑・気血の調節作用があり、美容と健康に良いとされていますが、中高年の頚・腰椎疾患の予防及び治療にも期待できます。

また、わずか二、三分もあれば、一つの型を練功することができます。その動きは柔らかく、静かですから、年齢や性別を問わず、どなたにも、どこでも、いつでもできます。病気を持った人、虚弱体質の人もその体力に応じて、無理なく練功することができます。一度に、全部しなくても、好きな型を組み合わせて、練功するのもよいです。

心を込めて(調心)、呼吸に合わせて(調息)、ゆっくり動かす(調身)ことで、自分で自分自身の内面のマッサージをし、人の身体に備わっている自然の病気治癒力を引き出すことができます。

八段を紹介します。
第一段:両手托天理三焦
第二段:左右開弓似射雕
第三段:調理脾胃須単挙
第四段:伍労七傷往後瞧
第五段:揺頭擺尾去心火
第六段:両手攀足固腰腎
第七段:攢拳怒目増気力
第八段:背後七顚百病消

写真は第一段、両手托天理三焦を練習する様子です。
f0138875_13504497.jpg


詳しくは、当校の医学気功整体専科で講義しますので、ご興味がある方は、是非、ご入学ください。お待ちしております。
[PR]
by jbucm | 2008-07-28 09:30 | 医学気功整体専科

気功の勉強

こんにちは、亀山です。
ず〜っと、「気功」が気になっていましたが、ついに気功の授業を受けて見ることにしました。
気功初心者なので、気って何? 何処にあるの? 気功をご存じの方から見たら「何を言ってるのやら・・・・」ばかばかしい事も多いかと思いますが、時々授業の様子や、感じた事などを書いてみようと思います。

先日の授業で、数年気功を勉強していらっしゃる方に「気って感じる様になるんですか?」と聞いてみると「先ずは、気は存在する!って思わないとね。」とのお返事。

そう、気は存在するんです。だって万物は「気」から生まれているのですから。

数千年の間、受け継がれてきた気功を、少し勉強したくらいで解るのか解らないのか・・・・・・
でも、気功の練習をする事で、元気になれたら良いと思っています。

しかし・・・宋先生の動き!!「始めは形をまねるだけでいいですよ」と仰いますが、まねる事すら出来ませんでした!
でも、先ずは形から。気の存在を信じて一年間頑張ります。
[PR]
by jbucm | 2008-04-30 09:22 | 医学気功整体専科

気功って凄い!!

こんにちは、亀山です。
北京中医薬大学日本校のホームページ、ご覧になっていますか?

もの知り中医学の気功養生(3)是非ごらん下さい。「強腎精秘法」は素晴らしいですよ。夏期講習でも教えていただいた方法で、とても簡単!!
何だか、堅苦しい名前が付いていますが、足の裏を手の平で叩く功法です。
寝る前にベッドに腰掛けて毎晩やっています。
夏期講習の直後は熱心に・・・・その後時々。そして最近は淡々と毎晩叩いています。
何故毎晩叩くようになったか?と言いますと、良く眠れるのです。f0138875_2256050.jpg朝までぐっすり。寝付きも良い気がします。

忙しかったり、寝る時間が遅くなってしまうと「足の裏を叩くより早く寝ないと!」と思いベッドにもぐっていましたが、そんな時に限って、小さなもの音で目が覚めてしまったり、なかなか寝付けない事が多くありました。
私が熟睡出来るのは、気功のおかげなんだ!!と気付いて以来、足の裏叩きは私の就眠儀式になっています(笑)

ちなみに、訳も解らず私に勧められ夜テレビを見ながら足の裏を叩いている父は、夜中にトイレに起きる事が無くなったそうです。

皆さんも、試してみては如何ですか?
[PR]
by jbucm | 2007-12-07 09:00 | 医学気功・太極拳

気功の分類

こんにちは、 北京厚済薬局の水本です。

前回に引き続き、今回は気功の分類についてお話したいと思います。

気功は、歴史上の佛家、道家、儒家の著作物の中で、「静坐」「坐忘」「禅定」「胎息」「行気」「服気」「調気」「周天」「内丹」などの表現が使われていて、これらはみな気功の範囲に属しています。

