人気ブログランキング |

こんにちは、李です。今回は、生理特徴及び生理機能を紹介致します。

脾の生理特徴:
1.脾は燥を好み、湿を嫌う:
 脾は水液を運化し、体内の水液代謝のバランスを保つという重要な働きがあります。脾が虚弱すると、運化する能力が衰えて、湿邪が生じます(水液代謝がうまくされない為、いろんな形で身体に溜まっているものを「しつじゃ」と言います)。一方、湿邪が盛んになると脾に悪影響を与えます。湿邪により脾がやられることは「湿困脾土」といいます。頭が重い、腹が張る、口が粘り渇かないなどの症状が見られます。脾気が虚弱で水湿が溜まることは「脾病生湿」といいます。

2.脾気は夏と関係ある:
 脾気は夏に一番盛んになり、脾臓の生理機能活動は夏の陰陽変化に呼応しています。
 また、脾は中央方位で、湿、土、黄色、甘味などと内在関係があります。

胃の生理機能:
1.胃は水穀を受ける:食べ物は口から入って食道を通って胃に納まります。なので、胃を「太倉」、「水穀の海」とも呼びます。人体の生理活動と気血津液の生成は皆食べ物の栄養に頼っています。

2.胃は水穀を消化する:胃で食べ物は初歩的に消化されます。
 胃の水穀を受け、消化する機能は脾の運化機能と合わせて働きます。脾胃の協力により水穀は精微(栄養物質)になり、気血津液と化し、全身を滋養するわけです。というわけで、脾胃をあわせて「後天の本、気血生化の源」と言います。

3.胃は下降を主る:食べ物は胃に入り、初歩的に消化されて、小腸に送られ、小腸で清と濁に分けられ、濁は大腸に送られ、大便として排泄されます。これらは胃気の下降作用により完成されます。なので、胃は下降を順路とします。中医学の臓象学説は脾・胃の上昇・下降で消化系統の生理機能を概括しています。

 中医学では、「胃気」も重視しています。「胃気は人の本」と考えるからです。胃気が強ければ五臓が盛んに、弱ければ五臓も衰えます。「胃気」は一つには胃の生理機能と生理特徴を指しています。もう一つは脾胃の機能が脉象上の反映、即ち脉の速いか、緩いかなどの現象を指しています。脾胃には食べ物を消化し、精微を取り、全身を栄養する作用があり、精微は経脉によって輸送されるので、胃気の盛衰は脉象に現れるかわです。

今回はこれで終わりにします。次回は、脾と胃の関係について少し詳しく紹介したいと思います。
by jbucm | 2008-10-16 10:00 | 中医学

気血津液と臓腑の話⑰

こんにちは、李です。今回も引き続き、津液の弁証について話をいたします。

痰飲:痰と飲とは、水液が滞り、凝集して形成された病理上の産物で、病気の病因となることが多く、痰飲の滞りによる病症を痰飲証(広義的な痰飲)といいます。
 
痰証(たんしょう)
水液が停滞し凝結した物で、粘濁で濃いものを痰といいます。痰が全身の臓腑、経絡組織の間(肺だけではない)に溜まっている病を痰証といいます。臨床表現は痰が溜まっている場所によりさまざまですが、咳嗽咯痰、痰質粘稠、胸悶嘔悪、脘痞納呆、頭目暈眩、神昏で喉中に痰鳴、神乱で癲、痴、癇或いは瘰癧(リンパ結核)、乳癖(乳房内の痞塊)、痰核、舌苔は膩、脈は滑などが見られます。

飲証(いんしょう)
稀薄な水液が臓腑組織の間に停滞し、病気を引き起こすことを飲証といいます。その臨床表現も飲が溜まる場所によりさまざまとなります。飲が溜まる場所により、痰飲(飲証の一種で、狭義的な痰飲、飲が胃腸に停留すること)支飲(飲が肺に停留すること)、懸飲(飲が胸脇に停留すること)、溢飲(飲が皮下組織に停留すること)などがあり、それぞれの特徴的な症状を持ちますが、ここでは省略します。
 
以上を持ちまして、津液の話を終わらせて頂きます。次回からは、臓腑の話しを致しましょう。


by jbucm | 2008-03-07 09:00 | 中医学

気血津液と臓腑の話⑯

こんにちは、李です。今回から、二回に分けて、津液の弁証について話をいたします。

 津液の病変は各種病因の侵入によって生じたり、臓腑機能の異状によって形成されます。津液が不足すると、傷津、脱液が現れ、滋養濡潤と陽気の調節作用ができなくなります。輸布、排泄に障害があれば水液の停集を招き、痰飲、水腫等が現れ、臓腑機能に影響します。

津液不足:津液不足とは、体内津液が虧少され、臓腑組織が津液の滋潤濡養を失却したことによって現れる証候を指します。その損傷度が軽い者は一般に傷津、津虧と呼ばれますが、重い者は脱液と呼ばれます。津液不足、滋潤作用喪失の多くは燥化からくるので、それは燥証(そうしょう)の範畴にも属します。津液は体内陰液の重要な構成部分であるので、津液不足は陰虚にまで発展し、陰虚(いんきょ)にも帰属されます。

臨床表現は:口燥咽乾、唇焦か唇裂、眼窩凹陥、皮膚が乾燥してつやを失う、口渇による飲水、小便短少、大便乾結、舌紅少津、脈細数です。
 
水液停集:臓腑の気化(代謝)異常により、水液を正常に輸布、排泄できず、水液が体内に滞って病理性の物質が生産されます。この病理性物質は水腫や痰飲などになります。

水腫とは、肺脾腎の水液輸布機能が異常となり、水液が肌膚に滞って現れる病症です。臨床では陽水陰水の二種類に類別します。

陽水、は、外邪の侵入により、病程は短く、実証に属します。水腫の多くは陽水です。
臨床表現は、頭面浮腫、眼瞼から始まり、迅速に全身に及び、小便短少、皮膚が薄くぴかぴかする。常に悪風、悪寒、発熱、肢体痛楚、咽喉痛等を伴い、苔は白く、脈は浮緊。或いは全身水腫で、勢いはかなり緩慢で、押すと指まで埋まり、肢体に沈重なだるさがあり、小便短少、脘腹痞悶、納呆、泛悪欲吐、舌苔白膩、脈は濡で緩。  

陽水に対して、陰水は長期の病で体力が弱り、脾腎の陽気が虚衰している虚証の水腫に属します。
臨床表現は、腰以下が甚だしく、押すと凹陥したまま、小便短少。脘悶腹脹、細呆便溏、神倦肢困、畏冷喜温、腰膝冷痛、四肢厥逆。顔色は青白く、舌は淡胖、苔は白滑、脈は沈遅で無力。
(次回へ続く)
by jbucm | 2008-02-29 09:11 | 中医学

気血津液と臓腑の話⑮

こんにちは、李です。今回は、津液の機能についてお話をいたします。
津液の機能:
(一)滋養と濡養作用
 一般的に言えば、津には滋養作用があり、液には濡養作用があります。
体表、汗孔、竅に配布された津は皮膚、膚、目、鼻、口を滋養することができます。内臓、骨髄、脳に注入された液は内臓、骨髄、脳髄、脊髄を濡養することができます。

(二)血液の生成に関与
 津液は孫絡から血液に進入し、血脈を滋養、潤滑する作用があります。また、津液は血液を組成する基本物質でもあります。「中焦は水穀の津液を蒸発させ、血に変え、経絡に運行し、生身に奉仕する」(『侶山堂類辨』)というような説があります。

(三)人体の陰陽バランスを調節
 津液の生成と代謝は、人体の陰陽のバランスの調節に重要な役割を果しています。例えば、「水穀は口から入り、胃腸に輸送され、その液は天気が寒い時、糞便と尿になり、暑い時は汗になる」(『霊枢・五癃津液別』)。これは津液の代謝が体内の生理状況と自然界の気候の変化により変化することを説明しています。この変化によって陰液と陽気の間の動的バランスを保っています。

(四)廃棄物を排泄
 津液は自身の代謝の過程において、人体各所の代謝産物(廃棄物)を集め、絶えず体外に排泄し、各臓器の気化活動(代謝機能)を正常に保つ機能を持っています。この作用に障害が生じると、代謝産物が体内に残り、色々な病気を起こします。