現在の主な気功の分類は、大まかに分けると、「古典気功」「医学気功」「儒家気功」「佛家気功」「道家気功」「武術気功」があります。この中に細かい流派があるわけです。

ちなみに、医学気功整体専科で気功実技を担当されている宋 海君先生は、主に道家気功の華山派の気功を元に教えているそうです。日本ではご存知の方はいらっしゃらないかも知れませんが、中国では伝統のある流派で、女性の方が多いそうです。例えば、以前にブログでご紹介をした「仙人長寿功」も華山派の功法がもとになっています。もちろん、集中講義では古典気功も教えています。また、水曜日には武術気功(主に内家拳)も教えていらっしゃいます。
宋先生は子供の時から武術や気功を学ばれていますから、私が流派の話を先生に聞いても難しくて・・・、でも、ブログに載せきれない事だけは解かりました。さすが、中国4000年の歴史です。
ですから、今回のご紹介は、ほんの一部です。

「医学気功」は、4000~5000年前《内経》の中の記述にある“導引按蹻”が最も早い医学気功であると言われています。医学気功の起源は先秦時代で西漢時代に発展し、隋唐時代に成熟し、両宋金元時代に最も栄えました。

医学気功は、「防病治病(病気を予防し、病気を治す)」「強身健体(身体を強く健康にする)」を目的とした体の鍛錬です。医学気功の功法は多々ありますが、代表的なものとして「六字訣」や「八段錦」等があります。

気功には専門用語がありますので、簡単に説明をしようとしても、難しくなってしまいます。
最初は解からないかも知れませんが、だんだん理解が出来るようになります。
それに、授業は日本語で行いますから、ご心配なく。
[PR]
by jbucm | 2007-11-14 10:27 | 医学気功・太極拳

こんにちは。 北京厚済薬局の水本です。

今日は、平成19年10月生 1年コース(中医薬膳専科、医学気功整体専科)の授業をご紹介したいと思います。

10月に入学されてから2回目の講義ですので、講義内容は、中医基礎理論です。1年コースの方の中医基礎理論は、中医薬膳専科と医学気功整体専科の合同講義になります。ですから、写真を見ていただければお解りかと思いますが、教室は生徒さんでいっぱいです。
朝10:00~16:00までですが、皆さんとても熱心に授業を聞かれていました。

講師は、中国の北京中医薬大学 大学院を卒業された、小金井信宏先生です。もちろん、中医師です。

中医学は中国の歴史であり、文化ですから、日本人には理解しにくいところがあります。それに専門用語も入ってきますから、最初のうちはとまどう事も多いと思います。
でも、同じ日本人である小金井先生の授業は、さすがに聞き易いです。まずは、中医基礎理論を理解する事が大切ですから。

まだまだ先は長いですが、みなさん頑張ってください。

f0138875_17431177.jpg

[PR]
by jbucm | 2007-10-24 11:03 | 講師紹介・授業風景

夏期講習(気功)

こんにちは。亀山です。夏期講習で、気功の授業を受けてみました。
座学かな?と思っていたらしっかり実習。
実習と云っても、私の様なまったくの素人も参加していたので、気功を始める前の準備体操の様なものと、気功の事を何も知らなくても毎日ちゃんとやれば体が変わる、というものを幾つか教えていただきました。
最初に教えて頂いたのが還童功。腰を回す、胸・お腹をマッサージする、頭・内蔵・足を叩くと云う6種類。簡単そうで難しい。思うように腰が回りません。
f0138875_22335591.jpg

腰と一緒に肩まで回ってしまいました。
マッサージをすると手に力が入ってしまい腕が悲鳴をあげました。何とかクリアー出来たのは、足の裏を叩く事だけ。
f0138875_22345793.jpg

振動功、膝気功も教えていただきましたが、どれもぎこちなく、宋先生の動きとは、ほど遠い動きになってしまいました。

6種類の動作からなる還童功は内蔵を強化し、ダイエット、若返り、美容などに良いそうです。その他、高血圧の予防や糖尿病、不眠症などにも効果があるそうです。

二日間、見よう見まねで動いただけなのに、翌日は体がスッキリとして、肌の調子もよかったので、びっくり!
夏期講習以来、宋先生の動きを思い出しながら、「毎日どれか一つだけでも」と思い実行してます(全部はちょっと無理なので・・・)
夏の暑さももう少し。気功のおかげで何とか夏を乗り切れそうです。
[PR]
by jbucm | 2007-08-24 10:24 | 講師紹介・授業風景