次回からは、津液の病証を紹介いたします。
by jbucm | 2008-02-22 09:06 | 中医学

気血津液と臓腑の話⑭

こんにちは、李です。今回は、津液の生成と輸布について話をいたします。
津液の生成と輸布
津液の生成と輸布は多くの臓腑が共通して関与する複雑な生理過程です。
(1)津液の生成:津液は飲食水穀がもとになり、脾・胃・小腸の作用により生成されます。また、大腸も水分を吸収します(「小腸は液を主る」、「大腸は津を主る」という説があります)。
(2)津液の輸布と排泄:津液の輸送と排泄は脾・肺・腎などの協調作用により完成されます。津液の輸布は脾・肺・腎などの作用により、排泄は肺・腎・膀胱及び口・鼻・皮膚・二陰(尿道と肛門)の作用により行われます。

津と液の分布部位 
津は主に腠理(そうり、皮下と筋肉の間の空隙)、膚、汗孔に分布し、液は関節、脳、髄などに注ぎます。各所に輸布された津液は孫絡(そんらく、細かい血管やリンパ管のこと)に進入し、経脈(大きい血管やリンパ管)に入ります。

脾・肺・腎などの臓腑津液の輸布と排泄時の作用
脾の津液の輸布に働く作用:運化機能により、津液を一方は肺に輸送し、もう一方は全身に拡散させます。これは脾の「散精」(さんせい)作用と呼ばれます。

肺の津液の輸布に働く作用:宣発作用により、津液を全身の体表に輸布し、粛降作用により、津液を腎と膀胱に輸送します。「肺は通調水道(つうちょうすいどう)」「肺は水の上源である」の説があります。

肺の津液の排泄作用に働く作用:体表に宣発された津液は汗孔により体外に排(汗)。腎、膀胱に輸送された津液は尿になって体外に排泄。そして、呼吸運動により一部の水分も体外に出されます。肺の津液に対する排泄作用はその津液に対する輸布作用と密接に関係があって、後者は前提条件となります。

腎の津液の輸布に働く作用:腎に貯蔵された精気は生命活動の原動力で、腎の精気の蒸発気化作用は胃の「精気を作る」、脾の「散精」、肺の「通調水道」、小腸の「清と濁を分別する」などの作用の動力になります。そして、肺から腎に輸送される 津 液は、腎の気化作用により、「清」は蒸発し、肺によって全身に拡散し、「濁」は膀胱に入り、尿になります。
 
腎の津液の排泄に働く作用:腎の気化作用により、膀胱の排尿をコントロールしま  す。
 
三焦は津液が体内を流れ、輸布する通路です。
以上に述べたように、津液の代謝は、多くの臓器の調節が必要で、その中でも特に肺・脾・腎が重要です。この三つの臓器が失調すると、津液の生成、輸布、排泄に影響し、津液の代謝のバランスが崩れ、津液不足、流れの不条理などの病気が現れてきます。
by jbucm | 2008-02-15 09:10 | 中医学

気血津液と臓腑の話⑬ 

こんにちは、李です。今回からは、津液の話をしたいと思います。

津液の概念:津液とは人体の全ての正常で、有用な液体の総称です。各臓器組織内の液体(例えば、肺津、腎水など)、各臓器が分泌する液体(例えば胃液、腸液、鼻水、涙、涎など)、または、水液の代謝により生まれた産物(例えば汗、尿など)が含まれます。津液も人体を構成し、そして生命活動を維持する基本物質です。

津と液は同じく液体に属しますが、性質・機能・分布などの面において区別があります。一般的に言えば、薄くて、流動的、体表、皮膚、汗孔に分布し、滋養作用を果しているのは津です。濃く、流動的ではなく、関節・臓・腑・髄などの組織に注入し、潤って養う作用のあるものが液です。
 
津と液は一体であり、同じく飲食水穀が元になり、同じく脾・胃の運化機能によって生成されます。両者は運行、代謝の過程で相互に転化し、病気の時も互いに影響しあいます。津を傷付けると液も消耗されるし、液が少なくなると、津も傷つけられます。ですから、一般的には津液を併せて取り扱い、厳格に区別しません。
しかし、「傷津」(しょうしん、津を傷付けること)と「脱液」(だつえき、液が流失しすぎること)の病理変化を論じる時は分けて論じます。
by jbucm | 2008-02-08 09:00 | 中医学

気血津液と臓腑の話⑫

こんにちは、李です。前回に続いて、気血同病の話を致します。

2.気虚血瘀証と気滞血瘀証:気虚や気滞があると、いずれも血液の流れが遅くなり、血液中の有形成分が血管の隅々に溜まり、血瘀になります。これらを、気虚血瘀と気滞血瘀といいます。この二つの証の相同点は血瘀で、相異点は血瘀を引き起こす原因です。(気虚と気滞)症状は血瘀証の症状に加えそれぞれ気虚と気滞の症状も見られます。
気虚血瘀証の治療は補気薬を主にして、活血します。代表方剤は気虚による中風後遺症を治療する「補陽還五湯」です。
気滞血瘀証の治療は行気活血袪瘀で、代表方剤は「血府逐瘀湯」などがあります。

3.気不摂血証:気の固摂機能が弱まると、血液が血管外に漏れ易くなります。その症状は、気虚証の他に、身体のどこかに出血が見られることです。気虚失血証とも言います。
治療は補気と摂血が必要で、代表方剤は「帰脾湯」などがあります。

第⑧回にも話しましたが、血液の運行には気の推動作用が必要で、血液が脈管の中を運行して、脈管の外に溢出しない為には気の固摂が必要です。合わせて考えれば、理解しやすくなるでしょう。

4.気随血脱証:この証は、大出血により引き起こされる、気脱(ショック)を表わす証候です。肝・胃・肺などの臓腑に持病が有り脈管が突然破裂したり、出産時の大出血、交通事故などの外傷で大出血などが原因です。血と共に気も一緒に外脱される為、突然の顔面蒼白・四肢厥冷・大汗・暈厥などの症状が見られ、脉は細微、或いは浮大で散となります。
治療は、大補元気の「独参湯」を使いますが、現在は緊急手術するのが一番です。勿論、患者に意識があれば、手術受ける前、及び受ける時に、生薬の人参を口に含ませると良いです。
by jbucm | 2008-02-01 09:00 | 中医学

気血津液と臓腑の話⑪

こんには、李です。今回は、気血同病の話をしたいと思います。
  
気は全身(血管内と血管外)に流れ、目に見えないものですが、血は血管の中に流れ、実際に見えるものです。〝気は血の帥(スイ)であり、血は気の母である″。この言葉の意味は、気と血は相互依存の関係にあり、特に血管内に流れる気と血は切り離す事が出来ません。なので、一方に病変が発生すると必ず他方に影響が及び、その結果、気血同病となります。

気血同病は主に、気虚血瘀証(ききょけつおしょう)、気滞血瘀証(きたいけつおしょう)、気血両虚証(きけつりょうきょしょう)、気不摂血証(きふせっけつしょう)、気随血脱証(きずいけっだつしょう)などがあります。

1.気血両虚証:気と血の生成も互いに影響しあいます。臓腑と結びつけて考えると、分り易いと思います。特に脾気虚の場合、その運化水穀の機能が弱まる為、血の生成作も悪くなり、当然血虚も発生します。また、血虚が先にあって、全身に営養を与えられず、化気作用が弱まると、気虚の症状も出てきます。いずれの場合も、気血両虚証と言い、気虚と血虚の症状が両方見られます。(それぞれの症状は前に紹介しましたので、ここで重複いたしません)
治療は補気と補血が必要で、代表方剤は「八珍湯」
「十全大補湯」などがあります。
by jbucm | 2008-01-25 09:00 | 中医学

気血津液と臓腑の話⑩

こんにちは、李です。前回に続けて血の病証を紹介いたします。

3、血熱証(けつねつしょう):
外感熱病で熱邪が血分(*)に侵入する場合、或いは内傷雑病で血分に熱がある場合に出現する証候で、出血が特徴となります。
(*)血分(けつぶん):外感熱病を衛気営血で弁証する場合は、衛分・気分が表証に相当し、営分・血分が裏証に相当します。血分は最も病位が深いと考えます。