仙人長寿功 その2

こんにちは。 北京厚済薬局の水本です。
前回に引き続き、「仙人長寿功」をご紹介したいと思います。

6.龍游功
動作:足は肩幅に開いた姿勢で両手を横から上にあげ、頭の上で手の平を合わせて胸の前に下ろす。足を揃えてから両手の平を合わせたまま上にあげ、左側からS字を描くように両手を下ろす。右側からS字を描くように上に両手をあげていく。
功効:骨・関節・内臓・自律神経の調整

f0138875_16461411.jpgf0138875_16463573.jpg















7.上環功
動作:胸前で両手を合わせ、足を揃える。右手で左手を真横に押す。その時、右足に重心を移し、骨盤は手と逆方向に動かす。
功効:心臓・肺・腎機能を活性化させる。

f0138875_16524314.jpgf0138875_16525826.jpg















8.双環功
動作:足を肩幅に開き、お腹前で開合して気の球を作る。右手を上にして気の球を持ったまま左側に寄せ、右側に移動させる。手を逆にして、気の球を左側に移す。

9.収功
足は肩幅のまま両手を自然に下げる。息を吸いながら両手を横から上にあげて頭の上で円を作る。そのまま百会から光を入れ、丹田に収める。3回繰り返す。

*3~8までの動作は、逆動作も行います。
また、動功を行った後は、収功をして下さい。なお、ここに書いてある収功の方法は、一部分です。前回のブログにも書きましたが、集中講義では動作・呼吸・意念・功効について、講義をしています。

気功は、まず、正確に動作や形を覚える事が大切です。最初は誰でも出来ないのです。あせらず、毎日続ける事も大切です。

気功を通して、あなたも健康を手に入れませんか?
[PR]
by jbucm | 2007-06-15 10:30 | 医学気功整体専科

仙人長寿功 

こんにちは。 北京厚済薬局の水本です。
今回は医学気功整体専科で勉強をする気功を、ご紹介したいと思います。

医学気功整体専科にご入学をされた時、最初に勉強をするのが、「仙人長寿功」です。
この動功は、中国で千年以上の歴史がある華山派の秘密功法です。人体の骨格を意識し、筋肉から内臓に至る練功を主としています。
(さわりでも言葉が難しいですよね・・・。)

「仙人長寿功」は、
予備式(立ち方)から収功(練功を終る時にする気功の事を指します)まで合わせると、9個の動作から成り立っています。

1.予備式(足を肩幅に開いて立ち、膝を少し曲げる)
2.震動功
動作:五臓に両手を当て(順番に1箇所ずつ)、体を上下に震動させる。
功効:経絡及び気血を活性化させる。

3.左右転功
動作:左肩を前→上→後→下に大きく回す。右肩も同様に回転させる。
功効:三焦経を刺激する。また、肩こりにも効果がある。

4.双転肩
動作:鎖骨下の中府に両手の人差し指及び中指をあてる。両肘を大きく前に出し、上方        から後ろへ回し胸を広げる。
功効:心臓、肺に効果がある。

f0138875_1613252.jpgf0138875_16181665.jpg
















5.蠕動功
動作:両手を前に出し、そのまま体を後ろに反らしながら両手を上にあげる。両手を脇から下に降ろすと同時に、背骨を上から順番に前に曲げながら、最初の動作に戻す。
功効:骨・関節・内臓を刺激する。

f0138875_1629622.jpgf0138875_1636168.jpg















このブログでは、動作と功効を簡単に説明しました。
集中講義では動作・呼吸・意念・功効について、細かく講義をしています。詳細をお知りになりたい方は、ぜひ学校で勉強をして下さい。

北京中医薬大学日本校では、気功の理論も合わせて講義をしています。『気功』とは・・・決して、人間を飛ばす事ではありません。

次回のブログでは、この続きをご紹介します。
[PR]
by jbucm | 2007-05-14 16:38 | 医学気功整体専科


国際氣功連合設立大會午後の部の写真の続きです。


健身気功(太極拳)表演
f0138875_21545465.jpg


健身気功(楽以舞療法)表演
f0138875_21551015.jpg


道家気功(回春)表演
f0138875_21552515.jpg

[PR]
by jbucm | 2007-05-04 22:02 | 医学気功・太極拳

日本中医学院が運営するブログです
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31