主な症状は発熱・喀血・吐血・血尿・衄血・舌(紅)絳・脉弦数などです。なお、血瘀を引き起こすと、血熱搏結証となります。
 
4、血寒証(けっかんしょう):
局部の脈絡に寒凝気滞があり、血行不暢で出現する証候です。
主な症状手足・少腹疼痛、寒さを嫌がり、四肢が冷え、温めると楽になるなどです。なお、肌の色が紫暗色、月経が遅れ、経血の色が紫暗色、塊がある、舌淡暗苔白、脉沈遅渋などの症状が現れますと、血瘀証となり、寒客血脉証といいます。 
前にも話しましたが、血液がスムーズに流れるには、血液の温度が適切でなければなりません。中医学では、血液の温度が高い場合を血熱といい、低い場合を血寒といいます。どちらも血液の濃度を濃くし、血瘀証を引き起こせます。
by jbucm | 2008-01-18 09:29 | 中医学

気血津液と臓腑の話⑨

こんにちは、李です。前回は血の概念、血の生理機能、血の組成と生成、血の運行について紹介致しました。
今回からは、血の病証(血病の弁証)を紹介いたします。
臨床では、血の病証をやはり虚証と実証に分け、虚証とは血の不足のことで、血虚証(けっきょしょう)。実証は血行不暢、或は内出血で血が身体のどこかに溜まることの血瘀証(けつおしょう)と血熱証(けつねつしょう)、血寒証(けっかんしょう)などがあります。

1、血虚証(けっきょしょう)
血虚証とは、血の不足によって臓腑、経脉が滋養されないために生じる全身虚弱を表わす証候です。
血が不足となる原因は生成の不足と使い過ぎです。生成の不足は、先天の不足、慢性病や食事の不摂生、脾胃の虚弱、或は瘀血で新血の生成を妨げるなどが原因です。使い過ぎというのは、慢性出血、或は久病や思慮過度などで血を消耗し過ぎ、腸の寄生虫病などが原因です。          
症状は、顔色蒼白或いは萎黄・唇や爪の色がうすい・眩暈・心悸・不眠・手足のしびれ・月経失調(過少月経、周期の遅れ、閉経)・舌淡白・脉細無力などがあります。血虚証の治療法は、血を補う又は、養うという方法で、補血(ほけつ)・養血(ようけつ)となります。

2、血瘀証(けつおしょう)
血行不暢で血が臓腑経脈組織の中に阻滞され、或は血液が脈管外に溢れた後すぐに排出できず、体に残っている場合は、血瘀といいます。血瘀によって引き起こされる病証は血瘀証です。血瘀証を引き起こす原因によって、血瘀兼気虚証、血瘀兼血虚証、寒客血脉証、血熱搏結証の四つの証候に分けられます。
血液がスムーズに運行するには、下記の条件に満たさなければなりません
①気の推動作用が正常;②気の固摂作用が正常;③血液が充満し、成分が正常、温度が適切;④脈管が無傷で、通暢である。
上記の条件が異常(気虚、気滞、血虚、血寒、血熱、外傷など)になると、血瘀が発生します。

血瘀の原因によってそれぞれ特徴的な症状が見られます
①血瘀兼気虚証:気虚証と血瘀証が同時に存在する証候、疲労倦怠・呼吸微弱・無気力・自汗・疼痛(拒按)・舌紫暗或いは瘀斑。
②血瘀兼血虚証:眩暈・心悸・不眠・舌淡・疼痛(拒按、痛みの部位は固定的)・舌紫暗或は瘀斑・脉渋。
③血熱搏結証(血熱証による):発熱、疼痛(刺痛、灼痛、冷やすと軽減する)・出血(鼻、歯、皮膚など)・舌暗紅、瘀斑あり、脉渋、数。
④寒客血脉証(血寒証による):手足の疼痛(暖めると軽減)・手足が冷たく紫暗色になる或いは少腹部疼痛・月経後期(経血は紫暗色で血塊を伴う)・舌淡暗・苔白・脉沈遅渋。
 
血瘀証の治療法は、活血袪瘀を主にして、場合によって、理気、補気、養血、清熱涼血や温経散寒なども兼ねます。
by jbucm | 2008-01-11 09:00 | 中医学


日本中医学院が運営するブログです
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30